美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

紫外線対策、化粧下地と日焼け止めどちらを使う?【日焼け止めにもなる化粧下地は?】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

冬の間はつい手を抜きがちなUV対策。しかし、暖かくなってくると、紫外線が気になってきます。普段メイクをする女性にとって気になるのが、日焼け止めを使うか、化粧下地を使うか……という点。どちらも使うべき?どちらか一方でよいの?使う順番は?気になりますね。

化粧下地も日焼け止めも紫外線対策にかかせないもので、だんだん強くなる紫外線対策として化粧下地だけでよいのかと思う事もあるのではないでしょうか。今回は紫外線対策の疑問にお答えしつつ、おすすめのアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

そもそも、日焼け止めと化粧下地はどちらも必要?

日ごろ化粧下地を使用している人も、日焼け止めを塗る場合には、化粧下地を使用すべきか迷うこともあると思われます。

スキンケアに迷る女性のイラスト

日焼け止めと化粧下地には、それぞれ以下のような役割があります。

日焼け止め

紫外線による肌への刺激を防ぎ、紫外線が当たることにより生じるシミ・そばかす・たるみといった、肌の悩みを予防します。

化粧下地

肌の毛穴をカバーしたり、くすみをカバーしたりして、肌をきれいに見せるとともに、表面を滑らかに整えることでファンデーションのノリをよくします。また、ファンデーションの持ちをよくする機能もあります。

そもそも、日焼け止めと化粧下地の機能は、全く違うのです。しかし、この2つの機能を持つアイテムを使用すれば、日焼け止めか化粧下地のどちらか一方だけを使用しても問題はありません。

日焼け止めにもなる化粧下地

日焼け止めと化粧下地の両方を使うのが面倒という場合には、どちらの機能も備えたアイテムを1つだけ使用するのがおすすめです。

近年、日焼けによる肌への影響が問題視されるようになり、UVカット機能をプラスした化粧品が増えています。

紫外線

化粧下地も、日焼け止めとして利用できるSPF値の高いものが多数販売されています。UVカット機能を持たせた、おすすめの化粧下地を、いくつかご紹介します。

資生堂:エリクシール ホワイト デーケアレボリューション(SPF50+・PA++++)

日焼け止め、化粧下地、乳液の3つの機能を兼ね備えた、日中用の美白乳液です。

紫外線B波をカットする力の目安であるSPF値は最高の50+。A波に対抗するPA値も、最高の++++で、日焼け止めとしての機能もばっちりです。

紫外線を浴びる女性

美白成分の「トラネキサム酸」も配合されており、日焼け止めとともに美白ケアもできる化粧下地です。

スポンサーリンク

P&G:SK-Ⅱ アトモスフィア CCクリーム(SPF50・PA++++)

ビタミン・アミノ酸・ミネラルなどを含む「ピテラ」を配合し、つやのある肌に導くラインで有名な「SK-Ⅱ」ブランドの化粧下地です。

肌を美しくする成分の他、紫外線A波・B波を防ぐ機能もしっかりと持たせた、美肌のためのアイテム。化粧水・乳液の後に使用します。

第一三共ヘルスケア:ミノン アミノモイスト ブライトアップベースUV(SPF47・PA+++)

紫外線吸収剤を使用しないノンケミカルタイプで、肌への刺激が少ないのが特徴です。

肌をトーンアップさせ、乾燥も防ぎます。落とす際はクレンジング不要で、日焼け止めをオフする際も安心。肌が弱い人におすすめのアイテムです。

水で洗顔している女性

コーセー:雪肌精 サンプロテクト エッセンスジェル(SPF50+・PA++++)

ジェルタイプで、べたつきや皮脂の浮きを軽減した、塗り心地がさらさらのアイテム。

紫外線のダメージを防ぐとともに、ファンデーションのノリや持ちを高める化粧下地としての機能にもすぐれています。

日焼け止めとしての機能は、SPF値もPA値もともに最高クラス。ボディにも使用できます。

化粧下地と日焼け止めの両方を使うなら、塗る順序は?

日焼け止めだけを使用するとメイクが崩れやすい人や、化粧下地だけではシミができやすい場合には、どちらも使用するのがおすすめです。その場合は、どちらを先に塗るのが正しいのでしょうか?

おすすめの使用順序

日焼け止めの他に化粧下地を使用する場合は、化粧下地よりも先に日焼け止めを使うのがおすすめです。

日焼け止めを使用する理由は、日焼けによる肌トラブルを防ぐことです。

塗りムラがあると、肌のまだら焼けの原因になったり、シミやそばかすを効果的に防ぐことができないなど、日日焼け止めの効果を十分に得ることができません。

そのため、肌全体に均一に伸ばすために、化粧下地よりも先に日焼け止めを塗るのがよいでしょう。

化粧下地は、肌のくすみや毛穴をカバーし、ファンデーションのノリをよくしたり、化粧崩れを抑える作用があるため、ファンデーションを塗る前に塗るのがよいと考えられます。

ただし、これはリキッドタイプやジェルタイプの日焼け止めの場合。

パウダータイプのものは、日焼け止めを使用してから化粧下地を塗ると日焼け止めがムラになってしまうことがあります。従って、パウダータイプの日焼け止めを使用するなら、化粧下地を塗った後に使用すべきと言えます。

紫外線対策、化粧下地と日焼け止めどちらを使う?【日焼け止めにもなる化粧下地は?】のまとめ

日焼け止めは、肌を日差しから守るために用いるべきマストアイテム。ただ、朝の忙しい時間帯に日焼け止めを塗ってから一通りのメイクをするのは大変です。化粧下地に日焼け止めの機能があれば、メイク前のプロセスを1つカットできます。
日差しが気になる季節は、日焼け止め機能がしっかりとプラスされている化粧下地を選び、メイクの時短を図りましょう。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む