美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

美白対策はスキンケアや栄養で!【効果的な方法は体の内側から?】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

美白対策は、白い肌のままでいたいという想いを持っている方にとって気になるものではないでしょうか。美白を保つためには日ごろからケアをする必要がありますが、その方法は数多くあります。ここでは、美白に効果的なスキンケアの方法について詳しく紹介していきます。

美白女性の写真

美白対策というとスキンケアが思いつきますが、食事の際摂取する栄養素や生活習慣も関係してくるようです。美白化粧品の選び方も重要になってきますが、身近なところからでもケアしていくと効果的なものになっていくと思います。

スポンサーリンク

美白は内側からのケアが大切!

当たり前のように使われている「美白」という言葉ですが、化粧品メーカーが造語として1990年代に作りだし、その言葉は一般的に見られるようになりました。

この言葉を聞くと、多くの人は透明感のある白い肌やシミ・そばかすのないきれいな肌といったイメージをするかもしれません。

透明感のある肌をもつ女性

参考⇒透明肌の作り方は?【フェイスシェーバーで産毛処理も!】

しかし、美白という言葉には厚生労働省が定めた法律上の定義が存在します。その定義は「メラニンの生成を抑制し、くすみやシミを防ぐこと」とあります。もし、化粧品メーカーが美白に関連する商品を販売するのであれば、この定義に基づいた審査を合格する必要があるのです。

また、美白関連の商品は「医薬部外品」として登録しなければ販売することはできません。

この医薬部外品とは、効果や効能、成分名といった表示を一般化粧品以上に明らかにして販売できる商品を言います。したがって、美白に効果があることを商品に表示するには医薬部外品の登録が必須になるため、化粧品メーカーは医薬部外品扱いの商品をつくることに注力しているのです。

ですから、美白効果のある商品を使用して肌ケアをするのは、美白を維持するのに効果的だと言えるかもしれません。とはいえ、美白になるためには外側のアプローチだけでは限界があります。

なぜなら、スキンケア製品の使用で期待できる美白効果には限界があり、長期間使用を続けても思ったような効果を得ることができなかったということも少なくないからです。

また、乾燥肌やニキビ肌のように女性によって肌の質がまったく違います。

乾燥肌のイラスト

参考⇒乾燥肌は体質改善で治る?【化粧水やクリームの選び方は】

ですから、同じ製品を使用したとしてもすべての人が同じ効果を得られるわけではないのです。

内側のケアを継続して行うと、シミやくすみの発生の予防や紫外線の吸収も抑えてくれるといううれしい効果も期待できます。

本当に美白を手に入れたいのであれば、外側のケアと同じように内側からのケアも忘れずに行うことが重要になるでしょう。

シミと美白の関係とは?

美白の状態を維持するためには、シミが肌にどのようなデメリットを与えるのかを知る必要があります。

シミとは、メラニンが過剰に生成され、皮膚の内部に蓄積することで通常の皮膚の色よりも濃くすることをいいます。

このメカニズムは日焼けと同じです。

背中の日焼けが痛そうな女性のイラスト

参考⇒日焼けで赤みが出る原因は?【顔や鼻の対策法はコレ!】

そのため、皮膚が新しく生まれ変わるターンオーバーを続ける限りメラニンは皮膚の表面に出されますから、皮膚の色は変化することなく元の状態に戻ります。

ターンオーバーの仕組みのイラスト

参考⇒ターンオーバーの促進方法!【食べ物やサプリの効果は?】

しかし年齢を重ねるとターンオーバーが乱れるようになるため、メラニンが皮膚内部に残り最終的にシミになります。このシミができると、目立たないように色を薄くすることはできてもすべてを除去することはできません。

つまり美白になるためには、シミを作らないようにすることは必須条件なのですので、そのメカニズムについて詳しく知る必要があるのです。

このシミは一般的に、老人性色素斑と肝斑があります。

まず、老人性色素斑は40歳以降の人で、顔や肩、腕といった紫外線に当たりやすい場所にシミができます。

参考⇒シミを消したい時の対策法は?【クリームや馬油が効果的!】

日光性色素斑とも言われ、一般的なシミがこれに当たります。

なお、老人性色素斑ができた状態で紫外線を浴び続けると、さらに悪化する可能性があります。

次に、肝斑は30代後半以降の女性に見られるシミで、特に顔の頬、口の周りや鼻の下など広範囲にできます。

また、女性ホルモンが影響するため、妊娠中にできる可能性もありますし、紫外線を浴びるとさらに悪化します。

シミの主な原因として挙げられるのは紫外線です。

紫外線を浴びるとメラニンが過剰に分泌され、シミができる原因になります。その他にも、活性酸素が体内に過剰に発生すると、それを除去しようとメラニンが大量に分泌されるため、シミになる可能性が高まります。

皮膚に炎症が起きた場合も、ダメージを回復しようとメラニンを大量に生成するので、シミの発生につながります。

美白の状態を維持するためには、シミ対策を行うことが大切です。

美白にはどんな栄養素が必要?

体の細胞は日々新しく生まれ変わっていますが、肌も同じようにターンオーバーを繰り返し、常に新しい状態を保っています。

そのため、美白を維持するためには、肌のターンオーバーを正常に行うようにすることが大切になります。この活動を正常に行うために欠かせないのが、毎日の食事で摂取することができる栄養素の存在です。

健康的な肌をつくりあげるためには、タンパク質を中心に、

  • 脂質
  • 糖質
  • ビタミン
  • ミネラル

といった栄養素をバランスよく摂取することが第一条件になります。

美白に良いとされる栄養素についてですが、必要に応じて取り入れていくのが良いでしょう。

美白に良い栄養素として最初に挙げるのがビタミンCです。

ビタミンCサプリのイラスト

水溶性のビタミンであり、シミの原因となるメラニンの生成を抑えることが可能です。

ビタミンCを多く含む食材としては、

  • いちご
  • レモン
  • キウイ
  • アセロラ
  • ブロッコリー

といったものがあります。

次に、ビタミンEです。

脂溶性のビタミンで、シミの原因となる活性酸素を消すことができる栄養素です。

  • アボカド
  • あんきも
  • アーモンドといったナッツ類

などに多く含まれています。

参考⇒ビタミンEが美肌に効果的な理由とは?【食事やサプリで摂取!】

さらに、脂溶性ビタミンであるビタミンAも美白に効果のある栄養素です。

摂取することで肌のターンオーバーを正常にする役割があります。

この栄養素が多く含まれている食材には、

  • ニンジン
  • カボチャ
  • 鶏レバー

が挙げられます。

その他にも、トマトに多く含まれる成分で抗酸化力に優れたリコピン、エビやカニに含まれる抗酸化作用のあるアスタキサンチンなども摂取したい栄養素です。

参考⇒アスタキサンチンの肌への効果は?【乾燥肌にもおすすめ!】

これらの栄養素をすべて一度に摂取するのは不可能に近いです。

普段の食事に取り入れつつも、摂取できないものに関してはサプリメントなどを使用するなど工夫して摂取することが大切になります。ただし、目安の摂取量を超えると体調を崩す恐れがあるため、注意が必要です。

美白対策に効果的!おすすめレシピとは?

美白対策として、美白効果のある食品を食べることは大切です。

しかし、何をどのようにして食べたら良いのか分からないという人も多いかもしれませんから、美白に良いレシピを知っておくと便利でしょう。

ブロッコリーとミニトマトの胡麻和え

最初のおすすめレシピは「ブロッコリーとミニトマトの胡麻和え」です。

美白に良い食品はいろいろありますが、中でも美白に良いとされているのがトマトです。

トマトを両手で持つ

参考⇒リコピンには美白効果があり!【トマトジュースで摂取できる?】

強い抗酸化力があるため、肌の老化を予防し、美白を保つことができますので日ごろからしっかりと食べておくと良い食品です。

また、ビタミンCや食物繊維が豊富なブロッコリーと一緒に食べることできるので、美白になりたい人にうってつけのレシピです。

材料は、

  • ミニトマト6個
  • ブロッコリー2分の1
  • すりごま(大さじ1)
  • 砂糖(小さじ1)
  • 醤油(小さじ2)

です。

作り方は、

  1. 最初にブロッコリーを適度な大きさに切り分け、容器に入れてラップをして600wのレンジで2分加熱します。
  2. 次に、ミニトマトを4等分に切り分けて、器に入れます。
  3. 最後に、すべての調味料を切り分けたブロッコリーとミニトマトに加えれば完成です。

単にできますので、試してみてはいかがでしょうか。

マグロとアボカドの納豆和え

このレシピで使われる納豆は、メラニンの生成を抑制するなどの効果が期待できる大豆イソフラボンを摂取することができます。

大豆を煮ですくう

参考⇒大豆イソフラボンは女性の味方!【食べ物から手軽に摂取】

また、マグロは良質なたんぱく質が含まれていますし、アボカドには抗酸化作用のあるビタミンC・Bが多く含まれています。

アボカド

そのため、美白には最適なレシピといえるでしょう。

材料は、

  • 納豆1パック
  • マグロのぶつ切り
  • アボカド1個、醤油(小さじ1)
  • わさび適量

です。

作り方は、

  1. まず、アボカドを約2cm程度に切り分けます。
  2. 次に、納豆に付属のタレとわさびを入れて混ぜます。
  3. 最後に、アボカドとマグロのぶつ切り、納豆を合わせて醬油をかければできあがりです。

このレシピも短時間でできますので、忙しい方にはおすすめです。

小松菜とリンゴとキウイのスムージー

最後に紹介するのが、「小松菜とリンゴとキウイのスムージー」です。

キウイは、大量のビタミンCが含まれているため、ぜひ摂取したい食品の1つです。

また、小松菜には女性が不足しがちな鉄分が多く含まれており、リンゴは肌に良いとされるポリフェノールがあるなど、美白を目指す方にはおすすめのスムージーです。

材料は、

  • 小松菜2株
  • キウイ1個
  • りんご半分

です。

作り方は、すべての材料をミキサーに入れるだけです。

簡単にできますし、お好みではちみつなどを入れてもおいしくヘルシーに飲むことができます。

スポンサーリンク

美白によくない!?肌に悪い栄養素とは?

美白を目指すためには、美白に良くない栄養素についても知る必要があります。普段当たり前のように摂取しているものが、実は肌に良くなかったということもあります。美白になりたいと考えている方は、少しでも美白に良くないものは避けるようにしましょう。

ソラレン

美白に良くない栄養素として挙げられるのが「ソラレン」です。

ソラレンは、紫外線に反応しやすい性質を持った物質です。そのため、摂取をし過ぎると紫外線を吸収しやすくなり、肌を黒くする可能性を高めます。

また、シミやそばかすが見られるようになるので、注意が必要です。

ソラレンが多く含まれているのが、

  • オレンジ
  • レモン
  • グレープフルーツ

などの柑橘系の皮です。

ですから、柑橘系の果物を摂取してから外出するのは避けるべきでしょう。

しかし、柑橘系の果物には美肌に良い栄養素であるビタミンCが含まれています。摂取するのであれば、夜など日が落ちたときがおすすめです。

カロテン

次に、気をつけたい栄養素は「カロテン」です。

カロテンは、果物や野菜のオレンジや黄色などの色のもとになっている色素です。特に、柑橘系の果物や緑黄色野菜に含まれていますが、摂取をし過ぎると血液に含まれるβ-カロテン濃度が高まり、肌を黄色く変色させます。菜食を中心とした食生活を長期間続けていた場合、特になりやすいとされています。

ただし、カロテンは動脈硬化などを予防する栄養素です。

また、カロテンは肌のターンオーバーを正常にするビタミンA(プロビタミン)に変化しますので、摂取を避けるのではなく、必要以上に摂取するのは避けるようにしましょう。

さらに「糖分」の過剰摂取も、血液のドロドロ化や肌のくすみ、たるみの原因になります。

参考⇒糖化は肌の老化を早める?【食べ物とスキンケアで予防!】

なぜなら、糖分にはコラーゲンといったタンパク質の分解を促進させる作用があるため、肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。ですが、脳を正常に働かせるなど、日々の活動に欠かせないエネルギー源となるのが糖分です。糖分を取らないのではなく、必要以上に砂糖を使わないなど過剰に摂取しないように工夫をすることが大切です。

アルコール

「アルコール」も美白を妨げる要因になります。

アルコールは、大量に飲むとビタミンやミネラルなど肌に良い栄養素を大量に消費します。また、メラニン生成の原因となる活性酸素をアルコールの分解時に発生させます。

ですが、日本酒にはメラニンの生成を抑制する作用があり、ワインにはポリフェノールが多く含まれています。飲酒をする際は、日本酒とワインを中心にして飲む量を減らすようにしましょう。

カフェイン

最後に注意したいのが「カフェイン」です

肌のシミや色素沈着を促進させるため、過剰な摂取は控えるようにしましょう。

カフェインが多く含まれているのが、コーヒーや紅茶、ココア、緑茶、栄養ドリンクなどです。美白を保つには、これらの飲み物はできるだけ控えることが必要です。

生活習慣で美白するコツやポイントは?

肌が荒れる原因には、生活習慣の乱れが関係していることが多いです。

自分の現在の生活習慣を見つめ直し改善させることができれば、美白に近づける可能性が高まるでしょう。

まず、肌荒れの原因となるのが間違ったスキンケアです。

参考⇒肌荒れの原因は内臓?【食べ物を見直し対策を!】

毎日肌をきれいにするためにやっていたケアが実は駄目だったということは少なくありません。

ケアをしている際に、皮膚に何かしらの異常がないかを確認するなど、今のスキンケアを見直してみましょう。

皮膚の乾燥についても意識する必要があります。

肌が乾燥すると肌荒れをひどくさせる可能性があるため、シワやくすみを引き起こしやすくなります。

参考⇒くすみを美白にする方法は?【口コミでの人気アイテムはコレ!】

冬の乾燥しやすい季節やお風呂上りなどには保湿をするためのクリームなどをつけたり、日々水分補給を怠らないようにしたりするなどの生活習慣を身につけることが大切です。

紫外線を避けることも忘れてはいけません。

特に夏のような暑い季節は、日差しが強くなりがちです。慢性的に紫外線を浴び続けると肌荒れを引き起こす要因となりますから、できるだ避けるようにします。

紫外線対策をしている女性

長袖を着用することや日傘をさすといった対策を日ごろから行うと良いでしょう。

肌荒れを起こしやすい習慣として、意外に気づいていないのが顔を頻繁に触るという癖です。

顔を触ることは顔の皮膚を傷つける原因になり、不衛生な状態で触り続けると炎症を引き起こす可能性もあるのです。無意識の習慣ではありますし、ストレスなどが原因になっている恐れがありますが、できるだけ顔を触るという行為は控えるようにすることが大切です。

女性に多いのが、生理周期による肌荒れです。

生理が始まる数日前になると、肌のバリア機能の低下が始まります。生理周期の中で「月経期」は肌が乾燥しやすくなり「黄体期」になると、肌荒れしやすくなります。

脂の多い食事を避け過度なスキンケアをしないなど、状況に応じた対応が必要です。

また、女性に多いのが便秘による肌荒れです。

参考⇒便秘が原因でニキビやくすみに!【肌荒れのメカニズムは?】

腸内に便が長時間残ると、善玉菌が減り悪玉菌が増えます。

悪玉菌が増えると大量のガスを腸内で発生させるため、血液や体内の水分に肌荒れの原因となる不要物を送り込むことになります。その結果、新陳代謝がうまくいかず、肌荒れが起きやすくなるのです。

便秘を改善するには、食生活の乱れを改善することが必要不可欠なので、1度見直すことをおすすめします。

その他にも、ストレスが肌荒れの原因になっている可能性もあります。

ストレスを感じると自律神経が反応するのですが、過度のストレスで自律神経が弱くなると血行が悪くなります。血行が悪くなった結果、栄養が肌に行き届かなくなるため、肌荒れの原因になるのです。現代社会においてストレスを感じないように生活をすることは困難ですが、ストレスを発散できる方法を作るなど、対策を講じましょう。

最後は、睡眠不足です。

睡眠をしているときには肌は新陳代謝を繰り返しているのですが、この睡眠時間が少ないと肌にダメージが残ることになります。また、睡眠中に成長ホルモンが分泌されるため、肌をきれいな状態に保つためにも適切な睡眠は欠かせないのです。

同じ時間に寝る習慣をつけることや夜ふかしをしないなど、正しい睡眠習慣を身につけるようにしましょう。

スキンケアで美白になるコツとポイントは?

美白対策の欠かせないのが、スキンケアです。

正しいスキンケアができれば、美白をつくることにつながります。

複数のスキンケアを行う女性のイラスト

参考⇒正しいスキンケアの順番と方法とは?【乾燥肌とニキビでは異なる】

まずは、化粧落としの際に必要なクレンジングの方法です。

クレンジングは、メイクにしっかりとクレンジング剤をなじませ、浮き上がったら肌に残らないように水と一緒に流します。しかし、目元などのポイントメイクをしている部分はどうしてもメイクが落ちにくいことがあります。

参考⇒オーガニッククレンジングは肌の悩みに有効!【肌トラブルの救世主?】

このときに、力を入れてこすると肌を傷つけることになるので、コットンなどにクレンジング剤をつけて優しく拭くようにします。

洗顔もスキンケアのためには重要な部分です。

最初に手を丁寧に洗い、お湯ですすぎます。

その後、洗顔料をレモン1個程の大きさに泡立てます。

この泡をTゾーンからこすらないように転がすように洗い、頬から顎も同じように泡を転がすように洗います。

最後に、中指と薬指を使って目元、口元を優しく洗い、すすぎ残しがないようにお湯で優しくすすぎます。

洗顔後には化粧水をつけましょう。

手に化粧水を乗せる

参考⇒洗顔後の効果的なスキンケア方法は?【化粧水でしっかり保湿!】

ここで注意したいのが、肌に刺激を与えないように化粧水をつけるようにすることです。

コットンに化粧水をなじませて肌に強く叩くようにしたり、手で勢いをつけてパンパンと化粧水をつけたりすると、刺激で肌を痛めることになります。

化粧水を使った後は、保湿のために乳液をつけるようにします。

乳液は、べたつかないようにできるだけ少量をつけるようにします。あまりにも多くつけると、ニキビなどの肌トラブルにつながる可能性があるからです。足りない部分は、あとから足していくように工夫しましょう。

美白化粧品の正しい選び方とは?

化粧品といっても数多くあるため、選ぶのは簡単ではありません。

しかし、正しく選ばなければ、肌荒れの原因になるので注意が必要です。

最初に選びたいのが化粧水です。

この化粧水選びには3つのポイントがあるのですが、その1つは「医薬部外品」か「薬用」のものを選ぶということです。

この表示がある場合は、厚生労働省が認めた美白成分が配合された化粧品であるという証明になるので、効果は高いと考えられます。

2つ目は、保湿効果が高さです。

化粧水はどうしても保湿力が弱くなるので、

  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • コラーゲン

など化粧水との相性が良い保湿成分を含んだものを購入しましょう。

参考⇒コラーゲンが不足する原因は加齢?【爪や髪にも症状が!】

3つ目は、1年中使えるかどうかです。

予防するには1年中ケアすることが大切ですから、値段が高いものや期間が限定されているものは避けましょう。

次に、美白乳液と美白クリームの正しい選び方です。

選び方としては、化粧水と同様に国から効果を認められている医薬部外品であるかどうかや保湿効果が期待できるか、1年中使い続けられるような商品かどうかということを目安に選びましょう。

また、美白クリームは4種類に分けられており、

  • 肌の色を明るくするクリーム
  • メラニン生成を抑えるクリーム
  • 紫外線から体を守るクリーム
  • デリケートゾーン限定のクリーム

などがあります。

したがって、自分の悩みを解決できる美白クリームを選ぶことが大切です。

美白効果におすすめの化粧品は?

美白効果が期待できる化粧品としておすすめなのが、decencia(ディセンシア)が販売している、saeru(サエル)シリーズの美白化粧品です。

decencia300250

化粧水と美容液、美白クリームの3つがセットになっており、すべて医薬部外品の認定を受けています。また、リピート率も90%以上を超えるなど、美白対策にはうってつけの人気商品です。なお、10日間のトライアルセットも低価格で販売されているので、気軽に利用ができます。

次に、富士フィルムの「アスタリフトホワイト」です。

この商品も化粧水と美容液、美白クリームがセットになっていますし、すべて医薬部外品です。

また、2017年には美白化粧水部門賞1位を獲得するなど、商品の質は折り紙付きです。なお、5日間のトライアルセットも販売されており、値段も割安です。

美白対策はスキンケアや栄養で!【効果的な方法は体の内側から?】のまとめ

美白になるためには、外側と内側のケア両方を同時に行うことが大切になります。

まず、外側のケアを始める前にやることは、正しい美白化粧品やスキンケア商品の購入です。自分の肌に合ったもの、自分の悩みを解決できるものを選んで、購入するようにしましょう。自分が望むものが購入できたら、正しい使い方をマスターすることが大切です。重要になるのが、肌を大切にするということ。できるだけ肌に刺激を与えず、優しくケアすることで肌は少しずつ美白を取り戻すはずです。

内側のケアも忘れてはいけません。

内側のケアで重要なのが、食生活の改善です。健康的でバランスのとれた食事をして、栄養を摂取することが第一条件です。それができたら、美白に良いとされる栄養素をしっかりと摂取し、内側から美白へのアプローチをします。他にも生活習慣の乱れの改善など美白対策のためにやることは山ほどありますが、美白には欠かせないことばかりですからしっかりと習慣づけるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む