美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

スポンサードリンク


肌の弾力がなくなる原因と改善方法は?【サプリも効果的!】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

肌の弾力が年齢を重ねるたびになくなる原因は加齢だけなのでしょうか。肌の弾力を改善させる方法にはサプリメントやクリームなどが効果的をいわれていますが、どんな商品がおすすめなのでしょう。

Fotolia_73932219_XS-min

肌の弾力がなくなる原因には加齢や肌ダメージによって徐々に失われていき、若いころとは違った肌になってしまうことがあります。いつまでも肌の弾力を保つには毎日の対策が必要ですが、どのような改善方法が効果的なのでしょうか?おすすめはサプリメントやクリームを使った方法です。

スポンサーリンク

肌の弾力がなくなる原因は?

肌の弾力がなくなってしまう原因は、コラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまうからです。

Fotolia_51320905_XS-min

参考⇒コラーゲンが不足する原因は加齢?【爪や髪にも症状が!】

コラーゲンやヒアルロン酸は美容について話をする時に、よく出てくる単語ですよね。コラーゲンは肌の奥にあたる部分の真皮と呼ばれる組織を作っています。

Fotolia_35816054_XS-min

肌に弾力があるという事は、肌を押すと皮膚が跳ね返ってくるという事ですよね。

Fotolia_57656011_S-min

この跳ね返りは、真皮がきれいに整頓されているからです。表面の皮膚だけが整っていたとしても、バネが足りずに弾力にはなりません。つまり、肌の弾力があるのは真皮のおかげなのです。

そして、その弾力を支えているのがコラーゲンです。

コラーゲンは真皮の70パーセントを占めています。また、ヒアルロン酸は肌の貯水槽のような役割をしています。わずか1グラムで6リットルもの水分を保有します。とても柔らかい貯水槽で、肌につんっと刺激が加わるとクッションのように跳ね返します。

つまり、弾力がある肌の支えとなっているのです。これらが崩れるのが、弾力がなくなる原因です。

肌の弾力を改善させる方法は?

肌の弾力を改善させる方法は、ヒアルロン酸やコラーゲンを摂取する事です。

Fotolia_26478999_XS-min

これらは紫外線などの肌の刺激で少なくなっていきます。

Fotolia_63924623_XS-min

また、加齢によっても少なくなっていくため、日々の補充が望ましいのです。

どうやって補充していくのかというと、ヒアルロン酸やコラーゲンと書かれた美容液を肌に塗ったり、そういった栄養食材を口から食べていく事です。

しかし、コラーゲンは粒が大きいので、肌につけたとしても真皮まで到達するのは難しいです。また、アミノ酸は真皮まで到達はしますが、全てが到達するとは限りません。そのため、こういった物の代わりにたんぱく質であるアミノ酸を摂取しましょう。

アミノ酸はたんぱく質を細かくしたものなので、肌と一緒の成分が受け入れやすく、真皮にまで到達し、肌の弾力を改善してくれるのです。

今おすすめなのはプロテオグリカンです。詳しくは⇒プロテオグリカンの効果と摂取方法は?【口コミでも大人気!】

また、肌の弾力は血流が良くないといけません。

Fotolia_69871819_XS-min

血流を良くするためには、フェイシャルマッサージをしたりして肌を優しく刺激してあげましょう。

スポンサーリンク

効果的な食べ物は?

肌の弾力をアップさせる食べ物は、たんぱく質であるアミノ酸を多く含むものです。

たんぱく質は、肉や魚、大豆製品に多く含まれています。

Fotolia_47556584_XS-min

特にアミノ酸を多く含む食品はたくさんあり、魚類だと、

  • あじ
  • あなご
  • あゆ
  • いわし
  • かじき
  • かつお
  • かれい
  • きす
  • 金目鯛
  • しゃけ
  • かつお節
  • ぶり
  • ふぐ
  • かまぼこ

などです。

魚をあまり食べる習慣がない人でも、しゃけならば切り身で売っているため、口にしやすいでしょう。一年中、手に入りますし、骨もあまりなくて食べやすいです。また、かつお節はご飯にのせて食べたりなどで、手軽に毎日でも口にできます。かまぼこも、袋から出してそのまま食べれるので食べやすいでしょう。

肉製品だと、鶏肉と豚肉がアミノ酸を多く含みます。鶏肉や豚肉は外食する時でも摂取しやすいですよね。

そして、牛乳や卵、生クリームやヨーグルトにもアミノ酸は多く含まれます。

ヨーグルトならば便秘が解消して肌荒れも改善します。

Fotolia_55421414_XS-min

これらが、肌の弾力をアップさせる食べ物です。

サプリメントでは?

肌の弾力を改善させるサプリメントでおすすめなのが、すっぽん小町です。

すっぽんは昔から栄養食材として重宝されていました。食べるとお肌がつるつるになりますし、活力もわきます。しかし、すっぽんを食べるとなると高級料亭に行かなきゃいけませんよね。

Fotolia_45934288_XS-min

しかし、すっぽん小町ならば捨てるところがないと言われるすっぽんをぎゅっと濃縮しているサプリメントなのです。

しかも最高級と呼ばれるすっぽんエキスを抽出しています。そのため、栄養価が高いサプリメントとなっています。肌の弾力にはアミノ酸が大切だと話をしましたが、すっぽんにはアミノ酸もしっかりと配合されているため、弾力肌が改善できます。様々な成分が配合されているのもあり、芸能人も利用しているみたいなので、効果はあると思います。

他にも肌の弾力を改善させるサプリメントはありますが、アミノ酸サプリメントを選ぶと良いでしょう。

Fotolia_53045985_XS-min

そして、様々な成分がバランス良く配合されているものがおすすめです。

美容は体の内側と外側からしっかりアプローチする事が大切です。

ニッピコラーゲンで対策してきましょう!

まずは内側から!

ニッピ コラーゲン100

体内に吸収されやすい低分子コラーゲン100%の粉末「ニッピ コラーゲン100」は、サッと溶けやすい粉末タイプに仕上げたコラーゲンです。

お好きなお料理やお飲み物にとアイディアひとつで使い方が広がります。

無味無臭の低分子コラーゲン100%”の食べるコラーゲンなのでコーヒー、ミルク、ジュースなどに入れてお好きなときに手軽に飲むのがおすすめです。

imp

次は外側から!

スキンケアクリーム ナノアルファ

独自の技術で超微粒子化したナノコラーゲンが角質層の奥まで浸透し、ハリと透明感を与えます。

肌と同じコラーゲンによる美肌へのパーフェクトアプローチ、健やかな肌へ導きます。

imp

是非、どちらもチェックしてくださいね!

クリームでは?

肌の弾力をアップさせると宣伝しているクリームはたくさん発売されています。

Fotolia_34145044_XS-min

弾力をアップさせると書いていなくても、たるみを改善させると書いてあります。こういったクリームは、アンチエイジングシリーズで良く見られます。

弾力をアップさせるクリームとしておすすめなのが、富士フイルムから発売されているアスタリフトのクリームです。

ハリとうるおいに本気になる5日間。アスタリフト トライアルキット1,000円+税

富士フイルムはカメラを発売していた時代から、分子などの顕微鏡で覗かないと分からないぐらい小さな世界に詳しい会社です。そのノウハウをそのまま化粧品に活かしているため、肌の浸透を考えた時に最適な会社です。

肌の弾力は真皮がしっかりしていないと実現しないため、どんなに良い成分でも浸透しなければ意味がありません。

そういった点で、アスタリフトは優れているのです。

実際にアスタリフトの商品を手につけてなじませると、肌に弾力を感じます。使い続ければ、弾力ある肌になるでしょう。だからアスタリフトがおすすめのクリームです。

肌の弾力がなくなる原因と改善方法は?【サプリも効果的!】のまとめ

肌の弾力は割とすぐに改善できますので、食べ物やサプリなどで美容成分を補ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む