美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

スポンサードリンク


肌のたるみの原因とメカニズム!【効果的な予防方法は?】 

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

肌のたるみは歳を重ねるにつれ気になってきがちです。シワやシミなどはメイクで隠せても、肌のたるみをごまかすのは非常に難しいでしょう。女性にとって敵ともいえるこの肌のたるみを改善するためにはどんな方法があるのでしょうか。たるみにはさまざまな原因があるので、その原因に合わせた対策法を考えていくことが大切です。

肌のたるみは、一度たるんでしまうと元には戻らないのでしょうか。放っておくとどんどんたるんでくる事もあり得ます。肌のたるみは、どのようなケアをしていけばいいのかご紹介します。自分自身で改善できることが多いので、少しずつ生活習慣を見直してみましょう。

スポンサーリンク

肌のたるみが気になる… その原因は?

ひとくちにたるみといっても、その原因にはさまざまなものがあります。

そのなかでももっとも多いといわれているのが、

  • 「肌の弾力低下」
  • 「皮下脂肪の肥大化」
  • 「表情筋の低下」

の3つです。

参考⇒肌の弾力がなくなる原因と改善方法は?【サプリも効果的!】

これは肌のたるみの3大原因ともいわれており、たるみで悩んでいる人のほとんどが、この3つのいずれかに当てはまります。

肌の弾力低下というのは、肌を生成しているコラーゲンやエラスチンといった物質が減少し、弾力がなくなってしまっている状態を指します。

しわのない肌としわのある肌の女性のイラスト

年齢を重ねるとともにコラーゲンやエラスチンは減少していく傾向にあるため、加齢に伴って歯だがたるんできたと感じている人の多くはこの原因によるものです。

また、皮下脂肪の肥大化や表情筋の低下というのも年齢によって引き起こされるたるみの原因です。

皮下脂肪というのはエネルギーをため込む役割や保湿の機能を果たすものですので、人間の体には必要不可欠なのですが、年齢を重ねると代謝が低下してしまうことによって、徐々に皮下脂肪が肥大化していきます。

しかめっ面で鏡をみる女性のイラスト

若いうちは基礎代謝自体が高いので、特別体を動かさなくても皮下脂肪は一定に保たれていたかもしれませんが、年齢を重ねるとそうはいきません。

同じような生活習慣をしていても、皮下脂肪は肥大化していってしまうのです。

表情筋の低下も年齢を重ねると深刻になってきます。

顔の筋肉のイラスト

顔の筋肉はほかの部位と違い、皮膚に直接ついている筋肉です。

そのため、意図的に表情筋のトレーニングをしていかないと、筋肉はどんどん衰え、顔の皮膚や脂肪を支え切れなくなってしまうのです。

皮下脂肪の肥大化と表情筋の低下が同時に起こることによって、たるみは早いスピードで進行してしまいます。

それでは、これらの原因を作り出してしまう直接的な原因にはどのようなものがあるのでしょう。

直接的な原因として、まず考えられるのが、

  • 紫外線
  • 生活習慣

です。

紫外線は目に見えないものなので対策を怠ってしまいがちですが、長時間紫外線を浴びてしまうと確実に肌はダメージを受けていきます。

参考⇒紫外線が肌に与える影響は?【ダメージで老化が進む!】

紫外線のなかでもUVAと呼ばれるものは特に注意が必要で、肌の真皮層まで届き、コラーゲンやエラスチンを生成する線維芽細胞を破壊します。

細胞が破壊されると正常なコラーゲンやエラスチンを生成することができなくなってしまうため、結果的に肌のたるみを引き起こします。

ちなみに、紫外線は暑い日に多いというイメージがありますが、何も暑い日だけにかぎったことではありません。

冬の寒い日であっても、紫外線対策が必要なほど多いという日はあります。気温と紫外線量に相関関係は基本的にないということを知っておきましょう。

秋

参考⇒秋冬も紫外線予防が大切!【室内でも窓際は注意?】

一方、生活習慣も肌のたるみには大きな影響を与えています。

例えば、食生活に関していうと、線維芽細胞がコラーゲンやエラスチンの生成をするために必要な栄養素を食事のなかでしっかり摂取しなければなりません。

レモン

タンパク質やビタミンCなどが必要な栄養素として有名ですが、これらを食事のなかで継続的に摂取できている人は少ないでしょう。

睡眠に関しても、睡眠時間や寝ている時間帯の乱れは肌に悪影響をもたらします。

人間の肌は夜寝ている間に修復されていきますので、睡眠時間が十分に取れてないという人は要注意です。

参考⇒寝不足で肌荒れになる原因と対策法は?【食べ物も大事!】

このほかにも、

  • 乾燥
  • 姿勢の悪さ

などもたるみを引き起こす直接的な原因になります。

肌が乾燥している状態というのは、一般的に肌表面の角質層に水分がなくなっている状態をいいますが、この状態を放置しておくと乾燥が進んでいき、真皮層の水分までがなくなっていきます。

参考⇒乾燥肌は体質改善で治る?【化粧水やクリームの選び方は】

これにより、真皮層は大きなダメージを受け、コラーゲンやエラスチンの減少といったたるみの原因を作り出してしまうのです。”

たるみって治せない?本質的な改善はできないの?

たるみの主な原因については分かりましたが、これらの原因をつぶし、本質的に完全を目指すことはできないのでしょうか。

結論からいうと、肌のたるみは改善することができます。

鏡を見て笑顔を浮かべる女性

ただし、肌のたるみの原因を特定することは通常とても難しいことであり、適切な対策法を考えるのも一筋縄ではいきません。

なぜならば、肌のたるみの原因は、何かひとつが原因になって発生しているということはまれで、ほとんどの場合複合的に絡み合ってたるみを発生させているからです。

例えば、食生活が乱れていると皮下脂肪の肥大化も起きますが、それと同時にコラーゲンやエラスチンを生成する力も衰えてしまいます。このようにして複合的に絡み合っている原因に対処するためには、対策法も外的なものを内的なものに分けて考えていく必要があります。

例えば、内的な対策というのは食生活の改善などがそれにあてはまります。

食生活を改善し、コラーゲンやエラスチンの生成を助け、肌環境を正常な状態に戻します。

一方、外的な対策というのは、

  • 洗顔
  • 美容液
  • 保湿

などをいいます。

洗顔フォームを使う女性

美容皮膚科やクリニックなどで行われているレーザー治療なんかも外的対策のひとつですね。

内的な対策は基本的に自分でできることがほとんどです。

ただし、自分で対策を行う場合に注意しなければならないのが過度な対策です。

例えば、食事制限などは自己流でやってしまって大きな失敗を招く恐れが極めて高いものです。

食事制限

肌環境を正常化させるためには、油ものや糖質をある程度制限するのが効果的といわれています。

しかし、このようなものも完全に体に必要ないというわけではなく、適度な摂取はむしろ必要になってきます。

過剰な食事制限をしてしまうと、肌のたるみを改善するどころではなく、代謝の低下を引き起こして結果的に皮下脂肪が蓄積され、別の原因で肌のたるみを引き起こす可能性があります。

このほかにも、リフトアップに効果的といわれ、一時期大きなブームになっていたリンパマッサージや造顔マッサージなども、自己流でやってしまうと肌を傷つけてしまう可能性があります。

肌表面だけならまだしも、真皮層にまでダメージが行ってしまうと、取り返しのつかないことになりますので、自宅でマッサージなどをする際にはしっかりとオイルを手につけて滑りを良くしたうえで行うようにしたいものです。

たるみが起きやすいのはどこ?発生しやすい箇所

老化によって肌のたるみが出てくるのは顔だけに限ったことではありません。

年齢を重ねていくと、全身の肌がたるんできてしまいます。しかし、このたるみのなかでももっとも分かりやすいのが顔のたるみです。

参考⇒頬のたるみの原因と改善方法は?【マッサージで解消!】

他の部位は隠せたとしても、顔は常に露出しているため隠しようがありません。

メイクなどで隠そうとしても、シワなどと違い、たるみは顔全体の皮膚が下がってきてしまっているため、あまり効果はありません。

このような顔のたるみのなかでも、発生しやすいのが

  • 「目の下」
  • 「まぶた」
  • 「あご」
  • 「頬」
  • 「口元」

などです。

これらの場所がたるんでしまうと、いわゆる「老け顔」になってしまい、実年齢よりも老けて見られるようになってしまいます。

「目の下」や「まぶた」など、目の周辺のたるみは目の周りにある筋肉が衰えることにより、眼窩脂肪が下がってくることで発生します。

参考⇒目の下のたるみの原因は?【目のトレーニングで解消!】

とくに目の下(涙袋の部分)やまぶたがたるんでくると、目つきが悪くなったり、目が細くなったりしてしまうので顔全体の印象を大きく左右してしまうのです。

また、目じりのたるみについても老け顔を作る大きな要因です。歳を取ると目じりの部分に放射線状にシワが入ってきますが、このシワも目元のたるみが原因です。

ちりめんジワができている笑顔の女性

参考⇒ちりめんじわの解消方法は?【クリームや化粧品で対策!】

人と人が話すとき、まず初めに目が行くのは顔です。そのため、顔の印象を大きく左右する目元のたるみは、その人の印象を大きく変えてしまう部分だといえるでしょう。

あごのたるみも年齢を重ねることでかなり顕著になってきます。

体重は増えてないし、体型的にも太ったわけではないのに、「なぜか最近二重あごになってしまっている」というような場合には、あごのたるみが原因であることがほとんどです。

顎

あごがたるむのは皮下脂肪が増えてしまったことと、顔全体の皮膚が下がってきてしまったことのふたつの原因が主に考えられます。

若いときには顔の筋肉が発達していたため、皮膚や脂肪を高い位置でキープしてくれていましたが、年を取ると筋肉は衰え、重力に耐えきれなくなってきてしまいます。

実際は太っていなくても、二重あごになっているだけで太った印象を持たれてしまいますので、あごのたるみも人に与える印象という意味では非常に大きいでしょう。

顔全体のなかでも、大きな面積を占めている頬のたるみも非常に発生しやすい場所です。頬は皮膚も多いですし、何より顔のなかでは皮下脂肪がもっとも多い場所です。そのため、表情筋などが衰えてしまうと、まっさきにたるみが発生するのは頬です

よくブルドック顔などといわれますが、頬がたるむとブルドック顔になってしまいます。

これはあごのたるみ同様に太った印象も与えてしまいます。

このほか、首もたるみが出やすい場所です。

首の皮膚は他の場所に比べるとかなり薄いため、たるみやシワが出やすい場所です。首だけがたるんでいるということはまれであり、ほとんどの場合は顔全体がたるんだことによって首にもたるみが出てきているというケースです。

顔全体の皮膚がたるむと皮膚は下の方に蓄積されていってしまいますので、首に皮があまってしまうのです。

たるみを改善したい!解消方法はある?

それではここから具体的なたるみの改善方法について見ていくことにしましょう。

前述した通り、肌のたるみの原因はひとつではなく、複合的に絡み合っていることが多いため、何かひとつをやったら改善するという単純なものではありません。いくつかの対策や予防法を組み合わせていくことが最善の方法でしょう。

たるみ対策という意味では、大きく分けると予防と解消があります。

予防というのはそれ以上たるみを進行させないようにすることで、いわゆるアンチエイジングです。

一方、解消はすでにたるみが発生している部分を元のハリのある肌に戻すことをいいます。

多くの人の場合には、すでにたるみがある程度発生していることが想定されますので、その場合には予防と解消を並行して行っていくようにしましょう。

たるみ予防に関しては後述するとして、ここではたるみの解消方法を紹介します。一般的に、たるみを消す解消方法として効果的といわれているのがエクササイズです。

表情筋を鍛えることを目的とした顔のエクササイズをすることによって、衰えた筋肉が復活し、肌にハリを持たせてくれます。エクササイズの基本は口の周りの筋肉を大きく動かすことです。

口を大きく開き、「あ・い・う・え・お」とゆっくり発声してみましょう。ひとつの音を発したら5秒程度そのままにしておくのがポイントです。

表情筋が衰えていると、2、3回やっただけでも、顔の筋肉が疲れてくるのが分かるはずです。1日5~10回程度を目安に、エクササイズをしてみると、数カ月後にはリフトアップを実感することができるでしょう。自宅で簡単にできるエクササイズですので、今日からでも実践してみることをおすすめします。

このほかにもサプリメントやクリニックなどでのレーザー治療も本格的な解消法としては考えられます。

サプリメントではビタミンCをはじめとしたビタミン剤やコラーゲンを含んだサプリメントなどが人気です。

ビタミンCサプリのイラスト

クリニックでの治療というのは、解消方法としてはもっとも効果的ですが、値段が高いことだけがネックでしょう。保険適用外ですので、数十万から高い本格的な治療になると数百万というものもあります。

このように、予防法や改善法にもさまざまなものがありますので、自分が掛けられる費用や時間などと相談して自分にあったものを選ぶようにしていきましょう。

また、すでに肌のたるみが気になっている場合には、自分の目で見て実感するほどたるみが解消するまでに結構な時間が掛かることも心得ておきましょう。

たるみ対策をはじめたからといって、1週間や2週間という短期間で効果が実感できるものではありません。美肌は1日にしてならずといえます。最低でも3カ月は続けるようにして、日々の日課にしていくことが大切です。

たるみを進行させてしまう!?やってはいけないこと

たるみの対策を行ったとしても、日々の生活の中で何気なくやってしまっている行動がたるみを進行させる大きな原因になっているかもしれません。

例えば、電車やバスなどで移動をする際に、スマホに夢中になっている人は多くいます。この長時間のスマホ操作は顔のたるみを生んでしまう大きな原因といわれているのです。直接的な因果関係はないように感じますが、ポイントはスマホを操作しているときの姿勢です。

どうしてもスマホの画面をのぞき込むときには猫背になったり、顔が下を向いたりしてしまいがちです。顔を下に向けたまま長時間同じ姿勢をしていると、頭の重さで肩や首がこってきます。こりがひどくなってくると、血行やリンパの流れがわるくなってしまい、肌のたるみを引き起こします。

これはなにもスマホだけに限ったことではなく、長時間のパソコン作業なども同様です。ただ、現代においてはスマホの操作をしないということは難しいですし、デスクワークが中心の人にとってパソコン作業はどうしても避けられないものです。そういう場合には、こまめに体を動かすようにしましょう。

コリは筋肉の緊張が原因で発生しますので、筋肉を定期的にほぐすことが大切です。

例えば、スマホを操作するときも1時間ずっと同じ姿勢のまま操作せずに、たまには顔を挙げて背筋を伸ばしたり、首を回したりするようにしましょう。パソコン作業をしている場合も同じです。意識的に顔を挙げて背筋を伸ばすことで、筋肉の緊張を和らげることができます。

 

また、小顔マッサージ器などの使い過ぎにも注意が必要です。

小顔ローラーなどは一時期流行しましたが、過剰にやりすぎてしまうことで、皮膚に大きなダメージを与えてしまっている人が多くいるといわれています。ダメージは与えていなかったとしても、やり方を間違えてしまうと余計にシワが目立ったり、たるみを引き起こしてしまうこともあります。

マッサージ器を使用するときには、くれぐれも使い方には注意するようにしてください。

たるみを防ぐのが重要!効果の期待できる予防方法

たるんでしまった肌を引き上げるたるみの解消方法はすでにご紹介しましたが、一方で予防も重要になってきます。せっかくたるみを解消できたとしても、予防をしっかりとしておかないとすぐに元通りのたるんだ肌になってしまいます。

こうならないためにも、エクササイズでたるみを解消したら、それと並行して予防策も講じるようにしましょう。

たるみを予防してくれる方法としてもっとも効果的といわれているのは紫外線対策です。すでに解説した通り、紫外線は皮膚の真皮層にまで浸透し線維芽細胞を破壊します。

紫外線の多い季節に外出する場合には、しっかりと紫外線をカットしてくれる日焼け止めを塗ってお出かけするようにしましょう。

日焼け止めにもさまざまなものがありますが、もっともおすすめしたいのはSPF30程度のものです。

SPFのイラスト

あまりに強すぎると今度は日焼け止めで肌荒れを起こしてしまう可能性があり、一方で弱すぎてもしっかりと紫外線をカットしてくれません。そのため、日焼け止めを選ぶときにはSPF30程度のものを選ぶようにしましょう。

塗り方としては全体に満遍なく塗り、塗り残しがないようにしてください。塗り直しは2、3時間おきに行うのが一般的ですが、夏の熱い時期などは汗で落ちてしまいやすいので、できればこまめに塗り直しをするようにするといいでしょう。

クリームを手に取る様子

さらに、紫外線は目からも吸収されるということをご存じでしょうか。いくら肌に日焼け止めを塗ったとしても、目から紫外線が吸収されてしまうとシミやシワ、たるみの原因になります。そのため、紫外線が強いときには日焼け止めのほかに、UVカットのサングラスもかけるようにしたいところです。

このほかにも、予防方法としては生活習慣の改善なども挙げられます。食生活を見直し、バランスの良い食事を心がけましょう。普段からビタミンやたんぱく質を意識的に摂ることによって、肌のターンオーバーを促進したり、線維芽細胞のコラーゲン生成を助けることができます。

ターンオーバーのイラスト

また、このほかにも細かいものとしてはシャワーの浴び方や寝る姿勢などにも注意を払いたいところです。

シャワーを浴びるときには、できるだけシャワーから出たお湯を直接顔にかけるのはやめましょう。シャワーによって水圧にばらつきはありますが、基本的にシャワーから出るお湯の威力をそのまま顔に当ててしまうと、角質がはがれたり、表面の皮膚に傷がついてしまったりする原因になります。

さらに、シャワーの温度にも注意が必要で、あまり熱いお湯で顔を洗うと必要な油分までが落とされてしまい、乾燥肌を招く原因になります。

面倒くさく思うかもしれませんが、体を洗うときと顔を洗うときの温度は分けるようにした方が良いでしょう。具体的には、顔を洗うときのお湯の温度は39度くらいがおすすめです。

寝る姿勢に関しては、うつ伏せはあまりおすすめできません。たるみ予防という観点からいうと、もっとも良いのは仰向けだといわれています。うつ伏せで長時間ねていると、顔のゆがみやむくみの原因になります。

ここに挙げた予防方法をすべて実践するのは難しくても、できそうなところから少しずつ始めていくようにして、長いスパンで改善を目指してみるといいでしょう。

肌のたるみの原因とメカニズム!【効果的な予防方法は?】のまとめ

ここまで肌のたるみについて詳しく見てきましたが、いかがだったでしょうか。まとめると、肌のたるみには生活習慣や紫外線など、さまざまな原因があり、特定のひとつの原因によってたるみが発生していることはまれであるということが分かりました。いろいろな原因が複合的に絡み合っているということから、対策法としてもさまざまな方法を試していく必要があるということですね。肌のたるみを効果的に改善していくためには、予防と解消という2つの切り口で対策法を考えていくことが大切だということも分かりました。

まずはすでに発生しているたるみを引き締め、リフトアップするためにエクササイズをはじめとした解消法を実践し、それと合わせて紫外線対策などの予防法を実践することで、肌を若々しいハリのある状態で維持することができます。特に紫外線による肌のダメージはすぐにたるみやシワとなってあらわれることはありません。紫外線によるダメージが数年というスパンで蓄積され、年を重ねてから自覚症状としてあらわれることが多いので、仮に年齢が若かったとしても、最低限の紫外線対策は怠らずにやっていくことが重要です。

もし、金銭的に余裕があるのであれば、クリニックなどで本格的な治療を受けてみるのもいいでしょう。以前は肌にハリを持たせるというと、ヒアルロン酸の注射やコラーゲン注入などが一般的でしたが、近年ではレーザー技術が飛躍的に進歩しており、レーザーを当てるだけで肌にハリを持たせることが可能になってきました。サーマクールやフラクセルなどは、現代の美容業界で非常に注目されている最先端技術になります。価格的には高めですが、サーマクールなどは3カ月に1回程度を続けていくと肌年齢が大幅に若返るといわれている治療法です。価格に見合った価値は十分にあるでしょう。

顔の肌がたるんでしまうと、どうしても老けた印象を与えてしまいます。女性にとっては実年齢よりも老けて見られるのはショックですし、できれば若く見られたいものですよね。そのためにも、肌のたるみ対策はしっかりと行っていくことが大切です。ここで紹介した予防法や解消法は基本的にどれも自宅で実践することができるような簡単なものばかりです。ぜひ実践して、若々しいハリのある肌を手に入れてください。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む