美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

ほうれい線を消したい!【効く化粧品の選び方は?】

Pocket

ほうれい線はしわ・たるみなどと並んで年齢を重ねた女性に、とても多く見られる悩みです。たった1本の線ですが、それだけで見た目の印象も一気に老けますね。ここではほうれい線に有効な対策や、人気の化粧品を紹介していきます。一緒に上向き美人を目指していきましょう。

Fotolia_84028858_XS-min

ほうれい線とは?

ほうれい線とは、鼻の横あたりから左右の口元にかけて伸びている線のことです。

Fotolia_83885303_XS-min

医学用語では鼻唇溝と呼ばれます。

頬との境界線として誰にでもある線で、笑った時の笑いジワと同じラインです。

Fotolia_69443173_XS-min

それでは、笑いジワとは何が違うの?

Fotolia_63929444_XS-min

というところですが、真顔の時にも戻らないことでしょう。

若い時にはハリがあってすぐに元に戻るので気になることは少ないですが、年齢を重ねると共に、クッキリ目立ってくるのです。

ほうれい線は、見た目年齢を10歳も20歳も大きく老けさせます。

Fotolia_50028498_XS-min

たとえば、若い女性のイラストに1本ほうれい線を引くだけで、一気にお婆さんの顔になりませんか?

またニキビやシミと違って影のようにくぼんでしまうので、なかなかメイクでも隠しきれないのが悩みですよね。その原因はどこにあるのでしょう?

ほうれい線の原因とは?

ほうれい線が目立つようになってしまう原因はいくつかありますが、基本的にはハリが失われ垂れ下がってくる、つまり「たるんでしまう」ために起こってくるものです。

たるみの原因は次のようなものがあります。

表情筋の衰え

表情筋とは、顔の筋肉のことで、その名の通り、笑顔や怒った顔などさまざまな表情を作り出していくのに欠かせない筋肉です。

Fotolia_76085070_XS-min

そのうち、ほうれい線の周りを支えている筋肉は口輪筋といい、口の周りを一周ぐるっと取り囲んでいます。

ただこの口輪筋は、日常通りの生活を行っていると30%程度しか使われないそうで、筋力が下がってくると、支え切れなくなりだらんと垂れてきます。毎日少しずつでも良いので、トレーニングをすると良いでしょう。

むくみ

そもそもむくみとは何でしょうか?

むくみは、血液の中に本来収まっているはずの水分が染みて、皮膚に溜まってしまっている状態のことを指します。

Fotolia_69871819_XS-min

みなさんも経験があるかもしれませんが、寝ている間に水分が溜まりやすいため朝、起きぬけは顔が腫れぼったくなりがちです。

Fotolia_46925348_XS-min

それ以外には、おもに生活習慣が原因となることが多いです。

たとえば食生活。

特に塩分の過剰摂取やカリウム不足は、パンパン顔の原因となります。

Fotolia_38854711_XS-min

またお酒を飲んだ時や、腎臓に負担を抱えている方もむくみやすくなりますので日々の生活を改善することから始めるのが良さそうですね。

では、なぜむくみがほうれい線を目立たせるのか?についてですが、風船に水を入れた時を思い浮かべてください。本来何もないところに水が溜まりますので皮膚が伸びて、たるんでしまいます。これがほうれい線とむくみの関係です。

さらに加齢に伴って、体内組織のうちの脂肪や水分の割合は増えてくるので、年齢を重ねると、よりむくみによる頬のたるみも気になりやすくなるというわけです。

加齢によるハリ不足

ピンっと上向きのお肌が保てているのはハリ・弾力のもととなるコラーゲン・エラスチンなどの働きによるものです。

collagen-min

コラーゲンは若々しさに必要な美容成分として耳にする機会も多いと思いますがエラスチンはあまり聞きなれないですね。エラスチンはたんぱく質の一種でコラーゲンとともにぷるぷる肌を支えている存在です。

たとえば、コラーゲンが弾力を支える繊維だとしたら、エラスチンそれを束ねて結びつける役割を担っています。

Fotolia_57656011_S-min

ただこれらの、ハリ成分は20代をピークに徐々に減少してきますので重力に勝てなくなってきてしまいます。

紫外線

紫外線はお肌の大敵であることはみなさん想像がつくと思いますが、紫外線にはUV-A波とUV-B波の2つに分けられます。

Fotolia_63647197_XS-min

このうちUV-B波は、日焼けやシミの原因となり、UV-A波がしわ・たるみの原因となります。

UV-A波は肌の深く真皮層まで届いてしまうので、ハリや弾力を支えている繊維芽細胞を傷つけてしまうのです。夏場だけでなく、年間を通した紫外線対策が必要です。

お肌の乾燥

お肌が乾燥した状態だとバリア機能が弱まります。

Fotolia_58603017_XS-min

そのため、外部の刺激を受けやすく、ハリを保っているコラーゲンも破壊されやすく、シワシワにしぼんだ状態になりがちです。ふっくら水分量のあるお肌を保つことでほうれい線を目立たなくすることができます。

効果的な対策法は?

ほうれい線を消すための対策をいくつかご紹介いたします。

Fotolia_22948166_XS-min

表情筋エクササイズ

加齢によるほうれい線対策には表情筋、とくに口輪筋を鍛えるトレーニングが有効です。

日本アンチエイジング歯科学会常任理事である宝田恭子先生開発の、舌で口中をくるくるなでるように回すものはほうれい線に効くと話題です。毎日少しずつでもいいので、継続して行うことが大事です。

むくみがちな方はマッサージ!

むくみが原因のほうれい線悩みには、マッサージが有効です。リンパの流れをしっかりと整えてあげることで溜まった水分を排出していきましょう。

また、顔とその周辺の皮膚はつながっているので、頭や耳周り、肩までほぐすことが大切です。

むくみに良いツボとしては、

  • うなじのあたりにある天柱(てんちゅう)
  • こめかみのあたりにある太陽(たいよう)

があります。

紫外線対策

もっちり肌をキープするためにUV-A波を防ぐ紫外線対策でコラーゲン破壊を防いでいきましょう。

日焼け止めの選ぶ際のポイントとしてはSPFだけでなく、PA値もきちんと見ることです。

Fotolia_82468117_XS-min

よくSPF50、PA++といった表記を見ますよね。

SPFはUV-B波をブロックする働きがありますので、日焼け対策には有効ですが、エイジング対策として選びたいのであればPA値もきちんと意識をしていきましょう。

たるまない毎日に!人気のスキンケア

乾燥によるほうれい線まわりのお悩みには、徹底保湿をしてあげることが、ぷるぷるの素肌への近道です。

ちなみに以下の美しい女性、一体何歳に見えますか?

tuchiyasan-min

ビックリの年齢です。マジで驚き!!

驚きの年齢はコチラ!ビックリしてください!今すぐチェック!

リサーチ会社※1の調査によると、

この女性の見た目年齢は29歳とのことですが、
実際は、なんと50歳!※2

この女性の乾燥ケアはとてもシンプルなんだそう。

彼女が愛用しているのは、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸など年齢肌が欲しがる62種類の成分を1本で手軽に取り入れられるオールインワンゲルのメディプラスゲル。

化粧水、乳液、美容液、クリームの役割を1本で手軽に行えるため、お肌に余計な負担をかけずにうるおいで満たしてあげることができます。

初回は全額返金保証がついているので年齢不詳美人を目指したい方は試してみては?

肌環境底上げコスメ!50歳が20代と勘違いされるヒミツはコチラ!

※1 ネオマーケティング調べ
※2 撮影当時の年齢

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む