美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

スポンサードリンク


乾燥肌の保湿におすすめの化粧水は?【成分をチェック!】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

乾燥肌に必要な保湿成分はどのようなものになるでしょうか?市販の化粧水で乾燥肌に必要な成分があり、また乾燥肌の方は肌に負担をかけないように刺激にならない成分を知っておくことも化粧水選びに大切です。

fotolia_107490665_xs-min

乾燥肌は化粧水で保湿することが重視されますが、化粧水の成分表を確認して選んでみることも大事で、中には乾燥肌には避けたい成分が入ってるかもしれませんので、悪化したり、肌に合わないと感じる場合は化粧水の成分をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

乾燥肌用化粧水を自分で作る?

乾燥肌には肌に潤いを与える化粧水がベストです。

Fotolia_115480475_XS-min

乾燥肌に効率的に潤いを与える為に、化粧水に含まれているとよい成分があります。

  • 尿素
  • グリセリン

です。

尿素は、タンパク質を分解する働きがある事から固くなった肌を柔らかくする働きがあります。

それに、昔から天然の保湿成分としてあったものです。

Fotolia_67351445_XS-min

尿素を使う上で注意したいのが、角質のターンオーバーを早めてくれますが早すぎて角質が未熟のまま皮膚からはがれてしまう為に、肌が乾燥しやすくなり敏感肌になってしまいます。

Fotolia_66550772_XS-min

参考⇒敏感肌の原因と対策法は?【洗顔や化粧品でケアする!】

特に若い方が尿素を使うのは控えた方がよいようです。

しかし、角質が分厚くなった状態の肌には効果的な成分です。

次にグリセリンは、植物油からとれる液体です。

水分を引き寄せる効果があるために食品など幅広く使われているので、安心して使いやすいものです。しかし、吸水性が高い為にグリセリンの濃度が高いと肌の水分まで吸収してしまい乾燥してしまう欠点があります。この乾燥肌に効果的に潤いを与える尿素とグリセリンを使った化粧水が手軽に誰でも作れます。

Fotolia_76087192_XS-min

必要な物は、

  • 精製水
  • 尿素
  • グリセリン

です。 これを適量混ぜるのみで作れるので経済的です。

市販されている乾燥肌化粧水のおすすめは?

化粧水は、本来は水溶性のものです。

という事は、乾燥肌に効果的に潤いを与えるものは水溶性の美容成分が入っている事が大切です。

軽い乾燥肌の方なら、セラミド以外の保湿に効果がある美容成分が入っているものを使っても乾燥肌に効果が出やすいです。

しかし、それ以外の方はやはり「セラミド」が入っている化粧水と美容液など、セットで使う事で効果的に乾燥肌に働きます。

Fotolia_26478999_XS-min

参考⇒セラミドの効果と種類とは?【化粧水やクリームの選び方!】

軽い乾燥肌に効果が出やすい、ヒアルロン酸やコラーゲンよりも効果ですが、その分乾燥肌に効果が出やすいので、ぜひセラミドが入っている化粧水を使って欲しいです。

参考⇒コラーゲンが不足する原因は加齢?【爪や髪にも症状が!】

もともと、セラミドは肌の内部にあります。

それが、加齢や生活習慣などによって肌の中にあるセラミドが減ってしまい、肌の水分を保つ働きが弱くなってしまいます。それを補う為に、化粧水の成分表示に「セラミド」と書かれた天然のセラミドが入ったものなら一番良いのですが、高価なので手が届きにくい方も多いと思います。

参考⇒こんにゃくセラミドでアトピー対策?【サプリで効果的に摂取!】

その次に「セラミド」や「セラミド1」の様にセラミドと数字が化粧水の成分表に掛かれているものは、合成されているものなので、天然のセラミドよりも値段が比較的安価なので手が届きやすいと思います。

スポンサーリンク

刺激が少ないものを選びましょう!

やはり、乾燥肌は普通の肌よりも刺激に弱いです。

特に、肌の水分と皮脂のバランスが崩れてしまい肌のバリアが弱い状態によって起こってしまいます。

実際には、成分表示を見て判断する事も大まかに出来ます。

乾燥肌に使う化粧水はアルコールやエタノールが多すぎて肌の水分を奪われる程の量が入っていない、化粧水を選ぶ事もその1つです。他には、着色料や複数の香料など肌に刺激を与えてしまいそうな化粧水は避けた方が無難なようです。

実際には、化粧水を使う事によって自分の肌に合うかどうかが分からない為、最初は化粧水のサンプルなどで自分の腕の内側などでつけてみて、肌に合うかどうかを確認する必要があります。

Fotolia_79237518_XS-min
それが大丈夫ならば、様子を見ながら顔に使って行く順番をする事によって自分の肌に合う化粧水に安心して出会えると思います。

そして、肌に刺激を与えやすいものが複数入っている場合にも刺激に弱い敏感肌には刺激が強すぎる場合がありますので、避けておいた方が良いと思います。

そういった事から、保湿力が高く敏感肌の化粧水も乾燥肌の方にはお勧めです。

避けたい成分は?

ビタミンC誘導体は、新陳代謝を促す・皮脂の分泌をコントロールする働きなど、肌に良い効果が高いと感じます。

しかし、乾燥肌にとっては肌につける化粧水などでは避けたい成分なのです。

Fotolia_66603835_XS-min

乾燥肌にビタミンC誘導体を避ける理由は、皮脂の分泌をコントロールする事によって乾燥肌では皮脂の量が少なくなってしまい、肌の乾燥を進めてしまう結果になってしまいやすいです。

それによって、肌を守る為の皮脂や水分などが少なくなって刺激に弱くなって、肌が敏感になってしまう結果につながりやすくなります。特に水溶性のビタミンC誘導体には、皮脂を抑える効果が高い為に化粧水の成分表の中に入っているのかを特に注意する必要があります。

また、乾燥肌の場合には肌のターンオーバーが早すぎて、肌がしっかりと作られていない為に、肌が刺激に弱くなってしまう場合があります。

参考⇒肌のターンオーバーが乱れる原因と改善方法は?【早くてもダメ!】

なので、乾燥肌の方こそ、しっかりと肌の保湿を行って肌が早くターンオーバーしない様にして肌のバリアを強くする事が大切です。

Fotolia_96408998_XS-min

その為に、乾燥肌には保湿力が高い化粧水を使うと良いです。

経済的におすすめの化粧水は?

高価な化粧水は使いたいけれども、実際にはなかなか経済的に難しい方も多いです。しかし、自分で化粧水を作る時間などがない方には市販の化粧水が重宝します。

そんな中、乾燥肌用の化粧水だけれども手軽な価格で販売されている化粧水があります。

Fotolia_42974683_XS-min

例えば、200ml入っている化粧水が千円前後の化粧水が複数販売されています。

その化粧水は、価格がお手頃なのにしっかりと潤う為に保湿に効果がある成分を多く含まれているので、毎日化粧水の使う量を気にしないで使えるのは大きなメリットだと思います。

Fotolia_63192850_XS-min

手軽な価格で買える代表的な化粧水に「無印良品」の敏感肌用で高保湿タイプの化粧水や「ちふれ」の化粧水でとってもしっとりタイプなどがあります。

実際に使った方の口コミなどから見ても、乾燥肌に効果が出やすい様に感じました。

参考⇒乾燥肌は体質改善で治る?【化粧水やクリームの選び方は】

この他の乾燥肌用の化粧水にも、乾燥肌に効果がありそうなものが多くあるので試しながら自分に合った化粧水を探すのも良いと思います。

乾燥肌の保湿におすすめの化粧水は?【成分をチェック!】のまとめ

乾燥肌の方は、しっかり肌の保湿を行ってバリアを強くすることが大事です。その為に、スキンケアの第一段階として、保湿できる化粧水選びが大切です。市販の化粧水の中には、乾燥肌の方に必要な成分、避けたい成分があり、化粧水を選ぶ際には気を付けてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む