美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

vioのお手入れは医療脱毛が効果的?【その理由を解説!】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

vio脱毛は、衛生面やマナーとして若い人だけでなく幅広い人に利用されています。興味があるけれどまだやったことがないという人も多いのではないでしょうか。そんな方のために、医療脱毛で行うvioの効果や痛みの有無などについて徹底的に解説していきます。

vioの医療脱毛を受けることができるクリニックは、店によって特徴に違いがあります。自分がどのクリニックに向いているかの見極めも重要になってくるので、店舗に足を運ぶ前にできるだけ正しい知識を身につけておきましょう。脱毛の種類などについても説明していくので、vio脱毛をすでにしているという人もぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

vioの毛が濃いのが悩み…医療脱毛の効果はどれくらい?

剛毛だから医療脱毛をしても効果が得られないかも、と不安に感じている人もいるかもしれません。ですが医療脱毛は毛が太いほうが効果を実感しやすいといわれているのです。

なぜなら、クリニックで行われるレーザー脱毛は、黒い色にのみ反応するという特徴があるからです。

医療脱毛ではレーザーが一般的ですが、このレーザーをvioに当てると、照射された熱が黒い毛に吸収され毛根にまで届きます。

届いた熱は毛根にあるメラニンと反応して、毛根組織である皮脂腺開口部を破壊することで脱毛していきます。

vioの毛は、足や腕よりも太く濃いです。そのため、レーザーの反応が良くなり脱毛がスムーズに行えるので、施術後に薄くなったという実感を持ちやすくなるのです

反対に、薄い毛の中にはメラニンが少ないため効果は下がってしまいます。

メラニン色素はどの毛穴にも存在していますが、もともと薄毛の人は剛毛な人に比べて極端に少ないので、レーザーは反応しにくくなります。

医療脱毛の効果は高いといわれていますが、もちろん1回ですべて脱毛できるというわけではありません。

毛には一定のサイクルがあり、成長期と退行期、休止期で成り立っています。

髪の成長サイクル

成長期はメラニンがもっとも多いため、その付近に行うのがベストなのです。

成長期でも表に見えるメラニン色素は全体の一部となりますが、全身脱毛において体毛の中で毛が濃いvioは特に効果を実感しやすいパーツです

剛毛だから今までなにをしても満足できる効果が出なかったという人でも、安心して受けられるのが医療脱毛といえるでしょう。

光脱毛と医療脱毛… 選ぶならどっち?

光脱毛と医療脱毛でどのような違いがあるのか、どちらを選べば良いのか、それぞれの特徴をみていきましょう。

エステサロンで行う「光脱毛」

まずは光脱毛から説明していきます。光脱毛とはエステサロンで行われる脱毛のことで、毛根を刺激して成長を抑制していく方法です。

永久脱毛ではないため、半永久的な効果が得られる不再生脱毛となっています。

広範囲に光を当てるのが特徴ですが、出力は一定に抑えられているので肌が受ける刺激はほとんどありません。そのため、肌が弱い人や痛みに弱い人は光脱毛が適しているといえます。

対して「医療脱毛」とは

医療脱毛の場合は、集中的に熱を放射して毛根を破壊させるため、威力が強く、医療従事者のみ扱うことができます

高い脱毛効果が得られるので回数はエステサロンよりも少なく済みますし、永久脱毛なので毛がすぐに伸びてくるということはありません。

回数を少なくしたい人や、脱毛の効果を持続させたいと望む人に向いているといえるでしょう。

医療脱毛は効果が高いため、1回における料金は高めに設定されていることが多いです。そのため、値段が安い=光脱毛、値段が高い=医療脱毛という認識を持っている人も少なくありません。

しかし、エステサロンはあくまで毛の成長を抑制するためのもので永久脱毛ではありません

効き目の弱いエステサロン脱毛は施術回数が増えやすく、満足のいく効果が得られる可能性が低いこともあります。

効果を実感するために回数が増え、結果的に料金が高くなるケースも多いため、トータルコストを抑えられる医療脱毛のほうがお金を節約したい人向けの脱毛といえるでしょう

vioのお手入れ!完了回数と料金の目安を紹介

まずは、効果を感じ始める回数と期間の違いについて説明していきます。

医療脱毛では1~3回、期間は約6カ月が目安。
エステサロンでは3~5回、期間は約1年半が目安。

永久脱毛とうたえる医療脱毛のほうが少ない回数で効果を確かめることができ、実感できるまでの期間も短くなっています

毛の周期と合わせて行う脱毛は、どうしても一定の期間をおいてからでないと受けることはできません。連続で行うことができないので、一度の効果が低いとその分回数も期間も長くなってしまうのです

続いて毛が薄くなったと感じるまでの回数と期間についてです。

医療脱毛は3~5回で約1年が目安。
エステサロンは6~11回で約2年が目安。

効果を感じ始めてから毛が薄くなったと感じるまでの間は半年から1年ほどかかるので、回数をどれだけ抑えられるかも選ぶうえでの大きなポイントとなってきます。

最後は、ツルツルになるまでの回数と期間です。

医療脱毛では6回以上で約1年半が目安
エステサロンでは12回以上で約3年が目安。

料金で見てみると、1回の施術が高いとされる医療脱毛と、安く受けられるエステサロンでは、トータル的にみてそれほど差はないといえます。

クリニックではvio脱毛セットのプランを選べることも多く、そちらを選ぶと5回の施術を約60,000円で受けられるクリニックもあります。

エステサロンはラインごとに料金が違っていて、vioすべてを脱毛した場合8回で3,6000円かかる店もあり、ツルツルを実感できる12回で計算してみると5,4000円となるので、5,000円ほどしか違いはありません。

vioの医療脱毛は痛い?

レーザー脱毛は黒い色に反応するので、毛が通常よりも太かったり皮膚が黒ずんでいたりすると痛みが伝わりやすくなります。また骨が近いことで痛みが全体に響きやすいという特徴もあります。

では、Vラインの場合はどれくらいの痛みがあるのでしょうか。

Vラインとはビキニラインの略で、パンツを履いた時の足の付け根のラインを指します。毛が太く量も多いので強い痛みを感じやすい箇所ですが、色素沈着が少ないので想像していたよりも痛みが少なかったという意見もあります。

次にIラインですが、こちらは女性器周辺の縦ラインのことです。生理によるムレやかゆみによる不快感に悩まされることがなくなるのが大きなメリットで、清潔に保ちたいという理由から脱毛を決意する人が多いです。しかし、このIラインは色素沈着しやすく女性器の粘膜に近い場所を脱毛するため、vioの中でももっとも痛みを強く感じる部位です。

最後のOラインは、お尻ではなく肛門まわりのことを指します。こちらもIラインと同じように黒ずみやすく痛みを感じやすい部位ですが、日本人女性の場合はOラインの毛は少ないので痛みを感じる人は少ないともいわれています。

vioはデリケートゾーンなので痛みをまったく感じないというのは難しいですが、毛や皮膚の状態によって感じ方は変わってきます。

クリニックでは安心して施術が受けられるように、強い痛みを感じる場合に皮膚に直接塗るクリーム麻酔をしてくれる場合もあります。他にも、吸って痛みを和らげる笑気ガスなどもあるので、頭に入れておくと良いでしょう。

どこで脱毛しよう?クリニック選びのポイントとは

施術料金やクリニックへの口コミ、通いやすい立地にあるかどうかなど一般的なポイントはいくつかありますが、今回はクリニックならではの選び方のポイントを紹介していきます。

①そり残しへの対応

医療脱毛は、脱毛したい部分を自分でシェービングしてから施術に臨みますが、vioとなると完璧に処理できない可能性のほうが高いでしょう。

そり残しがあった場合はクリニックのスタッフが処理してくれますが、別料金だと小さい金額であっても回数が重なり料金もかさみます。通い続けるには負担になってしまうので、ぜひとも確認しておきたいポイントです。

②キャンセル料金の有無

財布を持って微笑む女性

当日のキャンセル料金が発生するのかどうかも重要です。

突然生理になったり、どうしても外せない用事ができてしまったりというときは、やむを得ずキャンセルしなくてはなりません。キャンセル料が無料なところは万が一の場合にも安心です。

③施術トラブルへの対応

さらに、施術トラブルにどのように対応してくれるかも把握しておきましょう。

痛みや火傷などを引き起こしてしまう可能性もありますし、痛みを和らげるクリーム麻酔や笑気ガスなど部分麻酔を使用しているかもチェックしておくと良いでしょう。

④複数の脱毛器の導入

トラブルを防ぐためにも、痛みにくい脱毛器を使用しているかどうかも抑えておきたいポイントです。

毛質や肌質との相性によって効果が変わってくることもあるので、複数の脱毛器を導入しているかも同時に確認しましょう。部位や体質で脱毛器の使い分けを行っているクリニックだと、痛みを軽減しつつ効果をアップさせることも可能です。

脱毛前に確認!vioにもデザインは色々ある

vioは、希望すればいろいろなデザインにすることが可能です。脱毛を行う前に、どの種類があるかチェックしてみましょう。

もっともスタンダードなのは逆三角形と楕円です。

逆三角形はナチュラルに整えたくらいで、違和感をほとんど与えないデザインです。

楕円は卵のように丸みのあるデザインで、毛の面積は小さめです。かわいらしいデザインですが、逆三角形よりはナチュラル感がなくなります

水着を着るときやセクシーな下着の着用でも、心配ゼロな長方形のデザインもあります。こちらは、ムレや臭いを抑えたいという肌トラブルに悩む人に向いています

日本ではほとんど馴染みがないですが、海外でイベントのある日に人気なのがハート型です。ハート型以外にも星型やバタフライ型といったように変わったデザインは複数ありますが、場所や人を選ぶので十分考えてから行うのが良いでしょう。

このように、vio脱毛にはハイジニーナ(無毛)以外にもさまざまなデザインがあります。初めて行うという人やハイジニーナはちょっと…という人は、逆三角形や楕円から始めてみるのが良いでしょう。

デザインのほかにも、vioの毛質を変えたいという要望も実際にあります

ゴワゴワで硬い毛だとパンツから突き出てしまったり絡んで痛みを感じたりストレスの原因を作ってしまうので、毛質をやわらかくしたいと考える女性は多いようです。実は、脱毛をして毛質が変わるというのは、個人差はありますがある程度実感することができます。

毛質を変えたい場合は、一度ハイジニーナにしてから、毛が変化した後に毛を整えるというやり方が一般的です

脱毛後に気になる方多数… 黒ずみのケアはOK?

脱毛後はvioの毛が薄くなり陰部が目立ちやすくなるので、ツルツルになる頃には黒ずみが気になるという声もたくさん出てきます。脱毛後の黒ずみケアは必須となるので忘れずに行いましょう

黒ずみは皮膚へのダメージで引き起こされます。

脱毛後の乾燥した肌はバリア機能が低下してダメージを受けやすくなっているので、まずはしっかりと保湿をして皮膚のうるおいを保ちましょう

美白効果のあるスキンケアアイテムは黒ずみの解消に有効です

vio専用のものは皮膚へのトラブルの心配もないですし、保湿と美白がセットになっているものが多く販売されています。一度で2つのケアを同時に行えるので、金額を最小限に抑えることができるので試してみましょう。

脱毛後の黒ずみケアは正しい方法であれば行っても構いませんが、専用のものを使うのがポイントです。フェイス用やボディ用では効果を得ることができないばかりか、皮膚トラブルを引き起こす可能性があるのでNGです

擦れやすいvioは、他の部位よりも黒ずみやすい部分です。パンツの擦れで引き起こすこともあるので、脱毛した次の日からでも予防を始めるのが良いでしょう。

脱毛や摩擦による炎症を早く抑えるのには、冷やす+保湿のダブルケアが効果的です。

黒ずみは、施術で使われるレーザーやフラッシュによる外部刺激によってももたらされることがあります。炎症性色素沈着と呼ばれ、クリニックでは軟膏を処方することが多いですが、こちらはあくまで一時的なものであるため処方された薬を使っていればすぐに改善することでしょう。

vioのお手入れは医療脱毛が効果的?【その理由を解説!】のまとめ

医療脱毛は、そこでしか得られないメリットがたくさんあります。短期間で済ませられることや効果が高いこと、永久脱毛が受けられるなど、vioを気にする女性ならうれしいメリットばかりです。パンツから毛がはみ出るなどのトラブルに悩まされることももうありません。剛毛な場合でも安心して施術に臨めるのは医療脱毛ならではといえます。vioケアは、水着を着る前やデートの前など特別な日に向けて行うのはもちろんのこと、生理時のムレやかゆみを防ぐために始める人も増えてきています。高い効果を実感できる医療脱毛を始めて、快適な毎日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む