美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

シワになる原因と予防方法とは?【いつまでも若々しく!】 

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

シワは人の年齢を高く見せてしまう原因のひとつとしてあげられます。シワは1度できるとなかなか取り除くのが難しくなるため、シワの原因と予防方法を知り、実践することはとても重要です。それでは早速、シワのメカニズムについて見ていきましょう。

顔にしわがたくさんある女性

シワは年齢だから仕方ないと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、簡単にあきらめたりせずに少し気を付ける事で、目立たない様にしたり、深いシワになるのを防げるかもしれません。マッサージやUVケア身近なところから始められると思います。

スポンサーリンク

どうしてシワが出来てしまうの?増える原因は?

同じ年齢でも、シワが多い人と少ない人がいます。そのため、シワの原因は年齢によるものだけではないといえるでしょう。

シワができるメカニズムには、皮膚の機能低下が挙げられます。

皮膚は3層でできあがっており上から角質層や基底層がある表皮、皮脂腺や汗腺がある真皮、毛細血管が張り巡らされている皮下組織となっています。

表皮が原因で起こるシワは、急に痩せたり表情筋を日常的にたくさん使っていたりすることでできるのが特徴です。

表皮の機能が低下するとこれらのシワができやすくなりますが、これは皮紋と呼ばれる皮溝と皮丘によってできた模様が、加齢によって均一ではなくなったり粗くなったりするためです。20代に入ったころから皮紋は乱れていく人が多くなります。

小さな皮紋の乱れはシワを作ることはありませんが、皮溝が深くなりある一定の方向に偏ったとき線として目に見えるようなります。皮紋の乱れはスキンケアである程度予防することができます。

また、体内の水分量が不足することでも、シワができたり増えていったりしてしまいます。乾燥はシワを作る大きな原因ですが、乾燥を助長するのは水分不足です。

角質層が乾燥で荒れると肌荒れを起こしてしまい、皮紋が網目状にひび割れていきます。この状態が続くと皮溝が深くなってシワとなります。

しわがある女性とない女性

シワをこれ以上増やさないようにするために水分を摂取することは大切ですが、紫外線もまたシワを増やす原因を作るため、紫外線対策も同時に行う必要があります。

紫外線は皮膚の新陳代謝に悪い影響を与えたり、皮膚の老化現象を促進したりする、肌の大敵です。

若くても紫外線を浴びすぎるとシワになることがあるため、

  • 水分補給
  • 栄養バランスの整った食事などを実行する
  • 紫外線対策もしっかりと行うこと

が大切です。

日傘をさす女性

真皮の機能が低下することによってもシワは発生していきます。真皮はコラーゲンの繊維とエラスチン繊維などで作られていますが、繊維の間にはヒアルロン酸があります。

加齢や紫外線でコラーゲンとエラスチンが減ったり壊れたりすると、肌の弾力性が失われていきます。真皮の機能低下によるシワは表皮のものよりも深い層にできるため、取り除くことが難しいです。

ヒアルロン酸やコラーゲンをスキンケアで補給したとしても、シワが消えるということはほとんどないでしょう。そのため、真皮によるシワを作らないように予防策を実行することがまず重要です。

真皮性のシワの大敵は紫外線なので、日焼け対策が有効です。

日傘や帽子をかぶるだけでは紫外線は防げないので、UVカット効果のある化粧品や、紫外線をたくさん浴びてしまったと感じたら抗酸化作用のあるスキンケア用品で肌をケアしてあげてください。

シワは消せるもの?種類があるって本当?

シワには大きく分けると2種類あります。

ひとつは表情ジワとも呼ばれるものです。

シワは子どものころほとんど発生しませんが、加齢とともに数が増えることは多いです。肌のコラーゲンが減少したり、癖で眉間にシワを寄せたりしていると、深く顔に刻まれることがあります。

これらのシワは年が上になればなるほど発生する確率が上がるため、あらがいがたい自然現象ともいえます。

このタイプのシワは、顔の筋肉が老化したりハリがなくなったりすることで起こりやすくなるため、予防としては

  • 「同じ顔の表情をし続けないこと」
  • 「顔の体操をして筋肉を和らげること」
  • 「スキンケアや化粧などで顔にハリと弾力を与えること」

が挙げられます。

ものを見るときや考えごとをするときに眉間にシワを寄せる癖がある人は、メガネをいつも携帯したり考えごとをするときは下を見るようにする癖をつけるなどで、対策をしてください。表情ジワは特に目元がシワになりやすいため、気をつける必要があります。

もうひとつのシワの種類には、乾燥ジワがあります。乾燥ジワは肌の乾燥が進んだり、代謝が低下したりすることなどによって発生します。乾燥ジワも加齢とともに発生することが多いため、日ごろからスキンケアをして保湿をしておく必要があります。

乾燥ジワには種類があり、

  • 表皮性のシワ(ちりめんジワ)
  • 真皮性のシワ(紫外線ジワ)

に分かれます。

真皮性シワは表皮性シワや表情ジワとは違い、深いシワにつながりやすいです。そのため、真皮性ジワの方ができてしまったときに取り除くのが厄介なので、普段から注意して対策をしておく必要があります。

乾燥ジワができやすいのは、皮膚が顔の中でも薄い目元です。目元には皮脂腺も少ないので乾燥しやすいのも原因のひとつです。

表情ジワも乾燥ジワも目元がシワになりやすいので、特に目周辺のケアはしっかりとしておく必要があります。

できてしまったシワを消したいという人は多いことでしょう。しかし、シワは種類によっては消せるものと消せないものとに分かれます。シワのある部分をそっと指で伸ばしてみて、シワが消えるようなら消せる可能性は残っています。

しかし、指で伸ばしても線が刻まれているものは老化が原因のこともあるため、消すことはむずかしい傾向といえます。ただし、根本的に消すことはできないかもしれませんが、スキンケアや化粧で目立たせなくすることは可能なので、肩を落とさずに対策をしていきましょう。

紫外線や加齢で… シワになってしまう理由は?

すでに述べたように、紫外線はシワを作ってしまう大きな原因となります。

では、いったいどうして紫外線によってシワができてしまうのでしょうか。

真皮の中にはコラーゲンとエラスチンがあり、それらが真皮を支えています。紫外線が当たるとコラーゲンは傷ついて切断されてしまい、エラスチンを変化させてしまう酵素を分泌していきます。

コラーゲンもエラスチンも肌の弾力を作るもののため、紫外線によってその両方が失われると肌から弾力性がなくなり、たるんだりシワになったりしていきます。

紫外線の恐ろしいところは、わずかな紫外線を浴びただけでも、数時間後にはコラーゲンを傷つけてしまうことです。

ちょっと近所に出かけるだけの数分間でも紫外線対策をしなければ、肌に大きなダメージを与える原因を作ってしまいます。

子どもは新しくコラーゲンやエラスチンを作る能力が優れているため、紫外線を浴びてもシワになることはありませんが、加齢とともに新しくコラーゲンやエラスチンを作る能力は低下していきます。その結果、紫外線を浴びると切断されたコラーゲン繊維が真皮に残留してしまい、シワの原因を蓄積していってしまうのです。

シワを作らないためにはできるだけ紫外線を浴びないようにするとともに、傷ついたコラーゲンを真皮に蓄積させないよう、代謝を活発化させることも重要となります。

シワの原因は必ずしも紫外線だけではなく、乾燥によって起こることもあります。乾燥はシワを作る大きな原因ですが、肌が乾燥すると角質層の表面がひび割れていきます。その結果空いた溝の部分からさらに水分が蒸発していき、乾燥がどんどん進んでいってしまいます。

乾燥が進む根本的な原因は加齢にあります。

健康的な肌であれば、スキンケアを特に行わなくても乾燥することはありません。しかし、20代に入ったころからは角質部分の保湿をしているアミノ酸と角質細胞の間にある細胞間脂質の量が減少していきます。老化は自然現象なのでくいとめることが難しく、乾燥はいずれすべての人に起こりうる問題です。

ただし、乾燥は小ジワを作る原因となりますが、スキンケアをしっかり行えば予防することは難しいものではありません。

また、毎日適量の水分を摂取することで、体の内側から乾燥を防ぐことが可能です。シワになってしまう理由には紫外線と加齢がありますが、加齢はある程度しょうがないものの、紫外線と加齢からくる乾燥は努力次第で軽減させることができます。

シワを予防するために!直すべき習慣

シワ予防のためには、日常的に行っている習慣で改善すべき悪習慣をやめることが効果的です。意外なことでも顔を老けさせてしまう原因となるので、以下の習慣に心当たりがある人は今日からすぐにやめるようにしましょう。

・頬杖をつく習慣

デスクワークをする人に多い頬杖ですが、頬杖は顔の片側に強い力がかかります。顔の骨格がゆがんでしまうとともに、頬杖をつく側の目元や口元にシワができやすくなります。頬杖に気づいたらすぐにやめて、姿勢を正しましょう。

・熱いお湯で洗顔する習慣

乾燥はシワの大敵ですが、洗顔するとき熱いお湯で顔を洗っていると、肌の乾燥が進んでしまうことがあります。熱いお湯は肌を保湿する角質を傷つけることがあり、皮膚を守る役割を持つ皮脂を流してしまう可能性もあります。

シワを作らないためには極力肌に刺激や負担をかけないことが大切で、熱いお湯での洗顔は避けるべきといえます。

同様に、シャワーを直接顔に当てて洗顔するのも避けたほうが良いでしょう。特に熱いお湯が出ているシャワーで洗顔することは、顔の乾燥を進ませる大きな原因となるので注意してください。

また、洗顔する際は目元周辺のメイクはしっかり落とすように心がけましょう。

アイメイクをそのままにして長時間放置しておくと、目元にダメージを与えます。目の周辺にシワが多人は、アイメイクが毎回綺麗に落とされていない可能性があります。洗顔方法を見直してみてください。

・喫煙やアルコールの習慣

タバコを吸っていたり、お酒を大量に飲んだりする人には、シワのリスクが高まります。

喫煙はコラーゲンの生成を抑制してしまうので、真皮にシワが深く刻まれる確率を上げます。アルコールには利尿作用があるため、過度に摂取すると体内から水分がどんどん出ていってしまい、肌の乾燥が助長されます。

タバコもアルコールも直接シワを作るのには関係しませんが、それらが原因となり巡り巡ってシワができることがあるため、アンチエイジングのためにはできるだけ控えるようにしましょう。

・横向きに寝る習慣

眠るときに顔と体を横に向けて寝る人は多いかもしれませんが、実はこの姿勢を長時間保っていると、シワやたるみができやすくなります。重力により顔が一方行に引っ張られるため、眉間のシワやほうれい線がくっきりと出てしまう可能性があるからです。

シワを予防するためには仰向けで寝ることが重要です。仰向けなら顔のどこにもシワやたるみを発生させずに済むことでしょう。夜無意識に寝返りは打つものの、睡眠中の数時間顔に一定の力をかけ続ければ、いずれはシワになってしまいます。横向きやうつ伏せで寝る習慣のある人は、今日から仰向け姿勢に変えてください。

また、睡眠中に歯ぎしりを指摘されたことがある人は、マウスピースなどで治すことをおすすめします。顔がゆがむとシワができる確率が上がります。

・塩分の高い食事をとる習慣

外食やコンビニ弁当など塩分が高い食事を習慣的に摂り続けることで、結果的に肌に負担をかけてシワを多くしてしまうかもしれません。塩分を過剰に摂りすぎると、肌へ栄養分が行き渡らなくなる可能性があります。その結果肌の老化が進み、肌が傷ついてしまったときに修復するのが遅くなります。

・ダイエットの習慣

健康になるための適度なダイエットは問題ありませんが、過度なダイエットはシワを作る大きな原因となります。栄養分が肌に行き渡らず肌の代謝を妨げたり、急に痩せることで肌がたるんでシワを作ったりするからです。

ダイエットは長いスパンで行うことで、肌に負担をかけずに済むことでしょう。

改善や予防にはぴったり!シワに効くツボとマッサージ方法

シワができやすい部位の目元ですが、ツボもまた多く存在しているので、適切なマッサージを行って目元のシワを改善していきましょう。

血行を改善して小ジワにも効果があるのは、攅竹(さんちく)と呼ばれるツボです。眉頭の端のほうにあるへこんだ部分が攅竹です。マッサージ方法は人差し指で上へ持ち上げるように押すことです。強く押さずに優しく指の腹を使って押してください。左右の眉頭を5秒程度押しゆっくり離す方法を5セット行いましょう。

絲竹空(しちくくう)というツボは、目尻のシワを予防する効果があります。

絲竹空は眉尻の外にある骨のくぼみにあり、シワ以外にも顔のむくみを解消する際にも役立ちます。マッサージは中指の腹で軽く5回程度押します。四白(しはく)は目の下で小鼻の隣にある目元のシワに効果的なツボです。左右の2カ所にあるので、2カ所とも押しましょう。

口周りのシワを解消するには、広角の外にある地倉(ちそう)が有効的です。優しく5回程度押して刺激を与えます。承漿(しょうしょう)もまた、口周辺のシワに効果があります。地倉と同じく5回程度軽く押すように刺激してください。

眉間のシワを改善させるマッサージは、人差し指と中指の腹を使って眉間部分を優しく5秒程度押し、両方の手の指で額からこめかみにかけて軽くさするようにマッサージを10回行います。その後は眉間のシワを広げるような感じで眉間から生え際へと指を動かしていき、生え際に持ち上げた肌は10秒間そのまま保ちます。

ツボ押しマッサージは、1日数分あればできる簡単で効果的な方法です。しかし、間違えた方法で実行してしまうと肌を傷つける可能性があり、逆にシワを作る原因を作ります。ツボを押すときは強く押したりこすったりするのは絶対に避けましょう。

爪が長い人はツボ押しマッサージをする前に短く切っておくことをおすすめします。爪が肌に食い込むとそこからシワが発生する可能性があるので注意が必要です。

マッサージをする前は手にマッサージのためのクリームを塗って、手全体を人肌に温めてから行うとなお効果的です。特に目元は肌も薄くデリケートな部分のため、マッサージを行う際は十分注意を払いながら行うようにしてください。

 

クリームを手に取る様子

顔筋体操が効果あり?シワ予防のエクササイズ

シワ予防には、顔筋体操も効果的です。表情筋を柔らかく保つことで、シワができにくい状態を作ることができます。やり方は舌を使って口の内側からほうれい線をなぞります。左右3回程度行った後、片方ずつ頬に空気を入れます。これを1セットとして、3回繰り返しましょう。

口明ける

ほうれい線と口周りのシワに効果があります。

もうひとつほうれい線に効く方法は、口を真一文字に横に引き伸ばし、その後手前側に突き出す体操です。それぞれ5秒程度形をキープして、3セット繰り返します。目元のシワに効果がある顔筋体操は、目に力を入れ目の周りを緊張させます。その際は眉間にシワが寄らないように注意してください。目の周辺の筋肉を意識すると、うまくいくことでしょう。

顔のたるみを予防してシワの原因を取り除きたい場合は、「あいうえお体操」も効果的です。

あいうえお体操はそれぞれの言葉をいうときに口を大きく開けて、目もその言葉を発するときにできる口の形に合わせます。どの言葉を発するときも顔の表情を10秒間キープします。1日3セット以内を目安に行いましょう。

顔筋体操は表情筋を和らげてシワを作りにくくする効果がありますが、やりすぎると負担がかかったり逆にシワを作ったりする可能性があるものです。体操を実践するときは回数を守り、必要以上にやりすぎることのないように注意しましょう。

UVケアでシワ予防しちゃいましょう!スキンケアテクニック

シワの原因となる紫外線に有効的なUVケアには、日焼け止め、日傘や帽子、長袖シャツの着用などがあります。いずれの方法も紫外線を直接肌に触れさせないことで、UVケアを行っています。しかし、正しいUVケア方法を知らないと効果が期待できないことがあるので、自分が行っているUVケア方法を確認しておきましょう。

・日焼け止め

日焼け止めにはPAとSPFがあります。PAには長年肌に蓄積してシワの原因となるUVのA波を防ぐ効果が期待できます。PAは日焼け止めには+の数で強さが表示されており、+が1つなら何もつけていない状態の素肌の2倍、2つなら4倍、3つなら8倍以上の効果があるということになります。

SPFはUVのB波をカットする効果があり、強さの表記は20や50などの数字で表されています。SPF50の場合は素肌に比べて50倍ものB波をカットするため、大変効果的です。

B波は肌を黒くしてしまうものなので、できるだけ避けるべきものだといえます。ただし、必要以上に強い効果のある日焼け止めは肌に負担をかけるため、注意が必要です。数字が大きければ大きいほど効果的というわけではないため、何時間外に出る必要があるかをきちんと計算して、状況に合ったものを選んでください。

・日傘や帽子

日傘や帽子だけで紫外線をカットするのは大変難しいといえます。日焼け止めをつけない状態で日傘や帽子で影を作っても、紫外線は少なからず肌に当たり日焼けしてしまいます。日傘や帽子を使う場合でも日焼け止めはつけるようにしてください。

・長袖シャツ

長袖シャツはある程度紫外線をカットする効果が期待できます。特にUVカット効果がある生地を使ったものは、日焼け止めをつけたのと遜色ないくらいUVケア効果があることでしょう。ただし、長袖でもレースのものにはほとんどUVケア効果はないので、気をつける必要があります。

シワに良い食べ物はあるの?肌を潤わせる食事がポイント

シワ対策は外側からだけではなく、体の内側から行うことも大切です。

シワに効果的な食品を摂取して、適切な予防を行いましょう。真皮を作る成分の一種であるコラーゲンは、食品から摂取することが可能です。

コラーゲンを多く含む食品は、

  • 鶏皮や牛スジ
  • スッポン
  • 大豆

などです。

大豆はイソフラボンも含まれているため、ダブルで肌に良い効果が望めるでしょう。女性ホルモンが増加することでコラーゲンの濃度も上がるといわれているため、イソフラボンを含んだ食品も積極的に摂取することをおすすめします。

抗酸化作用があるビタミンEを多く含んだ食品には、代謝を高めるアンチエイジング効果が期待できます。

ビタミンEは、

  • うなぎ
  • ごま
  • アーモンド
  • かぼちゃ
  • アボガド

などにたくさん含有されています。ビタミンEの摂取上限値は高めなので、日常的に積極的に摂りたい栄養分です。

コエンザイムQ10もまた、抗酸化作用とアンチエイジング効果があるとされており、摂取しておきたい成分のひとつです。

こちらは

  • 青魚
  • 豚肉
  • 大豆

などに多く含まれています。

セラミドは肌の保湿を助ける効果があると考えられるため、シワ予防には最適な成分です。セラミドには美肌効果があるとする意見もあるため、シワ以外にも肌全般に良い効果があると見込めます。セラミドは米や小麦、大豆、牛乳などに多く含まれています。

また、コラーゲンの生成を助けるオメガ3脂肪酸も、積極的に摂取したい食品といえます。

オメガ3脂肪酸は、

  • イワシなどの青魚
  • ほうれん草
  • 大豆

などに含まれています。

以上のことから、大豆はシワ対策にかなり有効的な食品であるといえます。それぞれ苦手な食品があったとしても大豆を摂取すれば比較的満遍なくシワ対策ができるため、大豆はアンチエイジングの味方になってくれることでしょう。

大豆を煮ですくう

まとめ

シワには大きく2種類があり、取り除けるものと取り除けないものとに分かれますが、ベストな方法はシワができるのを防ぐことです。予防法を理解し実践することで、シワの少ない若々しい顔になれることでしょう。シワ対策には日焼け止めやスキンケア、顔筋体操やツボ押しマッサージなどの外部から行うものもあれば、水分補給や肌に良い食べ物を摂取する内部からの対策もあります。どちらか一方に偏ることなく両方を同時に行うことで、シワ予防はより効果を発揮することでしょう。いつまでも若々しく健康的にいるために、ぜひ予防対策を実践してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む