美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

スポンサードリンク


紫外線対策と「UV-A」の関係は?【気付かないうちに肌にダメージを受けている!】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

紫外線というと、肌に直接影響を与える強いものを思い浮かべます。皮膚を赤く焼き、シミを作る紫外線です。しかし、気づかないうちに皮膚の深部に影響を与える紫外線が存在することをご存知でしたか?長期に渡り皮膚に影響を与える紫外線、「UV-A」について詳しくご紹介します。

紫外線を浴びる女性

紫外線「UV-A」は奥深くまで影響を与えることがあるので、しっかり防ぐ事が大切になってきます。紫外線対策というと、日差しの強い時期に意識しがちですが、この「UV-A」の影響は一年中続くようです。

スポンサーリンク

影響が大きく、皮膚の変化が目に見える「UV-B」

地球上に降り注ぐ紫外線には、大きく分けて「UV-A」と「UV-B」という、2つの種類があります。

日焼け止めの効果を考える時、多くの人は「SPF」の値を基準にしていることと思われます。

SPFのイラスト

SPFは「Sun Protection Factor」の頭文字をとったもので、UV-Bに対する防御効果を表すものです。

UV-Bは、波長が短く、皮膚の表面に大きな影響を与える紫外線。日焼けによる皮膚の火傷や水膨れの原因は、UV-Bによるものです。従って、皮膚表面の病変やトラブルを防ぐには、SPFの数値に着目する必要があります。

皮膚の変化が目に見えやすい

UV-Bは、エネルギーが強く、一度にたくさん浴びてしまうと赤みや炎症、皮膚がんやシミ・そばかすといったトラブルの原因となります。

紫外線

しかし、紫外線の全体量に占める割合は少なく、直射日光を浴びないように注意することでほとんどをカットすることが可能です。

日傘をさす女性

紫外線を浴びたことによる影響が目に見えやすいため、意識しやすい紫外線でもあります。

地上に降り注ぐ紫外線の9割以上が「UV-A」

盲点になりがちなのが、もう1つの紫外線「UV-A」です。

UV-Aは、波長が長く、皮膚の奥まで届くタイプの紫外線です。

かつては、UV-Aによる害はそれほど問題視されていませんでした。しかし、近年、UV-Aは皮膚の深部(=真皮)に届き、コラーゲンやエラスチンといった結合組織にダメージを与えることがわかってきました。

コラーゲンやエラスチンは、肌のハリや弾力を支える物質で、これらが変質することによりシワやしみといった、肌の老化が引き起こされるのです。

曇りの日でも降り注ぐ紫外線

UV-Aは「生活紫外線」とも呼ばれ、雲や窓ガラスを透過する性質を持っています。そのため、曇りの日や室内にいる場合も、UV-Aを浴びていることになります。

紫外線

UV-Aは、メラノサイトを刺激し、メラニン生成を促す紫外線でもあります。肌を黒くするのも、このUV-Aです。

美しい肌を守るなら、注目したい数値「PA」

UV-Aに対する防御効果は「PA」という値で表されます。PAは「Protection grade of UV-A」の頭文字をとったもので、効果の強さは「+」の数で表示されています。

+の数は、1~4つで「++++」が最も効果が高いものです。

スポンサーリンク

UV-Aは1年を通じて対策が必要な紫外線

紫外線が強くなってくると、紫外線対策を強化する人も多いはず。しかし、春先から強くなってくるUV-Bに対し、UV-Aは季節に関係なく浴びやすい紫外線です。肌の老化を防ぎたいなら、1年を通して紫外線対策を行う必要があります。

日焼け止めの効果はどのくらい必要?

1年じゅう日焼け対策を行う場合には、強い日焼け止めを使用し続けることはおすすめできません。日差しが強い時期とそれ以外、屋外のレジャーと室内での生活……といった具合に、日焼け止めを使い分けるのがおすすめです。

それでは、実際には、どの程度の紫外線防御効果があればよいのでしょうか?

それぞれの活動場所において必要なSPFとPAをご紹介します。SPFだけではなく、PAにも着目して日焼け止めを選ぶようにしてください。

・日常生活(散歩や買い物)

日差しが強くない時期や、短時間の外出の場合は、SPF10~20程度、PA+~PA++程度の紫外線防御効果がある日焼け止めを選びましょう。日焼け止めではなく、ファンデーションでも。

・屋外でのレジャー、軽いスポーツ

屋外で軽いスポーツを行う時やレジャー時には、SPF15~30、PA+~PA+++程度の日焼け止めを使用しましょう。汗をかいたり、擦れた時には、小まめに塗り直しましょう。

・炎天下でのレジャー、マリンスポーツ

真夏の屋外で長時間過ごす時や、水辺でのスポーツ時には、SPF30~50+、PA++~PA++++の日焼け止めを選びます。海や川では、ウォータープルーフのものがおすすめですが、この場合も小まめに塗り直す必要があります。

日焼け止めの効果は、しっかり塗られている場合に発揮される

日焼け止めがその効果を発揮できるのは、日焼け止めがまんべんなく肌に塗られている状態においてです。

塗布する量が少なかったり、汗や皮脂によりよれてしまったりしていると、十分に効果を発揮することができません。

日焼け止めは、十分な量を使用し、2~3時間置きに塗り直すようにしましょう。

紫外線対策と「UV-A」の関係は?【気付かないうちに肌にダメージを受けている!】のまとめ

日差しの強さに関係なく降り注ぐUV-Aは、感じにくい分つい対策を怠りがちです。しかし、1年を通じて地表に降り注ぎ、私たちの皮膚に確実に影響を与えています。肌の美しさを守るためには、UV-Aを防ぐことも忘れずに。日焼け止めを選ぶ際には、SPFだけにとらわれず、PAもチェックするようにしましょう。紫外線対策を毎日の習慣にして、十年先も美しい肌を目指しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む