美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

スポンサードリンク


洗顔後の効果的なスキンケア方法は?【化粧水でしっかり保湿!】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

洗顔後は肌が無防備の状態なので、乾燥や肌のつっぱりなどトラブルを起こしやすいのでスキンケアを素早く効果的に行う必要がありますが、洗顔後には化粧水やクリームなどどのようなスキンケアアイテムを使うと効果的なのでしょうか。

Fotolia_111671001_XS-min

洗顔後のスキンケアを効果的に行うために化粧水やクリーム、オイルなどを使って保湿していきますが、スキンケアをするタイミングは洗顔後3分以内にすると効果的です。肌のつっぱりや乾燥などを対策するために、洗顔フォームから見直すことも重要です。

スポンサーリンク

洗顔後の効果的なスキンケア方法は?

ニキビや肌の乾燥、敏感肌など、肌トラブルのない肌に憧れるという人は多いのではないでしょうか。

Fotolia_103828172_XS-min

参考⇒肌トラブルの原因と夏や秋の症状は?【脱毛時には注意!】

いつもしっかりとスキンケアをしているのに、様々な肌トラブルに悩まされるという人は意外にも多くいます。

スキンケアさえしていれば肌トラブルは起きないと思いがちですが、そのスキンケアの方法によっては、肌トラブルの原因となることもあります。

とくに、洗顔後のスキンケアが重要で、毎日スキンケアをしていても、洗顔後のケア方法が間違っていれば肌トラブルを引き起こすことになります。

Fotolia_68606550_XS-min

いつも肌トラブルで悩まされているという人は洗顔後のスキンケアを見直しましょう。

洗顔をすることは、汚れを落とし肌を清潔に保つためには重要です。しかし、洗顔後の肌は無防備な状態ともなることから、しっかりとしたケアが大切です。

洗顔後につっぱる原因は?

洗顔後にはいつも肌がつっぱるという人もいるのではないでしょうか。

参考⇒肌がつっぱる原因は乾燥?【洗顔とオイルで対策!】

この原因は皮脂の落とし過ぎです。

Fotolia_84717113_XS-min

強い洗顔料を使っているとどうしても必要以上に皮脂の落とし過ぎになります。

また、洗顔の時には熱いお湯で洗っているという人もいます。

熱いお湯を使うと皮脂の落とし過ぎにつながり、つっぱる原因となります。

皮脂の分泌量が多いとニキビの原因となることから、ニキビで悩んでいる人は、必要以上に皮脂を落とそうとします。

Fotolia_62364082_XS-min

参考⇒ニキビの原因と効果的な治し方は?【食事の改善は基本です!】

しかし、そのスキンケアがつっぱる原因ともなります。

また、皮脂を落とし過ぎれば、肌を守るためにいままで以上に皮脂を分泌するようになり、ニキビの原因となることもあります。

そのため、適度な洗浄力の洗顔料を使ったり、ぬるま湯での洗顔が大切です。

参考⇒ぬるま湯洗顔は何もつけない?【効果的なやり方と温度!】

洗顔後は冷水?

熱いお湯で洗顔してしまうと皮脂の落とし過ぎの原因となります。

では、その逆の冷水はどうでしょうか。

Fotolia_19619304_XS-min

冷水で洗うことで毛穴が引き締まり肌に良い効果が得られそうな感じがします。

参考⇒毛穴の引き締め方法は?【化粧水から氷まで!】

しかし、冷水での洗顔は注意が必要です。

冷水で洗うことで毛穴が引き締まりますが、その効果は一時的です。そのため、毛穴を引き締めるために冷水を使うというのはおすすめできません。それ以上に、冷水で洗うことにより、肌には大きな負担をかけることになり、乾燥や敏感肌の原因となることもあります。

Fotolia_52156852_XS-min

参考⇒敏感肌の原因と対策法は?【洗顔や化粧品でケアする!】

また、化粧水や美容液を使う時には毛穴が開いた状態の方が浸透しやすくなります。

冷水で洗うことにより毛穴が閉じてしまい、上手く化粧水や美容液の有効成分が浸透しないケースもあり、洗顔後の冷水はあまりおすすめできません。

赤くなる原因は?

洗顔後に毛穴を引き締めるために冷水を使うという人がいます。

この冷水を使うことにより赤くなる原因となってしまうケースもあります。

Fotolia_63745083_XS-min

その他にも、洗顔時の力加減や洗顔料に含まれる成分によっても起こります。

洗顔でしっかりと汚れを落とそうと、手のひらや指で力を入れて洗顔をしていると赤くなってしまうことがあります。

洗顔では、手で洗うという意識ではなく、泡だけで汚れを落とすという意識で行うことが大切です。

Fotolia_47583056_S-min

また、洗顔料に含まれる成分が肌に合っていなければ赤くなる原因となります。

今まで洗顔料の成分を気にしていなかったという人は、無添加の洗顔料や敏感肌の人でも使えるといった低刺激の洗顔料に変えてみることをおすすめします。

参考⇒オーガニックコスメのおすすめは?【口コミで人気はコレ!】

このような洗顔料に変えて赤くなることがなくなれば、成分が原因ということがわかります。

何もつけない?

忙しい生活を送っていると、メイクを落としてそのままの時間が長いという人もいるのではないでしょうか。

時には、洗顔後何もケアをしないという人もいるでしょう。

しかし、そのケアによって肌トラブルを引き起こすことがあります。

洗顔後の肌はとても無防備の状態です。

Fotolia_66167634_XS-min

敏感肌の人の場合には、洗顔でもできるだけ肌に刺激を与えず、その後も何もケアをしないという方法が敏感肌改善には必要になることもあるのですが、通常の肌の人なら、しっかりとしたケアが必要です。

洗顔後はできるだけ早く保湿をして肌を守ることが大切です。

Fotolia_64511591_XS-min

洗顔によって汚れと一緒に必要な皮脂も落ちてしまっているため、保湿をすることは重要です。

洗顔後のケアをしっかりとして、大切な肌を守っていきましょう。

保湿方法は?

洗顔後の保湿方法としては、

  • 化粧水
  • 美容液
  • クリーム
  • 乳液

などがあります。

参考⇒保湿クリームの効果的な使うタイミングは?【おすすめはコレ!】

化粧水には洗顔によって奪われた水分を補給するという役割があり、美容液には美容成分を肌に与えるという効果があります。乳液などは油分が多く、肌に与えた水分や美容成分が逃げないように蓋をするという働きがあります。

Fotolia_63982386_XS-min

この化粧水や美容液、乳液の使い方にはポイントがあります。

使う順番は油分が少ないものから使うということです。

Fotolia_64916300_XS-min

はじめに油分の多い乳液などを使ってしまえば、その後に使う化粧水や美容液の成分が浸透しなくなってしまいます。

そのため、まず化粧水で水分を補給して、その後に美容液、最後に乳液を使って水分や美容成分が逃げないように蓋をします。

保湿方法では、この順番が重要になります。

参考⇒正しいスキンケアの順番と方法とは?【乾燥肌とニキビでは異なる】

正しい使い方で、しっかりと肌の保湿をしましょう。

スポンサーリンク

角栓対策は?

角栓とは角質と皮脂とが混ざっているものです。

参考⇒角栓の原因と除去方法は?【効果的な洗顔やエステは】

この角栓は酸化すると黒く変色します。

黒く変色してしまうと、黒ずみが目立つことにもなり、このような状態だけは避けたいという人も多くいます。

また、この角栓が毛穴に詰まっていることでニキビの原因となることもあります。

nikibi02-min

この角栓ケアでは肌を柔らかくすることが大切です。

肌が硬い状態では、角栓ケアが難しくなります。そのため、洗顔後にはしっかりと保湿をして、肌への負担を軽減させることにより、角栓ができにくい柔らかい肌を保つことができます。

Fotolia_42373903_XS-min

また、定期的に酵素洗顔などをすると角栓ケアをすることができます。

参考⇒酵素洗顔で毛穴の黒ずみ対策!【効果的なやり方とは?】

ただ、酵素洗顔は肌には負担がかかる洗顔となることから、週に1回程度の頻度で行うことが必要です。

日頃から肌に負担をかけないように心がけることが、肌を柔らかく保つことができ、有効な角栓ケアとなります。

乾燥対策は?

洗顔後の乾燥対策で重要になるのが、洗顔後すぐの保湿です。

洗顔後はどうしても乾燥しやすくなります。

Fotolia_58603017_XS-min

参考⇒乾燥肌は体質改善で治る?【化粧水やクリームの選び方は】

乾燥は肌にとって悪影響をもたらします。

肌トラブルの多くが乾燥が原因と言われ、肌の乾燥を防ぐことで様々なトラブルを避けることができます。

この乾燥のポイントとなるのが、洗顔後3分以内の保湿です。

洗顔後には、清潔な乾いたタオルで優しく余分な水分を拭き取ります。

Fotolia_28887639_XS-min

洗顔後に、余分な水分がついている状態で保湿をしていたのでは、保湿成分が薄まってしまい効果が実感できない場合があります。

また、洗顔後だけでなく風呂上りも注意が必要です。

風呂上りは肌が乾燥しやすいときです。

そのため、お風呂から上がったときにもすぐに保湿できるようにして、肌を乾燥からしっかりと守ってあげましょう。

おすすめのオイルは?

オイルでおすすめなのがホホバオイルです。

Fotolia_56768097_XS-min

参考⇒ホホバオイルの効果的な使い方は?【頭皮の保湿やニキビにも!】

このホホバオイルは、酸化にも強くスキンケアには最適です。

このオイルは医療の現場でも使われるほどの安全性が高いオイルです。

消毒薬ややけどの治療、人工心臓の潤滑油としても利用されています。

このオイルには、

  • 精製されたもの
  • 未精製のもの

2種類あります。

通常なら精製された方がいいように感じますが、精製されたものにはビタミンやミネラルがなくなってしまっているものが多いようです。

しかし、未精製のものにはビタミンやミネラルがしっかりと含まれています。ビタミンやミネラル分も補給したいという人には未精製のものを選ぶことをおすすめします。

使う時には、化粧水を使う前に塗ることにより、化粧水の浸透力を高める効果が期待できます。

おすすめのクリームは?

洗顔後に使うクリームは、自分の肌の状態によって選ぶことが大切です。

肌は人によって状態が異なり、乾燥しやすい肌の人もいれば、洗顔後でもすぐにべたついてしまうという人もいるでしょう。

Fotolia_88345090_XS-min

皮脂の分泌量が多いという人はさっぱり系のクリームがおすすめですし、乾燥が気になるという人の場合には、保湿成分がしっかりと配合されたクリームを選ぶことをおすすめします。しっかりと潤いを肌に与えたいという人の場合には、セラミド配合のクリームが最適です。

参考⇒セラミドの効果と種類とは?【化粧水やクリームの選び方!】

セラミドは肌を守るためには重要な成分で、この成分が配合されたクリームを選ぶことで肌の潤いを保つことにつながります。

クリームを選ぶ時には、まず自分の肌の状態を把握し、自分の肌に合ったクリームを選ぶようにしましょう。

化粧水は?

洗顔後の化粧水は、肌に水分を与えるためにも重要な役割があります。

そのため、化粧水はケチらずたっぷりと使うことが肌には必要になります。

Fotolia_69794998_XS-min

そのため、自分のお財布に合った化粧水を使うということも、化粧水選びでは一つの方法となります。

高い化粧水は、配合されている成分も多く美肌効果も期待できる商品です。しかし、価格が高ければ、たっぷりと使うのはもったいないと感じる人も多いのではないでしょうか。

化粧水の一番の役割は、肌に水分を与えるということです。

Fotolia_72228394_XS-min

そのため、プチプラの化粧水でも十分に効果が期待できます

。また、価格が安い商品ほど配合されている成分もシンプルで、肌に余計な負担をかけないというメリットもあります。

自分の肌や財布に合った化粧水を選ぶことも重要なポイントになります。

口コミで見る洗顔後のケア方法は?

洗顔後の口コミを見ると、プチプラ系の化粧水でケアをしているという人の声を見ることもできます。

プチプラの化粧水で人気なのがハトムギ美容水です。

参考⇒ハトムギ化粧水はいぼやニキビに効果的!【アレルギーは大丈夫?】

この化粧水は500mlと、大容量にもかかわらず600円という低価格で購入することができます。

この価格なら、毎日たっぷりと使えるのではないでしょうか。

口コミを見ても、顔だけでなく全身の化粧水として使っているという声もあります。

また、洗顔後にニベアクリームを使っているという声も見ることができました。

このニベアクリームも低価格で購入することができ、あまりお金をかけずに効果的なケアをしたいという人には最適な商品です。

洗顔後は、肌を守るためには重要なタイミングです。

Fotolia_76229235_XS-min

この洗顔後のケアによって肌の状態が変わってくることから、自分の肌に合ったケア方法を身につけていくことが大切です。

洗顔後の効果的なスキンケア方法は?【化粧水でしっかり保湿!】のまとめ

洗顔後は無防備な状態なので乾燥を防ぐために洗顔後には素早く保湿などのスキンケアをしましょう。化粧水やクリーム、そしてオイルなどを使ってスキンケアをする方が多いです。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む