美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

スポンサードリンク


美容オイルの上手な使い方【肌荒れケアにおすすめ】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

季節の変わり目や冬場の乾燥により、肌荒れで悩む方も多いのではないでしょうか?肌荒れを起こすということは、肌の状態がよくないということ。肌の機能がしっかりしていないと、少しの刺激や乾燥に敏感に反応し、炎症や吹き出物を生じることもあります。

肌荒れケアというとスキンケアに手をかけることが多くなってきますが、手をかけすぎていることはないでしょうか。間違った肌荒れケアが不健康な肌にしていることもあるのです。今回は、肌荒れをケアするための、オイルの使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

不健康な肌には、やたらとスキンケアしないこと

肌が乾燥して水分を失い、カサカサしたり、痒みが出たり……。あるいは、ニキビや吹き出物に悩んでいる場合も、肌は健康な状態とは言えません。こうした症状が出ていることを、一般的には「肌荒れ」と言います。

「化粧水で保湿」はおすすめできない

肌荒れを起こしてしまった時、乾燥を改善しようとして、いつもよりたくさんの化粧水を使うこともあるでしょう。でも、実はこれはNG。

肌荒れを起こしているということは、肌がいつもより敏感になっているということです。肌が敏感になっている場合、普段問題なく使用できる化粧水であっても、肌にとって刺激になることがあります。

肌荒れが悪化するおそれがあるため、肌がカサカサしているような時には、化粧水やコスメの使用は避けるのが無難です。

肌荒れを起こしたら、とにかく刺激を避ける

肌荒れを起こした肌は、皮膚表面のバリア機能が低下しています。

本来ならば肌の水分を保持する機能を発揮する「天然保湿因子」や「細胞間脂質」、そして肌の表面を覆う皮脂のバランスが崩れ、肌の水分が失われやすくなっているのです。肌の乾燥は、バリア機能低下によるもの。

しわのない肌としわのある肌の女性のイラスト

さらに、刺激に敏感になっているため、わずかな刺激に反応して炎症を起こし、赤みや痒みが出てきます。

肌荒れについて参考⇒肌荒れの原因と種類!【改善や防止のための方法は?】

肌荒れを起こしたら、保湿をしっかりと

保湿するなら化粧水が必要なんじゃないの?と思うかもしれませんが、化粧水はそもそも保湿目的で使用するものではありません。化粧水は肌に水分を届けるために使うもので、その上に膜を作ってはじめて保湿することができます。

従って、肌荒れ時にするべき保湿は、化粧水を使わずに、肌が湿って柔らかい状態のうちに肌の上に膜を作ってあげればよいのです。

頬を抑えるミドル女性

オイルを皮脂の代わりに

肌荒れを起こしている時は、刺激の少ないオイルを用いるのがおすすめです。医療用のオリブ油(薬局で扱っている、精製度の高いオリーブ油です。日本薬局方のものは「オリブ油」と表記されています。)や、ホホバオイルがおすすめです。

カサカサしている部位に塗布して、皮膚を保護することで、肌のターンオーバーを改善し、健康な肌に導きます。

スキンケアにオイルをプラス

肌荒れがひどい場合には、洗顔後にオイルを1~2滴手のひらに取り、手のひらを擦り合わせて温めてから、手のひら全体を顔に当てるようにしてオイルを肌に乗せます。

炎症を起こしていない場合で、乾燥肌をケアしたい場合には、同様に肌にオイルを塗布してから化粧水を使い、その上に美容液や乳液で蓋をします。

複数のスキンケアを行う女性のイラスト

日ごろのスキンケアを見直して

オイルで肌を保護すると同時に、ぜひ見直したいのが毎日のスキンケアです。

スキンケアに迷る女性のイラスト

肌荒れの原因には、食生活やストレスなど身体の内側からくる要因ももちろんありますが、スキンケアによって肌荒れが引き起こされることもあります。

頻繁にピーリングを行ったり、毎日のメイク落としにクレンジング剤を使っていたりすると、敏感肌になることがあります。

肌は自らの判断でターンオーバーを繰り返し、不要な角質を除去しています。

ターンオーバーの仕組みのイラスト

ピーリングを行うと、まだ若い角質細胞を無理やり剥がしてしまう場合があります。すると、すぐ下にある未熟な細胞が肌表面に上がってくることになり、乾燥や刺激に弱い肌になってしまうのです。

また、強いクレンジング剤は角質細胞の隙間に存在する、天然保湿因子や細胞間脂質を洗い流してしまいます。これにより、水分保持能力が低下し、肌の乾燥を招くのです。

ニキビや脂性肌も乾燥に起因することも

思春期のホルモンバランスの変化によるニキビを除き、大人になってからできるニキビは、その裏に肌の乾燥があることも。

肌の水分量が低下すると、外部の刺激から肌を守るために皮脂の分泌量が増えます。必要以上に皮脂が出ているのは、肌の内部が乾燥しているからです。

皮脂が過剰に分泌されれば、毛穴詰まりを起こします。これが炎症につながり、ニキビができてしまうことがあるのです。

ニキビができている女性のイラスト

肌をしっかりと保湿することで、これらのトラブルも改善されることが期待できます。

美容オイルの上手な使い方【肌荒れケアにおすすめ】のまとめ

肌荒れを起こしたら、オイルでケアすると同時に、自身のスキンケアを見直してみましょう。もしクレンジング剤を使っている場合は、クレンジング剤をやめてオイルに変えてみて。肌への刺激を少しでも減らし、さらに肌を保護することで、肌のターンオーバーが改善されます。ターンオーバーがうまくいくと、肌は健康になります。肌荒れしたら、刺激を与えず保湿を。オイルを上手に活用してくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む