美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

肌荒れを解消するビタミンは?【食事とサプリで簡単摂取!】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

肌荒れを解消するならどんなビタミンがいいのでしょうか?ビタミンを摂取しようとサプリなどを探してもとビタミンB群やCなどありますが、肌荒れ解消するビタミンを選びサプリや食べ物などで積極的に摂取して予防していきましょう。

Fotolia_97100902_XS-min

肌荒れを解消するにはどんなビタミンが良いのでしょうか。誰もが気になる肌荒れ、鏡を見る度に気分も沈んでしまいますよね。肌荒れになる前に食事やサプリなどで効果的に予防していくことが大切です。手軽に摂取することが継続できるポイントです。

スポンサーリンク

肌荒れを解消するビタミンサプリは?

荒れてしまった肌を改善するにはビタミンB2が効果的です。

Fotolia_72853965_XS-min

ビタミンB2には皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。これが不足すると口が切れたりする原因にもなりますので、そういった荒れ方であれば、ビタミンB2を摂取することで改善につながります。

Fotolia_50156371_XS-min

また、代謝を支える働きもあるため、肌荒れの解消を早める効果も期待されています。

Fotolia_67351445_XS-min

参考⇒肌荒れ対策の基本は?【乾燥やストレス対策が大切!】

サプリに関しては、ビタミンB2はもちろんですが、ビタミンB群には他のビタミンとの相互作用があるため、マルチビタミンなど、他のビタミンも含まれているサプリの摂取が効果的です。

Fotolia_52143441_XS-min

サプリは手軽に取れるというメリットがありますが、費用がかかるため、栄養素を間違えると無駄な出費になりかねません。

きちんとした知識を持って選ぶことがポイントと言えるでしょう。

肌荒れを解消するビタミン摂取法は?

先程の項目で挙げたサプリも手軽にビタミンを摂取する手段ではありますが、私がおすすめしたい摂取法はやはり食事です。

Fotolia_44806969_S-min

参考⇒肌荒れが改善する食べ物や飲み物は?【野菜ジュースは注意!】

付き合いや家庭で出される食事を考えると、なかなか思うように必要なビタミンを摂ることが出来ないと言う方もいらっしゃるかと思います。

そういった方には食事と別で摂取することの出来るサプリは有効と言えるでしょう。

Fotolia_53045985_XS-min

しかし、やはり日常生活の中で自然に摂取する方法として食事での摂取をおすすめしたいのです。自炊をする方であれば、必要なビタミンや栄養素を意識的に摂ることは難しくないかと思います。

Fotolia_41027202_XS-min

また、自炊をされない方でもご家族などに説明し、協力してもらうのもいいかと思います。自分のことだからと一人で抱え込まないことも、肌荒れ改善のステップなのです。

飲み物は?

市販されているドリンク剤には”肌を休める”や”いつも綺麗でいたいあなたに”などと分かりやすいキャッチフレーズが書かれているものもあります。

ドリンク剤はビタミンや栄養素に重点を置いて作られているので、手軽で効果的な飲み物と言えるでしょう。

Fotolia_84985197_XS-min

また、もっと身近にある飲み物を挙げるならお茶も効果的です。

お茶と言っても色々ありますが、紅茶や烏龍茶よりも緑茶が効果的だと言われています。

Fotolia_15851012_XS-min

これは、お茶に含まれるカテキンがビタミンCを保護し、熱に負けることなく体に届けるからです。緑茶であれば、コンビニなどでも手軽に購入出来ますし、自宅で茶葉やパックを使用して作ることも出来ますので、身近で手軽なものとして取り入れやすいかと思います。

スポンサーリンク

食べ物は何がいい?

おすすめの摂取法の項目では食事での摂取をおすすめしましたが、ではどのような食材にビタミンが含まれているのでしょうか。

最初に挙げたビタミンB2は、ナッツ類や納豆、牛乳などに多く含まれています。

Fotolia_44402433_XS-min

納豆や牛乳は朝食に取り入れることも出来ますし、お酒を飲まれる方であればおつまみにナッツを取り入れたりしてみてもいいかもしれませんね。ただし、ナッツは油分が高いため、食べ過ぎるとニキビの原因ともなりますので、程々を心掛けて頂きたいと思います。

Fotolia_59009270_XS-min

また、乾燥による肌荒れにはビタミンAが効果的とされていますが、これはうなぎやモロヘイヤ、にんじん、かぼちゃなどに多く含まれています。

Fotolia_1432956_XS-min

B2に比べると少し摂りにくいかもしれませんが、にんじんは万能な野菜ですから、日々の食事の中に少しずつでも取り入れることでビタミンAを補うことが出来るかと思います。

果物のおすすめは?

食事やサプリ以外に、デザートとして果物を食べる習慣のある方もいらっしゃるかと思います。

どうせ食べるなら肌荒れに効果のあるビタミンを含むものがいいですよね。肌荒れを解消するビタミンが含まれている果物は多くありますが、ここではリンゴとバナナをピックアップしようと思います。

Fotolia_66317972_XS-min

まずリンゴですが、リンゴに含まれるポリフェノールが抗酸化作用を持っており、活性酸素から肌や体を守る効果があります。

Fotolia_56531120_XS-min

次にバナナですが、バナナにはカロテンが豊富に含まれています。カロテンは体内でビタミンAに変わる性質を持っているため、ビタミンAの働きとして皮膚の健康を維持する役割があります。

banana02-min

ここまでお読み頂いた方はビタミンAと聞いて前項でお伝えした乾燥改善を思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。ビタミンAが含まれている訳ではありませんが、体内でビタミンAに変わる栄養素を含んでいるバナナも乾燥肌の改善に効果的なのです。

ビタミンCは欠かせない!

肌荒れや美肌と言うとビタミンCを思い浮かべる方も多いかと思います。

ビタミンCには肌の柔軟性の元となるコラーゲンを作るのに欠かせない栄養素が含まれています。

Fotolia_72854091_XS-min

また、酸化防止やメラニンの合成を阻害する効果もありますので、シミやくすみを改善することに繋がります。

Fotolia_80803731_XS-min

参考⇒シミを消したい時の対策法は?【クリームや馬油が効果的!】

と、ここまでは美肌に関しての役割ですが、肌荒れに関してももちろん重要な役割を果たします。

ビタミンCには毛穴の開きを改善し、引き締める効果があるとされています。そのため、ニキビや毛穴に関する肌荒れが防げるのです。

Fotolia_37176900_S-min

参考⇒毛穴レスになる方法は?【洗顔と化粧水を効果的に!】

乾燥なども気になりますが、ニキビは分かりやすく現れるため、どうしても気になってしまうものです。

Fotolia_58603017_XS-min

参考⇒乾燥肌は体質改善で治る?【化粧水やクリームの選び方は】

また、自分だけではなく周りからも視線を集めてしまうポイントになりますので、出来るなら早めに解消し、予防してしまいましょう。

ビタミンB群が不足すると

さて、最後の項目では最初に挙げたビタミンBについてもう少し詳しくお伝えします。

Fotolia_61836345_XS-min

ビタミンB群が不足すると、皮脂を過剰に分泌します。これは肌荒れを引き起こすのはもちろんですが、肌荒れが治りにくい原因にもなります。

Fotolia_87618629_XS-min

参考⇒オイリー肌の洗顔とメイク方法は?【化粧水でしっかりケア!】

ビタミンB群の中でも、ビタミンB2とB6は特に肌荒れへの効果が高いとされています。不足すると肌荒れを起こし、治りにくくもなりますが、逆に言えば、十分に摂取出来ていれば肌荒れを起こしにくく、治りやすくなるということです。先に挙げたサプリや食事で上手に摂取して、肌荒れの悩みから解き放たれ、美肌を手に入れる鍵になると言っても過言ではないでしょう。

肌と言えばビタミンCを思い浮かべがちですが、ビタミンBも重要な役割を果たすことを知っておいて頂ければと思います。

Fotolia_22948166_XS-min

食事やサプリなど、ビタミンを摂取することは難しくありませんから、意識的に摂取して肌荒れから解放されましょう!

肌荒れを解消するビタミンは?【食事とサプリで簡単摂取!】のまとめ

肌荒れはビタミン不足でもなってしまいますので、日ごろからよく肌荒れを起こす方は食生活から見直しみて積極的にビタミンを摂取してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む