美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

エステサロンやクリニックでは全身脱毛を行うことができますが、高い効果を得るなら永久脱毛をうたっているクリニックのほうが良いでしょう。クリニックで扱える脱毛器は複数あり、どれもレーザーを使って行うのでより効果を実感しやすくなっています。今回は、クリニックで扱われている脱毛器の中から、ダイオードレーザーについて解説していきます。

ダイオードレーザーを使った医療脱毛は、肌質や毛質で合う・合わないがあるため、知識を深めておかないと施術後に肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。ダイオードレーザーの特徴を知って、トラブルのない脱毛を行いましょう。

スポンサーリンク

何が違うの?ダイオードレーザーの効果

クリニックで導入されている脱毛器は、アレキサンドライトレーザー、YAG(ヤグ)レーザー、ダイオードレーザーの3種類です。ダイオードレーザーが他の脱毛器とどう違うのかを知るために、他の脱毛器の特徴からみていきましょう。

まずアレキサンドライトレーザーですが、肌トラブルが少ないので安全性が高いといわれている脱毛器です。多くのクリニックで導入されていますが、産毛にはほとんど効果がなく、日焼け後や肌がもともと黒い人は施術を受けることができないのが特徴です。

これはレーザーが黒いメラニン色素に反応してしまい、黒い肌ではレーザーの影響を大きく受けるため肌質が制限されるのがデメリットです。

次にYAGレーザーですが、こちらも安全性が高く火傷等のリスクが低くなっています。

しかし、効果の持続性が低く痛みを感じやすいといわれているので、永久脱毛したい人や皮膚が弱い人には向きません。

この2つの脱毛器が抱えるデメリットを解消できるのが、ダイオードレーザーです。

ダイオードレーザーは、照射したレーザーが皮膚の表面を通過し、毛穴の毛母細胞を破壊します。毛母細胞が破壊されると毛が抜けるので、これにより効果的に脱毛を行うことができます。

さらに、毛根や細胞が破壊されると毛が生えてくることはなくなるので、永久的に脱毛の効果を実感することができるのです。

成長期・退行期・休止期の毛のサイクルに合わせて行う必要があるため、効果のない休止期には施術できません。永久脱毛する場合は、数回施術を行う必要がありますが、他の脱毛器と違い毛質や肌質を選ばずできるので、脱毛に関するあらゆる悩みに対応可能です。

ダイオードレーザーを選ぶメリット

ダイオードレーザーは脱毛効果が絶大です。

脱毛器の効果は毛根を破壊して脱毛を行うか、刺激を与えて成長を抑制するかで大きく変わってきますが、レーザーの場合は出力の高さも関係してきます。その点、ダイオードレーザーは、他の脱毛器よりも圧倒的な出力の高さで施術を行うことができます。

また、1照射におけるパルス持続時間が3/1000秒となっています。つまり、皮膚にレーザーを当てる時間が非常に短いので、施術時間が大幅に短縮できるのです。

出力のジュール数を見てみると、ダイオードレーザーは40ジュールとなっていますが、他の脱毛器はおよそ20ジュールです。出力が高ければ高いほど火傷などのリスクが高まるといわれていますが、高出力である40ジュールであっても皮膚トラブルを引き起こさないのがダイオードレーザーの大きなメリットです。

皮膚へのダメージが最小限に抑えられるということは、脱毛の部位が制限されないということです。デリケートな部位であっても施術が行えるので、これまでしたくてもできなかった部分も問題なく施術が受けられます。

さらには、アレキサンドライトレーザーの照射野が円形でムラになりやすいのに対し、ダイオードレーザーは四角形になっています。脱毛のムラができにくいので二重照射の必要がなく、肌への負担を減らし施術時間も短縮できます。

またダイオードレーザーは、痛みや感染症のリスクが高い針脱毛とは大きく異なるため、安全で衛生的であるということもメリットです。針脱毛は、肝炎やAIDSといったリスクが高いので避けたほうが無難です。

ダイオードレーザーが適している箇所&肌質

ダイオードレーザーは肌に吸収しやすいという特徴があるため、どの毛にも効果的です。施術で断られやすい顔から、肌トラブルのリスクが高いVIOまで全身脱毛することも可能です。

一般的な出力では難しいとされている産毛や細い毛も、問題なく脱毛できます。特に、背中や顔、乳首まわりに生えている産毛に効果を発揮しやすいといわれています。

肌質も選ばないため、エステサロンやクリニックで施術を断られてしまった人でも脱毛を行うことができます。敏感肌の人やアレルギー体質の人であっても、安全に施術を受けることも可能です。

出力を細かく設定することができるので、レーザーが反応しやすい日焼け・地黒肌の人でも問題ありません。

医療脱毛は効果が高いので、エステサロンで行う光脱毛よりもリスクが高いといわれています。そのため、毛質や肌質で制限を受ける人も少なくありません。しかし、ダイオードレーザーはアメリカにあるFDA(食品医薬品局)から効果の高さと安全性の認定を受けた特殊な脱毛器です。

これまで脱毛を行っても効果を実感できなかった産毛や、肌質が原因で施術できないといった悩みを解消するのに最適な脱毛器といえるでしょう。

ダイオードレーザーは、一般的に数カ月ごとに脱毛を行い、1~2年で施術を終えることができます。脱毛の効果を実感できるのは3回ほど回数を重ねてからといわれていますが、完全脱毛以外に毛を薄くしたいといった要望にも応えることができます。

出力の細かな調整がききますし、照射回数を制限すれば毛を薄く量を減らすことも可能です。あらゆる毛質や肌質に適した脱毛器といえるでしょう。

シミや黒ずみも改善できる!美肌効果

ダイオードレーザーは、IPL(インテンスパルスライト)方式で行われている脱毛です。これはもともと脱毛のためというよりも、美肌効果を得たい人向けの美顔施術専用のものでした。

メラニン色素に反応するレーザーは、毛穴にある細胞にまで届いて効果を発揮しますが、それと同時に体内に蓄積されたメラニン色素を破壊してくれる働きを持っています。つまり、気になるわきの黒ずみや顔にできたシミ・そばかすも改善することが可能なのです。

そばかすの女性のイラスト

汗やにおいなどを緩和する効果もあるため、体臭が気になる人にも適しています。

脇が黒ずんでいる女性のイラスト

さらには、レーザーの熱によって負荷がかけられた毛穴が、それに対抗しようとコラーゲンの生成を活性化させるので、ハリ・ツヤといった美肌効果も期待できます。

ダイオードレーザーは皮膚のくすみや色素沈着といった幅広い皮膚の悩みを改善するのに効果的なので、美肌目的でダイオードレーザーを選択するという女性も増えてきています。その確かな効果を期待できることから、実際にシミ治療に導入している美容クリニックもあります。

洗顔後のすっぴん女性

ダイオードレーザーは、多くの肌トラブルに対応できるので、ニキビ治療にも使われることが多いです。ニキビができるのは、毛穴に詰まった皮脂がアクネ菌を繁殖させ炎症を起こすのが主な原因ですが、レーザーを照射することでアクネ菌を殺菌して炎症を鎮めます。

ニキビができている女性のイラスト

余分な皮脂まで排出してくれるので、ニキビができにくい肌にすることも可能です。ダイオードレーザーは脱毛と美肌を得られる、女性にとってうれしいメリットがたくさんある脱毛器といえます。

医療脱毛は痛い?ダイオードレーザーの痛みはどの程度?

ダイオードレーザーは毛根を直接破壊するため、本来であれば強い痛みを感じますが、痛みを抑えられるように工夫を施し設計されています。

その工夫とは、照射時間の短さです。レーザーが皮膚へ当たる時間を大幅にカットできるので、肌に伝わるダメージを限界まで抑えることができます。

左腕を触る女性のイラスト

さらに、IPL方式を用いた脱毛器の中でも、高い効果が得られるうえに痛みを感じにくい深さにレーザーが届くので、他の脱毛器に比べて大きな痛みを感じません。

YAGレーザーの場合はダイオードレーザーよりも深く熱が届きますが、皮下組織にまで及んでしまうので強烈な痛みを伴います。

アレキサンドライトレーザーの場合は、皮下組織まで熱が届かないので痛みを感じにくいですが、ダイオードレーザーよりも脱毛効果が弱くなってしまいます。

ダイオードレーザーは、毛根細胞にまで届いてアプローチするので大きな脱毛効果を得ることができ、皮下組織にまで届くことがないので痛みを感じにくくなっています。痛みを軽減しつつ高い脱毛効果を得られるのは、ダイオードレーザーの強みといえるでしょう。

また、ダイオードレーザーには冷却ガスが搭載されているので、熱による肌表面の温度が上昇するのを防いでくれます。冷却ガスはレーザーが照射されたと同時に噴出されるので、皮膚が一時的に麻痺して効果的に痛みを抑えることが可能です。

施術前に皮膚を念入りに冷やしますが、痛みが心配な場合はテスト照射を行ってもらうこともできますし、麻酔で対応してくれるクリニックもあるので相談してみるのが良いでしょう。

こんな人にぴったり!ダイオードレーザーの使用に適した人

ダイオードレーザーの脱毛にぴったりなのは、痛みをできるだけ少なくして医療脱毛をしたい人、高い効果が期待できる医療脱毛を行いたい人です。

レーザーを使った医療脱毛は、痛みのせいで施術する勇気がないという人が多いですが、ダイオードレーザーは痛みを軽減できるように設計されているので安心して施術に臨むことができます。

また、エステサロンでの脱毛は痛みや肌トラブルが少ない分、満足のいく効果を実感できないことがあるので、剛毛で悩んでいる人や産毛を脱毛してつるつるの肌を手に入れたいという人に向いているでしょう。

毛質や肌質を選ばないので、全身脱毛を行いたいという人、肌が弱い人にもぴったりです。皮膚が薄い顔やデリケートなVIOも脱毛したいと希望する人はダイオードレーザーを選ぶのが良いでしょう。

肌のダメージを受けやすい人は、刺激が強いレーザー脱毛を断られることもめずらしくありません。敏感肌やアトピー肌の人で脱毛をあきらめている人などは、ダイオードレーザーを導入しているクリニックへ足を運んでみてください。

地黒肌の人や日焼けをしている人も施術することが可能です。基本的に、日焼けをした肌はダメージが蓄積されているので半年程度回復を待つ必要がありますが、最近日焼けをしたという場合でもすぐに施術を受けることができます。

クリニックによっては、日焼け部位は行っていないところもあるので、心配な人は一度確認してみましょう。

美肌効果もあるので、脱毛をしつつ肌トラブルを改善したいという人にも向いています。

ダイオードレーザーとの相性が良くない人

効果が高く安全に施術できるのが特徴のダイオードレーザーであっても、相性の良くない人の特徴がいくつかあるのでそれぞれ解説していきます。

まず光過敏症の人です。光過敏症とは光アレルギーを持つ人のことで、光の感受性が高いためにけいれんや失神などの発作症状を起こす、てんかんのリスクが高くなっています。

日光によってじん麻疹が出ることもあるため、光を当てるレーザー脱毛を行うことはできません。

紫外線 日差し

心臓疾患や出血性疾患がある人もNGです。レーザーの光や熱による刺激が引き金となって、症状が悪化したり発作を起こしたりする可能性があるからです。狭心症や心筋梗塞の疑いがある人などは、施術を断られることがあるので覚えておきましょう。

クリニックでは施術前に血液検査を行うので、HIV陽性の人など血液に異常がある場合は施術を受けることはできません。脱毛する部位に皮膚疾患がある場合も同様です。

皮膚がんがある場合は皮膚への負担を避けなければならないですし、皮膚病がある場合は服用している薬が原因で副作用を起こす危険性が高まるからです。

妊娠中の人は、直接レーザーが胎児に影響を及ぼす可能性はないとされていますが、ホルモンバランスが乱れやすい状態であるため、レーザーによる影響も重く考えたほうが良いでしょう。

ダイオードレーザーは、皮膚へのダメージを最小限に抑えることができ痛みも少ないといわれていますが、ちょっとした体調の変化でもトラブルは発生します。ダイオードレーザーに限らず、施術を受ける際は体の調子が万全のときに行うようにしましょう。

医療脱毛ダイオードレーザーを解説【産毛にもしっかりアプローチ】のまとめ

ダイオードレーザーの魅力は、毛質を気にすることなく脱毛を行えることです。産毛や細い毛が残っていれば気分が沈んでしまいますし、全体の印象が暗くなるなど肌色にも違いが出てくるものです。産毛が処理できないことで、施術後に自己処理していたという人も多いでしょう。ダイオードレーザーを使用すれば、エステサロンやダイオードレーザー以外のレーザー脱毛で満足できなかった人でも高い効果が期待できます。肌へのダメージも少なく済むので、レーザー脱毛が苦手な人でも安心して施術に臨めます。ダイオードレーザーで、これまでの脱毛では叶わなかった美肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む