美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

シミ対策に美容液はあり?【使い方のポイントは?】 

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

お肌のトラブルの中でも女性にとって大きな悩みの1つとなっているのがシミです。気付いたらシミができていたという事は経験した方もいると思います。そこで、シミ対策として使用されている美容液の効果や使い方のポイントなどについて解説します。

シミ対策を毎日のスキンケアの中で十分にできていますか? お肌はとてもデリケートです。ちょっとした手抜きがお肌にトラブルを招いてしまうことがあります。シミに対しては、いろいろな方法でアプローチしていきますが、効果が高いものはどのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

まずはシミの種類を知ることが大切!

シミと一言で言ってもその種類はさまざまです。

一般的に「そばかす」と呼ばれている薄い褐色をしたシミは正式な名前を雀卵斑(じゃくらんはん)と言います。

子どもでも、できるシミで早ければ3歳ごろから表れ、思春期に目立ってくるケースが多い点が特徴です。

雀卵斑という名前のとおり雀の卵の殻の模様のような見た目で、直径数ミリ以下の米粒大の小さな色素斑が主に目の下の頬や鼻にかけて現れるなど広い範囲に見られます。原因は遺伝ですが、紫外線などの影響を受けることにより小さなシミが大きくなっていき、やがてシミ同士が合わさって大きなシミに見えてしまうこともあるのです。

30~40代、人によっては50代に現れるシミが肝斑(かんぱん)です。

通常、頬骨や額、鼻の下などの口周辺部に発症します。

色は薄い褐色をしていますが、輪郭がぼやけていてはっきりしていません。色が抜けたように見える症状もあります。肝斑の主な原因は女性ホルモンです。このため女性ホルモンのバランスが崩れやすい妊娠中やピル(経口避妊薬)の服用中には特に発症しやすい傾向があります。

左右に同じ形や大きさで対称的に現れることが肝斑の特徴ですが、老人性色素斑も左右対称で出ることがあるので、肝斑を特定する判断材料にはなりません。

シミの現れ方が肝斑と混合しやすい老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)は日光性黒子(にっこうせいこくし)とも呼ばれています。紫外線や加齢が原因となっていて、さまざまな種類のシミの中でも一番一般的なシミです。

老人性という言葉がついていますが、老人に限定して発症するものではなく、通常では40歳前後から、早い人の場合には20代後半から現れるようになります。

老人性色素斑は今で浴び続けた紫外線が積み重なって表れるものです。このため、紫外線のダメージを受けやすい肌の色が白い人や、浴びてきた紫外線量が多いアウトドア好きの人などは早い時期から発症しやすい傾向があります。

多くの場合、老人性色素斑のシミは数ミリから1cmほどの楕円形です。顔をはじめ、手の甲や腕、デコルテなど太陽の光を浴びやすい部位に見られます。

紫外線 日差し

他のシミのように茶系の色ではなく、青みがかったような色をしたシミが遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)です。青みがかった色素斑が頬のあたりに集まる「太田母斑」のようなシミが現れる症状となっています。太田母斑と異なるのはシミが発症する時期と場所です。

太田母斑は幼少期から、早ければ生後すぐにシミが表れることがあります。しかし、遅発性両側性太田母斑様色素斑は大人になってからできることが一般的です。

また、片側のみに現れることが多い太田母斑と異なり、遅発性両側性太田母斑様色素斑は両側の頬にできるという点も特徴となっています。

遅発性両側性太田母斑様色素斑についてはっきりとした原因はわかっていません。しかし遺伝が原因に関わっているという説もあります。

また、一般的なシミは表皮の中で発症しますが、遅発性両側性太田母斑様色素斑は真皮層に入り込んでいて美白化粧品などによるケアが難しいと言われているのです。

美容液に含まれている?美白成分の効果って?

一般的にシミの対策には美白成分が含まれている美容液の使用が効果的といわれています。

ただし、美容液で使用されている美白成分にはたくさんの種類があり、商品によって含まれている成分は異なっています。そこで、自分のシミを改善させるために効果的な美容液を見つけるために、まずは美白成分の種類について知っておくとよいでしょう。

厚生労働省に認可されている有効美白成分には、たとえば比較的広く知られている成分「ビタミンC誘導体」があります。

ビタミンCは抗酸化作用が高くメラニンの生成を抑制する働きがある美白対策に効果的な成分です。

しかし一方で水に溶けやすく、酸化しやすかったり、肌への吸収が悪かったりといった性質もあります。そこでデメリットとなる肌への吸収率の低さをあらため、ビタミンCのメリットを活かしながら美白への効果が高められるように改善されたものがビタミンC誘導体なのです。

メラニン生成を抑えるだけではなく、コラーゲンの生成を促進する作用もあるため、シワへの対策にもなります。

「トラネキサム酸」は肝斑の治療薬に使用されている成分としても知られている美白成分です。出血を抑える抗プラスミン作用を持っていて、止血剤や抗炎症薬としても使用されています。

シミができるのはメラニンが過剰に生成されることが原因です。そして、メラニンはメラノサイトによって作られます。

また、肝斑はメラノサイトにメラノサイト活性化因子が作用することでメラニンの生成を促し発症するといわれています。メラノサイト活性化因子の1つと考えられているプラスミンの作用が働くことをトラネキサム酸により阻止することでメラニンの生成自体を抑えることに期待できるのです。

人が健康に生きる上で欠かすことができない必須脂肪酸の1つに「リノール酸」があります。

リノール酸はベニバナ油から作られている成分です。シミの原因となるメラニン色素はチロシナーゼという酵素とチロシンというアミノ酸が結合することにより作られています。リノール酸にはチロシナーゼを分解することで量を少なくし、さらに働きも抑制する作用を持っているのです。このためメラニンの生成を抑えシミの発生を防ぐことが可能となります。

ほかにもリノール酸は角質から水分が蒸発することを防ぎ、肌を潤すことで肌を守る保湿作用やニキビなどの対策への効果が期待できる抗炎症作用も持っています。

チロシナーゼを阻害するはたきを持つ成分が「ハイドロキノン」です。ハイドロキノンはコーヒーやイチゴなどにも含まれています。「お肌の漂白剤」ともいわれほかの美白成分に比べて強い美白作用を持っているという点が特徴です。

また、紫外線により受けるダメージから皮膚を守る働きも持っています。

あらゆる栄養素を含み、それぞれの栄養素により作用するさまざまな効果に期待が持てる成分が「プラセンタエキス」です。哺乳類動物の胎盤にある栄養素を抽出することにより作られています。

多様な効果の中でもシミ対策に期待が持てる働きが新陳代謝を促す作用です。血流を良くし、新陳代謝を活性化させることで、古い角質をはがし落とします。

古い角質にはメラニンも含まれているため、シミのもとを排出することが可能となるのです。そして、シミのもととなるメラニン色素を作り出すチロシナーゼの働きを阻害してメラニン生成を抑える働きもあります。

美容液の効果を活かす!正しいスキンケア対策

どれだけ効果的な美容液を使用しても、正しく使用しなければ十分に効果を活かすことはできません。そこでシミへの効果的な対策を行うために知っておきたい正しいスキンケアの方法についてご紹介します。

医師

まずは、スキンケアの基本となる基礎化粧品の正しい使用順から美容液を使用するタイミングについておさえておきましょう。

洗顔後につける順番は、

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

が基本です。

化粧水で十分に保湿をした後に使用するのが美容液となります。

美容液はスキンケアの工程で必ずしも使用しなければいけない基礎化粧品ではありません。しかし、シミの対策を行うためには、通常の工程にプラスして特別なケアを行うことが重要となります。シミの改善を目指すなら必ず美容液を使用しましょう。

美容液の使用で気をつけるポイントは2つです。

1つ目は毎日継続的に使うこと、2つ目が改善できたと感じても使用をやめないことです。美容液を特別な日の前日だけ使用している人もいるかもしれませんが、それでは効果が期待できません。

シミの原因となるメラニンは絶えず働き続けるメラノサイトにより作られ続けています。メラニンの生成を抑制することでシミ対策をすることが一般的な美容液によるケアでは、毎日、メラニン生成の抑制を促すよう働きかける必要があるのです。

また、一見改善できたと思われる場合でも、外からは見えない皮膚の奥でシミの元となるメラニンが生成され続けていることがあります。ほとんどの人は毎日紫外線を浴びているため、常にメラニン生成が起きている可能性が体内にあるのです。

肌の水分が蒸発する女性のイラスト

美容液は高い効果が期待できる分、価格も高い傾向があります。そのため、毎日つけることにためらってしまう人もいるかもしれません。しかし効果のない方法で美容液をつけても意味はありません。

高い美容液を毎日使うということに勇気が持てないという人は、1度に使用する美容液量を減らすためシミ対策をしたい部分にピンポイントでつけるようにするとよいでしょう。

効率的にシミを治す!早く改善するためのポイント

シミを改善させるためには、肌の質や悩みに合った美容液を毎日使用するとともに、美白効果に期待が持てる栄養を積極的に摂取するとより効果的です。

美白効果が高い栄養素ひとつはビタミンCです。シミの元となるメラニンの生成の抑制作用や、作られてしまった活性酵素を除去する抗酸化作用があります。

効率よく性能を活かすビタミンC誘導体という成分が入った美容液もありますが、さらに毎日の食事からも摂取しておくと効果的です。

ビタミンCが多く含まれている食材には

  • レモン
  • 柑橘系の果物
  • キャベツ
  • パセリ

などがあります。ビタミンCは熱に弱い性質があるため、できれば生のまま食べるとよいでしょう。気軽にそのまま食べられる果物や、火を通さずに作れるサラダなどで摂取することも方法の1つです。

ビタミンCと同じビタミン類ですが新陳代謝を活性化させることで細胞の再生を促しメラニンを排出させてシミの対策を行うことに期待が持てる栄養がビタミンB2です。ビタミンB2を多く含む食品としてはたとえばレバーやうなぎ、納豆などが挙げられます。

活性酵素を除去する抗酸化力の強い栄養素がリコピンです。その力はビタミンEの100倍ほどあると言われています。リコピンはメラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑える働きをするためシミの対策に効果的です。

リコピンを多く含む食材の代表的な存在がトマトです。そのほかにもパプリカやピンクグレープフルーツなどにも含まれています。

抗酸化力の強い栄養素にはほかにもアスタキサンチンも挙げることができます。シミの原因となる紫外線により発生する一重項酸素という活性酸素への効果がビタミンEのおよそ550倍あるとも言われているのです。

アスタキサンチンは鮭やイクラ、筋子などに含まれています。リコピンと一緒に摂取することでより高い抗酸化作用のはたきに期待が持てるため、トマトなどと一緒に食べるのも良いでしょう。

また、アスタキサンチンは脂溶性の栄養素であるため油を使用して調理し摂取すると吸収率を高めることができます。このため、たとえば鮭を食べるときに魚焼きグリルを使用して調理するのではなくフライパンに油を入れて火を通しムニエルなどで食べるといったことも効果的に食べる方法です。

アミノ酸の一種で、皮膚や爪、毛髪といった体のいたるところにある栄養素がL-システインです。メラニンの発生を抑えたり、できてしまったメラニンを無色にしたりする働きがあります。

また、肌の代謝を活性化させて新陳代謝を良くする作用があり、沈着したメラニンの排出も促してくれます。L-システインを含んでいる食材として挙げることができるものは、たとえば大豆やはちみつといったものです。ビタミンCと一緒に摂取するとメラニン発生を抑える作用がより効果的に働きます。

シミを効率よく改善させるためには美容液や食事に留意するだけではなく、新たにできるシミを防いでおくことも必須です。

紫外線を浴びる際にはこまめに日焼け止めを塗るようにしたり、日傘やサングラスなどを使用して太陽の光を直接浴びることを避けたりするといった対策をとっておくようにしましょう。

日傘をさす女性

また、特に日差しが強くない季節には、リキッドタイプより密度が高く、紫外線を反射する効果が期待できるパウダーファンデーションを使用することで気軽に対策をとることも可能です。

シミ用美容液は役に立つ?口コミと評判は?

保湿や美白を目的に肌に効果的な働きを与える成分が濃縮して配合されている基礎化粧品が美容液です。

中でもシミ用美容液はメラニンの生成を抑制させたり、できてしまったメラニンを外に排出したりすることを目的として作られています。

コットンに化粧水をつけて肌になじませている女性のイラスト

しかし、シミ用美容液の成分などを知っても、特に初めてシミ用美容液を使うという場合には実際の効果が気になるという人もいることでしょう。効果を知るためには、使用した人の口コミや美容液の評判が参考になります。

シミ用美容液の効果には個人差があります。このため、シミに特化した美容液を使用しても「あまり効果が見られない」「期待していたのに残念だった」という感想があるのも事実です。しかし、シミに効果のあると謳った美容液を使用した人の声には、「たくさんあったシミが薄くなってきた」「目立たなくなってきた」という感想も多く見られます。

また、シミが薄くなることで「肌全体に透明感が感じられるようになった」という声も少なくなく、肌のくすみ対策となっているケースもあるのです。

さらに、シミの対策として使用した美容液によって

  • 「肌がしっとりとするようになった」
  • 「化粧ノリがよくなった」
  • 「肌のキメが整った」

という感想もあります。

これはシミ用美容液にメラニンへの働きを持った成分だけではなく、古い角質を取り除いたり、保湿効果があったり、肌を整えたりする成分も含まれていることが理由です。

自分の肌質やシミへの対策に合った美容液を上手に選ぶことでシミの改善だけではなく、他の肌トラブルも解決し美しい肌を手に入れることも可能となります。

シミ対策のための美容液選び!選び方のポイントは?

シミの悩みを改善させるために自分に合った美容液を選ぶためには美容液に含まれている成分の作用をチェックすることが大切です。数ある美白成分のうち自分の悩みの改善につながる効果をもった成分入りの美容液を選ぶようにしましょう。

シミの原因となっているメラニンに対してどのようにアプローチする美容液かという点がポイントとなります。

美容液をシミへのアプローチ方法により分けると、できてしまったメラニンを還元するタイプのものと、現在進行形で現れはじめているメラニンに働きかけるものとがあります。

他にもメラニンを皮膚のほかの古い角質とともに自然に剥がれ落ちるように促すといった美容液もありますので目的に合わせた製品を選ぶようにしましょう。

乾燥肌であるのか敏感肌であるのかといった自分の肌質との相性を見るというのもポイントの1つです。

また、他の肌トラブルを抱えている場合には、そのトラブルに支障のある成分や効能がないか、両方のトラブルに効果のある美容液であるかといったこともチェックポイントとなります。

さらに、肌の状態によっては薬事法による分類を確認することも美容液選びのポイントとなります。

一般的にスキンケア用品は法律によって

  • 「医薬品」
  • 「医薬部外品」
  • 「化粧品」

の3つに分けられています。

医薬品とは病気を治すために使用される、いわゆる「薬」のことです。厚生労働省により認可された効果や効能をもったもので、医師により処方される「医療用医薬品」と薬局などで購入することができる「一般用医薬品」とがあります。

医薬品と同様に厚生労働省による認可は受けていますが、医薬品よりも作用が緩和されている薬品が医薬部外品です。医薬品と化粧品の中間的な効能をもったものとしての役割をもっています。

そして、化粧品は厚生労働省の認可を受けずにメーカーが独自に開発して作ることができるものです。ただし厚生労働省の認可は不要ではあるものの、使用できない成分についての厳しい規定は設けられています。

化粧品として分類されるものとはたとえばメイク用品やボディソープ、シャンプーやコンディショナー、そしてスキンケア用品などです。

一般的にはスキンケア用品を大きく分けるとこの3つに分類されますが、化粧品製品の中に「薬用化粧品」と書かれたものを目にしたことがあるという人もいるかもしれません。

薬用化粧品とは3つの分類の中では医薬部外品に該当するもので、厚生労働省により効果や効能が認められた成分を含んでいるものです。

薬用化粧品は医薬品ほどの強い効果を期待することはできません。しかし認可を受けた成分で作られているため安心して使用することが可能であるほか、中にはさまざまな作用をもった成分を配合しているものもあります。

このため、肌が少しデリケートな人や軽度の肌トラブルを抱えている人や濃度の高い医薬品を使用することにためらいを感じる人は医薬部外品である薬用化粧品を選んでみるというのも美容液選びのポイントの1つです。

シミ改善効果あり!?おすすめの美白美容液

シミの対策に美容液を使い始めようと考えても、美白美容液にはたくさんの製品があるため、どれを使用すればよいのか迷ってしまうという人もいることでしょう。

スキンケアに迷る女性のイラスト

また、現在使用しているものが自分と合わず、効果を感じられないため他の美容液を探したいという人もいるかもしれません。

シミに高い効果が期待できるおすすめの美白美容液の1つが「SK-II ジェノプティクス オーラ エッセンス」です。

角質層の奥に潜むメラニンまでアプローチをかけ、肌の内側から輝かせるような美肌を目指す美容液となっています。濃厚な美容液に含まれている成分は、肌を整え保湿を行うガラクトミセス培養液「SK-IIピテラ」と美白に効果的なニコチン酸アミドW「D-メラノ」です。

ピテラはSK-IIの長年の研究により発見された成分で透明感のある肌を作り出すために有効的な成分と言われています。

さらにそれに加えてビタミンB3の一種で、過剰に増えたメラニン色素が表皮細胞へ運ばれることを阻止しシミになるのを防いでくれるニコチン酸アミドなどが配合されたSK-II独自の複合成分「ジェノプティクス オーラ カクテル」により、シミの目立たない美しい肌を目指すことが可能となります。

そしてもう1つのおすすめシミ用美容液がメラニンの生成ルートにフォーカスしてシミの対策を行う「HAKU メラノフォーカス3D」です。

最新の3D解析によるシミ部位のメラニン分布データにより開発がなされた美容液で、資生堂が「シミ予防研究の集大成」と掲げる自信の一品となっています。資生堂独自の開発による2つの美白有効成分と、肌を整え保護する「アンダーシールダー」という成分によりシミ対策と美しい肌作りを目指した美容液です。

資生堂オリジナル成分である「4MSK」にはメラニン色素が過剰に生成されるのを抑制する働きがあり、すばやく肌にしみ込むという特徴があります。そしてメラノサイトが活性化するのをじっくりと抑制する「m-トラネキサム酸」に、すばやく肌に浸透する4MSKが組み合わさり引き込むことで肌の奥まで作用を与え、高い効果が期待できるのです。

確実にシミを取るには?医療機関に頼る方法

セルフケアでは対応することができない頑固なシミへの対策としては医療機関を利用するという方法もあります。

医療機関ではシミの種類の診断を行い、それぞれに適した方法で治療を行っていきます。

一般的に医療機関でのシミの治療というとレーザー治療を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、たとえば肝斑の場合にはレーザー治療によってシミが濃くなってしまうというリスクもあるため、薬やケミカルピーリングなどにより治療を行うこともあります。

また、そばかすの場合にはレーザー治療での効果が期待できるため、本人の希望により実行することもあります。確実にシミを取るためには、レーザー治療や光治療のような施術が効果的です。

ただし、それ以外にもシミの対策となる方法はあるため、医療機関によるシミ対策を希望している人は1度相談してみるというのも良いでしょう。

施術以外の薬による治療にはシミに外用薬を塗布する方法と内服薬を服用するという方法があります。

外用薬には漂白効果が高いハイドロキノン軟膏や皮膚のターンオーバーを促してメラニンを排出させる効果が期待できるトレチノイン軟膏といった薬などを使用することが一般的です。

また、内服薬ではシミに効果的な成分であるビタミンC誘導体やL-システインなどを効率よく摂取するための薬が使用されます。これらは薬ですが、必ずしも健康保険が適用されるとは限りません。保険が適用される薬は厚生労働省により定められているからです。

薬

また、レーザーなどの施術による治療については適用外になることが多い傾向です。費用についても、治療を始める前に事前に相談しておくと安心でしょう。

シミ対策に美容液はあり?【使い方のポイントは?】まとめ

美しい肌を目指してシミの対策を行うためには、まずはシミの種類を知っておくことが重要です。シミは種類によって原因や必要となる対策が異なる場合もあります。自分のシミの症状がわかったら、そのシミに効果的な方法を選んで対策をとっていきます。シミ対策では毎日のスキンケアが重要です。基礎化粧品を使った正しい肌のお手入れとともに、紫外線を避けるなどシミの予防を行っておくことも大切なポイントとなります。また、スキンケアではシミ対策に特化した美容液を使用すると効果的です。美容液にはさまざまな成分が含まれています。「できてしまったシミへの対策なのか」「作られ始めたシミへの対策なのか」、シミの現状を把握し自分の肌質を踏まえた上で、そのシミへの効果が期待できる成分が含まれた美容液を使用すると良いでしょう。

美容液の特徴を知り実際に使用した人からの評判が良い製品を選ぶこともポイントの1つです。美容液の使用だけではなく毎日の食事からもシミに効果のある栄養素を摂取すると相乗効果が期待でき、効率的なシミ対策をすることが可能となります。シミの中には頑固でセルフケアだけでは効果が期待できないというケースもあります。そのような際には、医療機関を利用し効率的にシミを改善するという方法をとるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む