美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

健康な肌をいつまでも!【効果的な食事とスキンケアは?】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

健康な肌とは、肌トラブルとは無縁なイメージがありますが、どのようにしたら健康な肌になれるのでしょうか?また、健康な肌とはどのようなことを言うのでしょうか。健康な肌になる為に、洗顔や食事、スキンケアで気を付ける事があります。

健康な肌とは、もともと誰もが持っていたものですが、大人になるにつれ、肌に大きな負担をかけているように思います。健康な肌を取り戻した口コミもあり、健康な肌に近ずく参考になると思います。

スポンサーリンク

健康な肌とは?

よく『健康な肌とは水分が浸透しない、まるで赤ちゃんのような肌』ですとか『若者の肌は水を弾く』と例えられたりもします。

確かに赤ちゃんの肌を見てみるとほっぺたの上に水滴を垂らすと丸く玉のようになって肌の上に乗っかったままの状態になります。このような身近な例からも分かるように、確かに健康な肌には水が浸透しません。

それは私たちの皮膚の表面には角質層と言う膜のようなものがありまして、角質層がお肌のバリア機能をしているからなのです。

またこの角質層は厚みが0.02ミリと、とても薄い膜になりますが、健康な肌とはまさにこの角質層が正常に存在して、機能を果たしている肌と言っても良いでしょう。

健康な肌の作り方とは?

では健康な肌の作り方とは、どのようにして行えば良いのでしょうか。

それには、スキンケアと大きな関係があります。

確かにスキンケアは女性の第一印象を彩ると言っても過言ではないくらい大切なものになりますが、しかし、その反面でスキンケアには新陳代謝や肌バリアを壊してしまう恐れもあることを忘れてはなりません。

元々日本人と言うのは肌のキメが細かくて色白で美肌の人種になります。

しかしそれでもスキンケアによって、敏感肌や乾燥肌などの肌トラブルが増えてきている場合もあります(原因は色々ですが)

その中でも健康な肌の作り方とは、洗いすぎには気をつけなければなりません。

せっかく洗顔をしたのに突っ張ると言う経験がある方は多いかと思いますが、これは洗浄力が強いクレンジングや洗顔料でゴシゴシと洗い続けることでメイクや皮脂だけではなく肌バリアも一緒に落としてしまっているのです。

また、健康な肌の作り方とはこすりすぎにも注意をしないと、肌に刺激が加わるとくすみができてしまいますので、メイクの時や洗顔、入浴時には肌は優しく洗うように致しましょう。

スポンサーリンク

 

やっぱり食事が大事?

健康な肌と言うとつい、化粧品やスキンケアを見直せば良いのかと思ってしまいがちなのですが、実はそんなことはなく、美肌を保つのに大切な秘訣の中には、良質のいい栄養素を体内に届けることがあります。

しかし、普段から便秘気味で栄養を吸収するための腸が綺麗でなければ、どれだけ良質な食事をしても栄養素が吸収されないで、垂れ流しになってしまいます。

ですので、便秘や下痢気味だったり、決まった時間に排便がなかったり、朝便をしてもおへその下あたりがぼこぼこと硬い違和感があったり、便やオナラの匂いが臭かったりする場合には腸の中が汚れていることが考えられます。

 

健康な肌には食事が大事なのです。

具体的な改善方法としましては、食物繊維で腸の汚れを根こそぎ落とすことが手取り早いでしょう。

食物繊維には腸内にこびりついてしまった汚れを排出してくれる作用がありますので、食品添加物ですとか食べ物のカスが腸内に溜まっている場合には食品繊維の力で綺麗な腸にして、健康な肌を取り戻しましょう。

具体的には

  • こんにゃく
  • りんご
  • みかん
  • 海藻
  • オクラ
  • ごぼう

などに多くの食物繊維が含まれています。

あとは一緒に乳酸菌も摂取して、腸内を整えておくこともおすすめです。

ヨーグルトなどがもっとも簡単で手軽でおすすめです。

肌に欠かせないスキンケアは?

スキンケアに関しましてはゴシゴシとこすって刺激を加えないことや、洗いすぎによって肌のバリア機能を壊さないようにすることが大切だと言うことをお話しさせていただきましたが、その他に健康な肌に欠かせないスキンケアはどのような注意を払う必要があるのかと言うことをお話しさせていただきます。

再三お話をしてきた肌バリアですが、これを強くするためには皮脂膜を最適な状態で維持して行くことが重要になります。

まずそれには肌バリアを壊す成分を避けると言うことが挙げられます。

具体的には化粧品の選び方に気をつけなければ行けませんが、化学物質が入った商品は肌バリアに良くありません。

その中でも、最も気をつけたいのは『石油系合成界面活性剤』になります。

これは本当なら混ざらないはずの水と油を混ぜるための成分になりますので、多くの商品に含まれています。皮脂膜は油なので合成界面活性剤とは結びつきやすいので結果として肌バリアを弱めてしまうのです。

その他にも健康な肌に欠かせないスキンケアは、防腐剤や着色料などの化学物質が入っていると肌には良くありませんので、避けた方が良いでしょう。

健康な肌を取り戻した口コミは?

最後に健康な肌を取り戻した口コミはどのようなものがあるかについてお話をさせていただきます。

いつも習慣になっているスキンケアをちょっと変えるだけでも健康な肌を取り戻すことができます。

参考⇒正しいスキンケアの順番と方法とは?【乾燥肌とニキビでは異なる】

30代の女性の方からは、某大手企業の受付嬢をしている関係でいつもキチンとしていないといけないので、毎日有名化粧品メーカーの商品を厚めにメイクしており、そのために日々のクレンジングも欠かせない状態が続いていましたが、歳を重ねるとスッピンになった時に目の下など皮膚の薄い部分にくすみができるようになってしまい、その後から界面活性剤が入っていないオーガニック化粧品やクレンジング剤に変えたことによってだんだんと健康な肌を取り戻すことができたと言う口コミがあります。

参考⇒オーガニックコスメのおすすめは?【口コミで人気はコレ!】

また他の健康な肌を取り戻した口コミは、肌バリアを壊さないような洗顔方法に変えたことで、健康な肌を取り戻すことができたと言う口コミがあります。

具体的には、朝の水洗顔として、朝は洗顔料を使わずに、水で顔を拭う程度にします。

参考⇒冷水洗顔でニキビ対策できる?【効果的で簡単な方法は】

そうすると、皮脂が気になると思いますが、考えてみると洗顔に洗顔フォームを使用するのは化粧水を塗る前に皮脂や汚れを落とすためでしたが、化粧水を塗る必要がないくらいの美肌を目指している場合には洗顔フォームを使用する必要がないのです。

このことを習慣にするのはちょっと勇気がいるかも知れませんが、でも一ヶ月も継続していると、洗顔フォームに含まれている化学物質が肌バリアを壊さなくなるので、健康な肌を取り戻すことができたと言う口コミもあります。

健康な肌をいつまでも!【効果的な食事とスキンケアは?】のまとめ

健康な肌は、元々日本人が持っているきめ細かい肌ですが、そこに洗顔やスキンケアなど過剰な刺激が加わることが多くなり、肌トラブルに悩まされる事が多くなっています。洗顔の際は、こすらずに優しく洗う事、食事に気を付けて便秘を防ぐ事によって、健康な肌を取り戻す事ができると思います。

スポンサーリンク

関連記事

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

» 続きを読む