美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

しみない化粧水の選び方は?【敏感肌用がおすすめ!】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

しみない化粧水を選ぶ為に、大切なことは何になるでしょうか?しみない化粧水の選び方は、成分を確認したり、自分の肌の状態を知ることが大切です。肌のバリア機能が低下し、化粧水がしみる場合もありますし、もしかすると合わない成分でアレルギー反応を起こしているかもしれません。

fotolia_118720202_xs-min

しみない化粧水を選択する必要がある方は肌のバリアは低下している方が多いですが、化粧水がしみしみる、しみない、それぞれあり、肌を守る為にもしみない化粧水で保護することが大切です。また、加齢により、肌のバリアが低下している場合もありますので、肌の状態を知ることも大切です。

スポンサーリンク

しみる化粧水とは?

特に、敏感肌の方に多いのが化粧品を肌に付けた時に肌がしみる様な刺激を感じる方は多いと思います。

しかし、実際に化粧水が肌にしみる様になった時に、どんな肌の状態なのかを理解している方は少ないと思います。

今、化粧水がしみてしまう方の多くは、元々「乾燥肌」の方がほとんどだったのではないかと思います。

Fotolia_58603017_XS-min

参考⇒乾燥肌は体質改善で治る?【化粧水やクリームの選び方は】

乾燥肌は、外の刺激から守ってくれる肌の機能が低下していきやすい状態で、その為に、肌が外の刺激から守れずに化粧水など肌につけるだけでもしみるなどの刺激を感じます。 

Fotolia_83388732_XS-min

ひどい方ならば痛みを感じる方もいる程です。

そして、敏感肌になってしまいます。

Fotolia_66550772_XS-min

参考⇒敏感肌の原因と対策法は?【洗顔や化粧品でケアする!】

その為に、外の刺激から肌を守る為に保湿する力が入ったしみない化粧水を使い、肌をサポートする事によって、肌自体が外の刺激に強くなって行く環境を整える事が大切です。

Fotolia_88017118_XS-min

特に、肌の内側にある肌の水分を保つ働きをしている「セラミド」と呼ばれているものが配合されている化粧水を使って、肌の乾燥を防ぐ方法があります。

Fotolia_40888596_XS-min

参考⇒セラミドの効果と種類とは?【化粧水やクリームの選び方!】

しかし、どうしても「セラミド」が含まれている化粧水が使えない場合には、刺激の少ない保湿効果のあるものが含まれているものを使い、肌の乾燥から守るしみない化粧水を使ってスキンケアを行って行く事だけでも、違います。

しみる成分は何?

化粧水を肌につけようとしていたら、肌がしみるなどの刺激を感じた方は、今使っている化粧水に含まれている成分を確認する必要があります。

その代表的な物に、化粧水に含まれている尿素があります。

尿素は角質を柔らかくしてターンオーバーを早くさせる働きがあります。

Fotolia_112000255_XS-min

参考⇒ターンオーバーの促進方法!【食べ物やサプリの効果は?】

しかし、尿素が入ったものを使い続けていると、未熟な角質が多くなり肌の水分を保つ事が難しくなります。

その結果、化粧水で肌がしみる原因となる乾燥肌になりやすいです。

Fotolia_80803731_XS-min

その他には、ビタミンC誘導体は皮脂を抑える事や抗酸化作用の為などのメリットがある為に化粧水に入っている事があります。

しかし、保湿力が弱い為に肌が乾燥しやすい事や個人差はありますが肌に強い刺激を与える事もあります。ただ、同じビタミンC誘導体が入っている化粧水でも、刺激が少ないものや保湿が出来る化粧品がありますので、今使っている化粧水を変えると言うのも一つの方法です。

代表的な成分で、肌に刺激を与えそうな成分を避けて選んだしみない化粧水を選び、より自分の肌に合った化粧水に近づきます。

Fotolia_88104892_XS-min

その次に、実際にパッチテストをしながら自分の肌に合うかを確認して行きます自分に合ったしみない化粧水を探します。

スポンサーリンク

敏感肌用の化粧水を!

化粧水を使っていて肌にしみる様な刺激を感じた方には、敏感肌用のしみない化粧水に変える方法があります。

一番の大きなポイントは、やはり肌に刺激を与えにくい成分によってできている事です。この為に、肌がしみにくい状態になる為に安心して肌につける事が出来ます。

それに、肌に刺激を与えにくい成分でほとんど出来ていますので、肌まで刺激が伝わりにくいです。

Fotolia_63192850_XS-min

そして、敏感肌には肌のバリアが低下しているので肌が乾燥しやすい状態を助ける成分が入っている事が特徴的です。

肌の乾燥を守ると、肌のバリアが少しずつ強くなるので、外の刺激を感じにくくなり肌の乾燥が改善しやすくなります。その為に、敏感肌用のしみない化粧水には保湿にこだわった化粧水が数多く販売されています。

Fotolia_42373907_XS-min

特に、乾燥しやすい季節や環境で過ごしている方や、肌の代謝が悪いなど体調が原因で、敏感肌になってしまう事もありますので、一時的な症状でも化粧水が肌にしみたら化粧水などのスキンケアの内容を変えて肌をいたわる事も大切です。

もしかしてアレルギー体質かも?

化粧水で肌にしみてしまう原因に、食べ物でじんましんが出てしまう事や花粉症などを持っている場合には、アレルギー体質の場合が高いです。

kahun-min

その結果、肌のバリアが壊れた状態の為に外からの刺激に弱く化粧水がしみてしまう結果になってしまいやすいです。

どんなものが原因でアレルギーの症状が出ているのかを皮膚科で原因を特定してもらう事から始めます。

Fotolia_61836345_XS-min

そして「自分は、何が原因でアレルギーになりやすいのか?」原因が分かれば、アレルギーの原因となっているものが入っていない化粧水を使う事によって、自分に合ったしみない化粧水に一歩近づきやすくなります。

アレルギーを持っている方などに合わせた、肌バリアが低下してしまった状態の肌でも保湿する事が出来る化粧水があり、試しに使ってみるなど、しみない化粧水を探す時には試してみる価値はありそうです。

Fotolia_108332463_XS-min

しかし、化粧水は治療薬ではないので、あくまで少しずつキレイになっていく感じで、使っていくと良いと思います。

加齢によっても肌バリアは低下します

年々、年齢を重ねる事によっても、個人差はありますが肌の乾燥する事によって肌のバリアは低下しやすいです。

それによって、今まで自分の肌に合っていた化粧水が、肌にしみる様になってしまう事があります。その為にも、肌が乾燥を防ぎ、肌のバリア低下させない様にする必要があります。

そして、肌の乾燥の原因となっている事に意識したスキンケアが必要です。

Fotolia_96197960_XS-min

年齢によって肌のバリアが低下した肌に、しみない化粧水を使い続けても一時しのぎしかならず、すぐに肌が乾燥してしまいます。

この為に、肌の乾燥してしまう原因となっている肌のバリアを高める事が大切です。

Fotolia_97766929_XS-min

特に、角質層と呼ばれる肌の一番外側にある層の乾燥を防ぐ事がポイントです。

Fotolia_111997421_XS-min

そこで、化粧水が角質層の乾燥を防ぐ効果があるものとして「セラミド」などが、入っている化粧水など使う事が肌の乾燥に効果的です。

年齢を重ねた肌には、しみない化粧水で肌の乾燥を根本的に解消しやすい効果が含まれているものを使う事が、ベストです。

しみない化粧水の選び方は?【敏感肌用がおすすめ!】のまとめ

以前はしみなかった化粧水でも年齢を重ねていくうちにしみてくることもあります。肌のバリア機能が減って低下してしまった事も原因の一つですが、体質の変化もありますので、敏感肌用などを使ってみるのも一つの対策法です。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む