美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

化粧品やUV対策コスメで紫外線にバイバイ!【日焼け止めには注意?】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

紫外線から肌を守ってくれる化粧品やUV対策コスメは、どのように選んでいるでしょうか?SPF・PA値の数値だけではなく、肌質にあった成分も重要になってきます。紫外線から肌を守り、美しい肌を守るためには、日焼け止めなどのUV対策コスメの選び方は重要になってきます。

紫外線対策にかかせない化粧品やUV対策コスメですが、様々な種類があり、肌にもダメージを与えてしまう事があります。生活シーンに合わせて選んだり、紫外線の予防だけではなく、毎日のスキンケアで肌を守ることも紫外線対策に有効です。

スポンサーリンク

化粧品やUV対策コスメで紫外線にバイバイ!

いつまでも美しいハリや透明感のある肌を保ちたいなら、紫外線対策は一年を通して必要です。

例えば、避けては通れない紫外線とうまくつきあっていくためには、市販の美白化粧品やUV対策コスメを賢く利用していきましょう。

今回は、紫外線対策用の化粧品、UV対策コスメの選び方や注意点などをご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

UVケアは年中無休!美白スキンケアはライン使いがおすすめ!

紫外線は夏だけでなく、秋や冬でも、また、曇りの日や雨の日でさえも降り注いでいます。

参考⇒秋冬も紫外線予防が大切!【室内でも窓際は注意?】

美白ケアや紫外線対策用のコスメは欠かせません。いまや、UVケアは夏だけでなく年中無休で行うのが当たり前の時代となっています。

紫外線対策のためには、洗顔後に使用する基礎化粧品は美白に特化した美白スキンケア化粧品がおすすめです。

また、

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

といった基礎化粧品一式は、同じブランドの同じラインで使うのがおすすめです。

アイテムごとに他のブランドのものを使用するよりも、同じライン使いをすることによって相乗効果も高まります。

紫外線対策に必須のUV対策コスメの選び方!

まず、朝の洗顔後に美白ラインの基礎化粧品でスキンケアをしたら、おでかけ前には日焼け止めクリームやUV対策コスメを使用することが必須です。特に、最近のファンデーションには、UV機能もあるので便利ですね。

ところで、日焼け止めクリームやUV機能付きの化粧品には、SPFとPAという数値が記載されています。

SPFというのは紫外線B波を、PAは紫外線A波をカットする効果を表しています。

数値が高いほど紫外線をカットする効果も高いのですが、気をつけたいのはこの数値が高いほどに肌への負担も大きくなるということです。ですから、生活シーンに合わせてUV対策コスメを選ぶことが大切です。

SPF数値は、日本ではマックスで50となっていますが、普段使い用のアイテムなら20くらいもあれば十分に紫外線予防効果が期待できます。

PAは+の数で表記されており、普段使い用には+が2つくらいあれば十分です。

ただ、日差しの強い夏や海や山にお出かけする時には、UV効果がマックスのSPF50、PAは+が4つくらいあるものを選びましょう。

スポンサーリンク

日焼け止め、UV対策コスメによる肌ダメージにも要注意!

紫外線から肌を守ってくれる日焼け止めやUV対策コスメですが、気をつけないとこれらを使用することで反対に肌にダメージを与えることにもなりかねません。

たとえば、日焼け止めやUV対策コスメには、紫外線吸収剤という成分が含まれているのですが、この成分は肌にダメージを与えるといわれています。

紫外線吸収剤を使用しないノンケミカルの日焼け止めも販売されていますが、実は、紫外線吸収剤を使用しなければ安心とも言い切れません。

なぜなら、ノンケミカルの日焼け止めには紫外線散乱剤という成分が含まれており、これが紫外線と反応して活性酸素を発生させる可能性があるともいわれているからです。

一般的に、紫外線をしっかりカットしてくれる成分には、肌ダメージの危険性もあることを知っておきましょう。

賢いUV対策コスメの使い方としては、紫外線があまり多くない季節や曇りの日には、極力紫外線カット効果の数値の低いものを利用して肌ダメージを少なくすることが大切です。生活シーンに応じて使い分けていきましょう。

また、日焼け止めの中には、クレンジング剤を使わないと落とせない日焼け止めもあります。

ですから、お肌のことを考えると、できるだけ肌負担の少ない洗顔料で落とせる日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

また、紫外線を予防すると同時に美白用のスキンケアアイテムで肌をしっかりといたわってあげることも大切です。

それぞれのアイテムの特徴を知り、上手に活用していくことで肌ダメージを減らしつつ紫外線から肌を守ることができます。

日焼け止め用品を選ぶ際のポイントは、SPF・PA値!

種類が豊富な日焼け止め用品ですが、選ぶ際の大切なポイントとなるのは先ほども述べたようにSPF値とPA値です。

ドラッグストアに行けば実にたくさんの日焼け止めが並んでいますが、まずはこのSPF値とPA値をチェックしてみてください。

紫外線B波を防ぐ効果の大きさを表すのがSPF値で、紫外線A波を防ぐ効果を表すのがPA値です。この数値が高いほどUVカット効果が高くなります。

真夏のレジャーなどでは、UVカット効果が低いものを利用すれば紫外線による肌ダメージが大きくなるので、SPF値が50はあった方が安心です。

そして、紫外線量の低くなる秋冬や、近所までのお買い物程度の外出ならSPF数値は10~30もあればいいでしょう。お肌への負担も考慮しながら、効果的に日焼け止め用品を使っていきたいものです。

日焼け止めのタイプとそれぞれの特徴とは?

日焼け止め選びの際には、テクスチャーにも注意しましょう。

例えば、ジェルタイプは伸びがよく軽いつけ心地が魅力で、足や腕など全身にも塗りやすいので広く使えます。

また、ミルクタイプはノンケミカルのタイプが多く、お肌にやさしい傾向があるので顔用に選ぶことをおすすめします。

一方、クリームタイプは、ウォータープルーフタイプが多く、防水性・保湿力が高いので落ちにくいのが特徴です。

特に、夏の海やレジャー用におすすめです。

ただ、普通の洗顔料でも落ちるタイプなのか、それともクレンジング剤が必要なタイプなのかについても注意してください。

クレンジングによってお肌がダメージを受けることが多いので、できるなら普段使いの日焼け止めは普通の洗顔料で落とせるものを選びましょう。

肌質によって含まれる成分にも注意して!

日焼け止めは、肌に直に塗るものなので、含まれている成分にも注意して選ぶことが大切です。

特に、肌質が敏感な人や子供には、低刺激性のものがおすすめです。

参考⇒敏感肌の効果的なスキンケア方法は?【オーガニックが人気!】

たとえば、紫外線吸収剤は多くの日焼け止めに含まれている成分ですが、肌への刺激となりやすいので注意しましょう。敏感肌の人や子供用には紫外線吸収剤不使用のものを選ぶことをおすすめします。

肌の水分が蒸発する女性のイラスト

敏感肌向けのコスメブランドなどでは、紫外線吸収剤不使用でノンケミカルの日焼け止めが販売されています。

参考⇒敏感肌におすすめの化粧水は?【口コミでの人気はコレ!】

少し値段は高いですが、毎日使うものなので安心して利用できるものを選びたいですね。

ほかにも、敏感肌の人は日焼け止めの成分による肌ダメージが気になるので、帽子や日傘なども併用してできるだけ弱めの日焼け止めを使って紫外線対策をするように努めましょう。

化粧品やUV対策コスメで紫外線にバイバイ!【日焼け止めには注意?】のまとめ

紫外線対策に欠かせない日焼け止めですが、日焼け止めといっても商品ごとにその効果や塗り心地、含まれている成分は実にさまざまです。特に、日焼け止めに含まれている成分によっては、肌トラブルの原因となるものもあります。ですから、肌の弱い人は配合されている成分もしっかりチェックしてから使用するようにしましょう。UVカット効果を表している数値などの意味も理解し、日焼け止めの商品のそれぞれの特徴をまずよく知ることが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む