美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

肌荒れの原因と種類!【改善や防止のための方法は?】 

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

肌荒れは気候や体調によってすぐ起こりやすいです。しかし、肌荒れには適切な対策があり、意識的に実践すると改善されることもあります。ここでは肌荒れの原因や、簡単にできる改善策について詳しくまとめてみました。

 

肌荒れ

肌荒れと一言でいっても、種類があり原因も異なります。実は食生活も関係することがあり、生活習慣が肌に影響を与える事もあるようです。また、スキンケアだけではなく、ビタミン摂取が大きな鍵を担っているようです。

スポンサーリンク

肌荒れに悩まされる… どうして肌は荒れてしまうものなの?

肌荒れの原因は人によってさまざまです。先天的に肌が荒れやすい体質の人もいれば、生活習慣などの後天性の原因で肌が荒れてしまう人もいます。

肌荒れに悩まされている場合は、的確に原因を調べることが対策への第一歩です。

肌荒れの原因としてよく挙げられるのは

  • 乾燥
  • 水分不足

です。

室内の温度調整が上手くいっていなかったり、乾燥が激しい季節になったりすると肌に過剰な刺激が与えられます。

すると、肌の新陳代謝が狂ってしまい、新鮮な細胞が生まれなくなることがあります。

また、肌の自浄作用も落ちて老廃物がデトックスされないまま蓄積されていきます。結果、古い細胞や老廃物が硬化して肌荒れが起こるのです。

生活習慣の乱れも肌荒れを引き起こしがちです。忙しい現代人は十分な睡眠時間を確保できないことも珍しくありませんが、新陳代謝のために睡眠は大切な役割を果たしています。

また、睡眠中にはホルモンが分泌され、生理機能を活性化させます。睡眠時間が減ると、肌の免疫力が低下するリスクがあるのです。

現代人にありがちな肌荒れの原因として、ストレスも挙げられます。仕事や家庭でストレスを感じた場合、ホルモンバランスがおかしくなり、新陳代謝が正常に機能しなくなることもあります。結果、肌荒れへとつながります。

偏食が多い人も肌荒れを起こしやすい傾向がありますが、これは細胞を作るための成分が不足してしまうからです。

偏食の人、栄養バランスに無頓着な人は自身の食習慣を省みる必要があるでしょう。

肌へのケアは十分に行っているはずなのに、一向に肌荒れが治らない人は体の外側でなく、内側に目を向けてみることも大切です。内臓に問題があると、本来なら分解されなければいけない毒素が体内に蓄積され、ニキビや吹き出物を作ってしまうことがあります。

栄養の吸収率も低くなるので、肌にいい成分が取り入れられず、肌荒れも改善されにくくなってしまいます。

もともと内臓が健康な人も、疲労やストレスが原因で内臓の機能が一時的に低下することもあり、肌荒れは不摂生のサインと見ることもできるでしょう。自分の生活を見つめ直し、具体的な原因を探る必要があります。

生まれつき肌荒れが起こりやすい体質の人もいます。そんな人は新陳代謝低いため、肌のトラブルに悩まされやすいといえるでしょう。ただし、対策次第では新陳代謝を高めることは可能ですので、努力をあきらめないことも重要です。

肌荒れの主な種類って何がある?

肌荒れの中でも、特に女性にとって深刻な悩みとなってしまうのが「吹き出物」や「シミ」などのタイプです。

たとえば、ニキビならば肌に現れたとしても比較的早く治癒できますが、それ以外の吹き出物は治りにくいケースも多く、女性をうんざりさせる傾向があります。最悪の場合、肌の上で固まってしまい、跡が消えなくなってしまう恐れもあるのです。

吹き出物は

  • 肌への刺激で生まれるパターン
  • 内蔵の悪化が原因で生まれるパターン

があります。

それぞれ対策が違いますが、吹き出物の量が多くなったと思ったら、体に不調をきたしているサインだと捉え、健康をチェックしてみるといいでしょう。

シミや黒ずみは、季節の影響で現れることの多い症状です。ひどいものになると化粧をしてもカバーできず、女性の美容の天敵となります。

吹き出物やシミで厄介なのは、放置しても勝手に治ってくれるパターンが少なかったり、治るまでのスピードが非常に遅かったりすることです。種類に合わせた対策を行わなければ、肌に長い間居座ってしまうことも珍しくありません。

皮膚の状態が変化してしまうのも肌荒れの一種といえます。たとえば、肌がめくれてザラザラになってしまう現象です。

また、ささいな刺激で肌が硬くなってしまう人もいます。肌質が変わってしまうと化粧のノリが悪くなるうえ、違和感を抱くこともあり、悩みの種です。

肌荒れはかゆみや痛みを引き起こすこともあります。結果、肌荒れが起こっている箇所を強くかいたり、過剰に薬を塗ってしまったりして症状を悪化させる人もいます。

肌荒れの種類は十人十色です。自分の肌荒れの種類を自覚すると、原因を追究しやすくなるでしょう。

ビタミンが密接に関係している!肌へのもたらす影響とは

肌荒れを治すには、クリームや薬も有効ですが、その場しのぎにしかならないこともあります。もっとも大切なのは肌荒れの原因を根絶し、肌荒れが再発しにくい体づくりを目指すことです。特にビタミンの摂取は重要課題です。

健康にいいといわれる栄養素の代表格であるビタミンですが、その効用は細胞を作り出す源となることです。良質のビタミンを定期的に摂り続けると、体が若返り肌荒れも改善されていくと期待できます。

ビタミンには細かい種類があり、それぞれ微妙に働きかける部位や効能が異なります。

まず、代謝を活発にさせてくれるのがビタミンB2です。

代謝が落ち着いてしまうと老廃物がデトックスされないため、汚れが肌にたまってしまいます。ビタミンB2は若返りのために重要なビタミンといえるでしょう。

ビタミンB2は主に粘膜系の細胞へと働きかけてくれます。唇がカサカサになって困っているときなどは、ビタミンB2がおすすめです。

ビタミンB2のメリットとしては、その他の栄養素と結びつき、効用を強める効果もあるということです。たとえば、細胞の源となるたんぱく質と一緒に摂取するといいでしょう。

健康な肌を維持したい人にぴったりなのがビタミンAです。

ビタミンAは肌の抵抗力や免疫力を高めてくれる効能があります。肌トラブルに悩まされる頻度が少ない人にも、理想的な状態を保つためにはおすすめしたいビタミンです。

美容成分として、ビタミンCを聞いたことがある人も多いでしょう。事実、ビタミンCは肌を美しくするために大活躍してくれるビタミンです。

ビタミンCサプリのイラスト

まず、ビタミンCはコラーゲンを体内生成するための原料となります。

コラーゲンは潤いある肌を作り出す成分です。ゼリーや動物の皮などのプルプルとした食材で、「コラーゲン配合」と謳われているケースが目につきますが、コラーゲンはそれらの食材の感触のようにハリのある肌には欠かせない要素です。アンチエイジングとしても、ビタミンCの摂取は効果的です。

また、ビタミンCは肌荒れの原因となる成分をコントロールする役割もあります。シミやくすみの原因となる酸やメラニンの働きを抑え、肌を美しく保ってくれます。

毛穴を狭くするためにも、ビタミンCは力を発揮します。毛穴が開くと汚れがたまりやすいだけでなく、毛穴から水分が逃げていく傾向があります。

ビタミンCは細胞を引き締めてくれるので、美容成分をしっかりと閉じ込めるのをサポートしてくれるのです。

まずは食生活の改善が近道!肌荒れを防止するために

肌荒れと食生活は密接な関係を持っています。食生活や食習慣を改善させることで肌荒れが改善に向かう可能性もあります。

まず、肌を美しく保つためには避けたいのが夜食です。特に22時以降の夜食はカロリー消費が少ないために体内へと栄養素が蓄積されやすくなります。消化しきれなかった老廃物が肌へとたまり、肌荒れを引き起こすこともあるのです。

そして、深夜の夜食は睡眠に弊害をもたらします。睡眠中は体力や脳を休めている時間ですが、すべての機能がストップしているわけではありません。特に新陳代謝やホルモン分泌など美肌とは切り離せない機能が活性化しています。

ところが、寝る前に食事をすると新陳代謝以上に消化へとエネルギーが注がれてしまい、思うように新しい細胞が生まれてこなくなってしまいます。目覚めると肌がカサカサになっていることも珍しくないのです。

睡眠がもたらす美肌効果を享受するためには規則正しい食習慣が重要です。また、肌に潤いを与え乾燥を防止することにもつながるでしょう。

肌荒れを防ぐためには、原因となる食材や成分を可能な限り避ける意識が肝心です。消化されにくく、体内に残りやすい成分は極力食べないようにしましょう。

糖質、油、脂質などは美肌を邪魔する成分だといわれています。主にお菓子や揚げ物、脂身などに含まれている成分ですが、これらの食べ物が好物だという人も少なくありません。まったく食べない状態もストレスをため込んでしまい逆効果になるので、食べるときは量と時間帯を気にするようにしましょう。

甘いものを食べる女性のイラスト

ビタミンを豊富に含んだ野菜などと一緒に、規則正しい時間帯に食べるほうが無難です。

また、お菓子はカロリー燃焼の余裕がある、14~15時くらいに食べるようにしましょう。深夜や食事の直前は、消化機能への負担を大きくさせるのでおすすめできません。

アルコールもまた脱水状態を招き、肌を乾燥させる原因となります。アルコールと一緒にたんぱく質や野菜を摂取するよう心がけ、深酒はしないほうが賢明です。

食生活では偏食をせず、好きなものに偏らない献立を作るようにしましょう。健康な肌を作るためには複数の成分が必要とされるので、食事のバランスが整えば肌荒れ改善へと役立ちます。内臓も健康になり、新陳代謝も活性化する好循環が生まれるでしょう。

毎日のお手入れが大切!肌荒れを抑えるスキンケア方法

肌荒れの解消や予防のためには日々のスキンケアが非常に重要です。スキンケアを怠っていた人はささいなポイントを意識するようになると、大きな効果を実感できることもあるでしょう。

まず、意識したいのがスキンケア用品や化粧品の相性です。スキンケアは念入りに行っているつもりなのに、思うような効果が現れていない人は現在つかっている商品を見直ししてみましょう。

市販のスキアンケア用品に粗悪品があるといいたいわけではなく、自分の肌トラブルに適した商品かどうかをチェックすることが大切なのです。

化粧品で注意したいのは、メイク中、肌に違和感を抱かないかという点です。

肌に合った化粧品であれば、ノリもよくて大きな違和感を抱くことは少ないでしょう。かゆみや痛みを感じるようなら、即刻別の化粧品へと買い換えるのが得策です。

メイクの際、クレンジングを行っているかどうかも大きなポイントです。クレンジングは肌に潤いを保ったままメイクするための重要なプロセスです。

クレンジングが雑になっていた人はしっかりと段階を踏まえることでメイクによる肌荒れを防げることもできます。

メイクを落とした後のケアも気をつかいたい工程です。洗顔した後、化粧水や乳液をつかっていない人は、積極的に取り入れてみるといいでしょう。

また、加湿器を設置するのも保湿効果を期待できます。

紫外線対策を徹底すると、くすみやシミを防ぐことができます。帽子やサングラスも効果がありますが、より顔全体を守るためにはパウダーやファンデーションが向いているといわれます。

ストレスもまた肌荒れを引き起こすため、どうやってストレス解消を行うかも重大な鍵です。「眠りが浅い」「食欲がなくて摂取できない」などの弊害を感じていたら、ストレスと向き合ってみる必要があるでしょう。

1日の中で少しでも、好きなことをやっている時間を作るのがおすすめです。音楽を聴いたり、動画を見たりするなどリラックスとルーティンワークをひもづけることができれば、ストレスにさらされたときもすぐルーティンワークをこなすことで心の平穏を取り戻しやすくなります。

入浴や睡眠も大きく影響する!?生活習慣の見直しを

毎日当たり前のようにこなしている生活習慣の質を高めれば、肌荒れ解消へとつながる確率が上がります。そこで、深く見直したいのが入浴と睡眠です。

入浴は肌に潤いを与えて汚れを落とすための時間として大切です。睡眠は内臓の働きを活性化させ、ストレスを軽減するための時間として欠かせません。

入浴に関しては、全身の洗い方について振り返ってみるのがいいでしょう。肌荒れを防ぐために大切なのは皮脂を落とすことです。皮脂は細胞を硬化させ、ひび割れやしわの原因となります。少し強く洗うことで皮脂は落ち、肌は滑らかさを保てます。

しかし、皮脂を生み出す皮脂腺は全身に満遍なくあるわけではなく、脚や二の腕などには量が少ないので強くこする必要はありません。むしろ、強くこすることで細胞が破壊され、肌荒れを招くこともあるのです。

石鹸やシャンプーにもこだわりたいところです。オーガニックな原料のものを使うことで肌荒れ対策になる可能性はあるでしょう。

入浴は水分を体に取り入れているのだから、長ければ長いほどいいと考える人もいます。しかし、実際には長くお湯に浸かることで美容成分が流れ出し、肌が乾いた後で乾燥肌になってしまうリスクが増えます。

睡眠に関しては、とにかく毎日、一定時間の睡眠を確保することが重要です。睡眠時の新陳代謝が起こるのは眠りに入ってから3~4時間ほど経過した時点だといわれています。つまり、少なくとも4時間以上は睡眠時間を確保しないと、良質の新陳代謝は期待できなくなります。

また、ホルモン分泌がもっとも活性化される時間帯は眠っている間の深夜1~2時ごろだといわれています。深夜までの夜ふかしは、ホルモンバランスに悪影響を与えているといえるでしょう。

人の生理現象には個人差があるものの、総じていえるのは早寝早起きの睡眠習慣を身につけることの重要性です。

最初は早寝早起きが厳しい人も、何日か繰り返しているうちに体内時計が変化し、決められた時間に就寝したり起床したりできるようになります。

また、寝る前のルーティンも睡眠の質を高めるために一役買います。体を温めアロマなどでリラックスする、脳を刺激しないようテレビやスマホを見ないなどの工夫を心がけましょう。

心配な時や最終手段に!皮膚科の受診を検討しよう

肌荒れ対策は多くの場合、自力で生活習慣を変えることで成功します。しかし、どんなに努力しても成果が出ないこともあります。

たとえば、先天的な原因があり、自分でも気がついていないなら自力だけではどうしようもないことがあるでしょう。また、誤った方法を信じ込んで実践している恐れもあります。肌荒れに悩まされているのに解消される気配がないなら、皮膚科に相談するのが最終手段です。

皮膚科にいく最大のメリットは、言うまでもなく治癒する確率が上がることです。一人ひとりの事情に合わせて薬を処方してくれますし、生活へのアドバイスもしてくれます。上手くいけば、スピーディーに肌荒れが治ることもあるでしょう。

肌荒れの薬は薬局でも手に入れることはできますが、自分の症状を正しく理解できていない人は、適切な薬を選ぶことが困難です。

皮膚科の診断を受けたうえで処方される抗生物質やステロイド剤のほうが、原因が明らかとなり大きな効果を期待できるでしょう。

肌荒れの原因を詳しく理解できるのも収穫です。薬や食事で、一時的に肌荒れを防ぐことはできても再発してしまう人は数多く存在します。

肌荒れの原因を理解できない限りは対処療法に甘んじるしかなく、再発を予知しきれないからです。しかし、皮膚科で徹底的に検診を受ければ自分でも気がつかなかった思わぬ原因が判明することもあります。

体質や生活環境、生活習慣など具体的な原因が分かれば、根絶できる希望が生まれます。そして、肌荒れ解消後は再発する確率が大幅に減るのです。

相談相手ができるのも皮膚科にいくメリットのひとつでしょう。

肌荒れは人によって、非常に繊細なコンプレックスであり、他人に話すことがためらわれる症状です。結果、ひとりで抱え込むあまり的確な対応ができず、状態を悪化させることもあります。しかし、皮膚科の先生はその道のプロフェッショナルであり、フラットな視線から伝えられるアドバイスに、思い悩んでいた人ほど救われることでしょう。

情報収集の場としても皮膚科は理想的です。最新の治療法や症例など、皮膚科には数多くの情報が集まってきています。中にはインターネットでも簡単に検索できないものが含まれており、直接足を運ぶからこそ先生から教えてもらえることがあります。

医師

肌荒れが悪化するのは、肌トラブル以上の病気が隠れていることも考えられます。悩みを引きずるよりも、専門家に診てもらって楽になりましょう。

肌荒れの原因と種類!【改善や防止のための方法は?】のまとめ

肌荒れ対策で重要なのは、肌荒れが起こったときに放置しないことです。ファンデーションを塗れば簡単にカバーできることが大半です。しかし、いつの間にか肌荒れが広がり、治癒に時間がかかってから対策に動き始めると後悔することになります。何より、肌荒れの裏に大きな原因が存在していたなら、早く対処するにこしたことはないでしょう。そのためには、自分自身の生活を振り返ることが大切です。肌荒れは生活の改善点を教えてくれるきっかけにもなるでしょう。肌荒れは体があなたに送っているサインであり、何かを変えるきっかけになりえる現象です。健康な肌を取り戻せるように努力しましょう。根気強く肌荒れとつきあうようにすれば、体質は改善され肌荒れが起きにくくなっていくでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む