美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

スポンサードリンク


肌荒れの原因は何がある?【美肌を保つためには】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

肌荒れは、美肌を目指す女性にとって、大きな悩みの種ともいえます。肌荒れが起こるたびにため息をつかなくても済むように、日々の生活で肌荒れ予防を意識してみましょう。また、肌荒れがおこったときの正しい対処法も知っておくと安心です。

肌荒れの原因が気になりますが、化粧品の成分が原因になっていたり、生活習慣もかかわって来るようです。肌荒れの原因になっていないか身の回りの環境を見直してみましょう。肌荒れに悩まされず、美肌を保つ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

肌荒れは主にどんな症状があるの?

肌に現れた気になる症状を、ひとことで「肌荒れ」といいますが、肌荒れとは具体的にどのような症状のことを指すのでしょうか。

一般的に肌荒れとは、

  • ニキビや吹き出物
  • カサつきや湿疹
  • 毛穴の開き

などがあげられます。

ニキビは思春期にできるものというイメージがあるかもしれませんが、大人になってからは思春期とは異なった原因でニキビができることがあります。

思春期にできるニキビは、主に過剰な皮脂分泌が原因といわれ、鼻の周りや額にできやすいのが特徴で、大人ニキビは過剰な皮脂の分泌だけでなく、ホルモンバランスや食生活の乱れが原因で、あごや口の周りにできやすいのが特徴です。

カサつきは、肌の表面が乾燥しているだけと軽く考えがちですが、実は肌の保水力が弱くなっている証拠で、放っておくとさまざまな肌荒れを引き起こす可能性があるので、きちんとした対処をしておく必要があります。

肌を触ったときにキメが粗く、カサつきやごわつきを感じた場合は注意しましょう。

肌荒れはほかにも、肌の保水力やバリア機能の低下で、かゆみや細かい湿疹が広範囲に現れるという症状もあります。頬や目の周りなど、皮膚が薄くデリケートな部分に出ることが多いのですが、それ以外にも、おでこや口の周りなどあらゆる部分に出るのが特徴です。

湿疹が現れると化粧ノリが悪くなったり、見た目が気になるだけでなく、かゆくてかいてしまい症状が悪化するといった悪循環を招く恐れもあります。

頬がヒリヒリしている女性

また、毛穴の開きも気になる症状ではないでしょうか。過剰な皮脂の分泌や加齢によるたるみが主な原因で、毛穴が大きく広がると化粧をしても隠し切れなくなってしまいます。

健康な肌は、肌のバリア機能が正常に働いているため、肌に弾力がありキメが整っているのですが、これらの肌荒れが起きているときの肌は、そのバリア機能が正常に働いていません。

肌には4つの層に分かれている「表皮」と、肌の基礎部分ともいえる「真皮」というふたつの層が存在し、細胞が積み重なってできています。

肌の構造のイラスト

さらに、細胞が新陳代謝を繰り返すことにより、新しい細胞を作り出し、外部からの刺激や異物の侵入を防ぐバリア機能を保っているのです。ところが、さまざまな原因でバリア機能が正常に働かなくなり肌荒れが起こってしまうのです。

では、具体的にどのような原因で、肌荒れが生じるのでしょうか。

肌荒れのさまざまな原因とは?

肌荒れの原因はさまざま考えられます。

例えば「ホルモンバランスの乱れ」です。

ホルモンバランスが乱れると情緒不安定になったり体調を崩しやすくなるということは、何となく知っているのではないでしょうか。

それ以外にも、ホルモンバランスが乱れると、肌荒れの原因のひとつにもなる皮脂が過剰に分泌されることや、肌が敏感になりちょっとした刺激で肌荒れが起きやすくなることがあるのです。

女性の妊娠や生理周期には

  • 「エストロゲン」
  • 「プロゲステロン」

という女性ホルモンが大きく関わっていますが、ふたつのホルモンはバランスをとることで女性の健康や美肌を維持しています。

エストロゲンは女性らしい体のラインをつくるほか、ハリのある潤った肌を維持してくれる美肌ホルモンともいわれていて、減少すると肌の乾燥やハリの低下が生じて毛穴が開くという症状があらわれます。

プロゲステロンは、妊娠をサポートするほか、肌の潤いを保つ皮脂分泌を促進する役割もあるホルモンです。過剰に分泌されると皮脂の分泌が盛んになり、ニキビができやすくなってしまいます。

さらに、ホルモンバランスが崩れると、美肌には欠かせない肌の新陳代謝が正常に行われなくなるため、肌荒れが起こりやすくなります。

また「食生活の乱れ」も肌荒れの原因のひとつといえるでしょう。

健康な肌を保つためには、

  • ビタミン
  • たんぱく質
  • ミネラル

など色々な栄養素が欠かせません。偏った食事をしていると、これらの栄養素が十分に摂取できずに、健康な肌を維持することができなくなります。

ただし、いくら栄養に気をつけていても、甘いものを食べすぎると意味がありません。なぜなら、糖分が体内で分解・吸収されるときに、美肌をつくる大切なビタミンB群が消費されてしまうからです。

それから、油の多いファストフードや外食ばかりしているという人も要注意です。良質で適量の油は、肌の潤いを保つためには必要ですが、外食では気が付かない間に油を多くとりがちで、皮脂の分泌が盛んになりニキビを招きやすくなります。

そして、美肌をつくるために使用しているはずの「化粧品の成分」が原因で、肌荒れが生じることもあります。

化粧品を使って困っている女性のイラスト

多くの化粧品には、美肌に有効とされる成分が含まれていますが、その中に入っている成分が肌に合わないことや、肌荒れを引き起こしやすい成分が含まれている化粧品もあるので注意しましょう。

肌荒れを引き起こす!悪影響のある化粧品の成分

肌荒れの原因のひとつに化粧品の成分をあげましたが、注意が必要な成分について紹介します。

まずは「合成香料」です。

化粧品の使い心地を良くするために使用されていることが多く、その化粧品の香りが好きで使い続けているという人も少なくないはず。しかし、この合成香料は、アレルギーを引き起こしやすい物質といわれているので注意が必要です。

そもそも、ほとんどの化粧品の成分表示には「香料」という言葉で表記されていて、具体的な成分が表記されることがありません。そのため、自分に合わない成分が使用されている可能性も否定できないのです。

さらに、たくさん種類のある香料の中には、紫外線に当たることで成分が変わって肌にダメージを与えてしまうものもあるので、できれば避けましょう。

「石油系合成界面活性剤」も悪影響を及ぼす可能性があります。

石油系合成界面活性剤は「ラウレス硫酸Na」「ステアリン酸グリセリン」などと表記されていて、保存しやすく価格が低いため多くの化粧品で使用されている傾向です。これは、化粧品に含まれる成分同士を均等に混ぜ合わせるために使用される成分ですが、肌のバリア機能を壊して肌荒れを起こす原因にもなります。

敏感肌の人や乾燥肌の人は、特に影響を受けやすいので化粧品を選ぶときにはチェックしてみてください。

肌の潤いを保つために配合されている「合成ポリマー」も肌荒れの原因となるので注意です。

合成ポリマーとは、高分子樹脂で水分をたくさんため込むことができるので紙おむつなどに使用されています。

水分を保持する力があるので、肌に乗せたときにはふっくらと潤いのある肌になったように見えますが、肌そのものが潤っているわけではありません。そのため、肌そのものの保水機能が弱まり、気がつかない間に肌の内部では乾燥が進みます。

さらに、本来は人体に存在しないはずの成分で肌を覆っているため、皮膚には負担がかかるのです。

合成ポリマーは「ジメチコン」「セルロース」「カルボマー○○」といった表記がされています。それから、殺菌や収れん作用が期待できる「エタノール」は、オイリー肌用の化粧品などに含まれることが多い成分ですが、肌の水分を奪いやすく肌の乾燥を招きます。

乾燥が進むと肌荒れの原因にもなるので、エタノールもできれば避けたい成分です。「エタノール」「無水エタノール」と表記されています。

肌荒れを抑えるために!実践すべき対処法

では、実際に肌荒れが起きてしまったときには、どのような対処法があるのでしょうか。

肌荒れを改善するためには、原因を改善することが必要です。

もし、はじめて使用した化粧品で肌荒れが起きてしまったなら、直ちにその化粧品の使用を中止ます。多少のヒリヒリや赤みが出るくらいなら我慢する人がいるかもしれませんし、高価な化粧品ならもったいなく感じるかもしれませんが、使用し続けると悪化する恐れがあります。

また、肌荒れの大きな原因は、乾燥による肌のバリア機能の低下です。

そのため、乾燥を改善してしっかり保湿をし、バリア機能を正常に戻してあげましょう。

肌の細胞の間には、セラミドなどが主な材料の「細胞間脂質」という脂質があり、肌にある水分の過剰な蒸発を防ぎ、外部の刺激から肌を守るバリア機能を果たしてくれます。

この細胞間脂質を守り、さらなる流出を防ぐために洗顔と保湿を意識してください。

普段は朝晩ともに洗顔料を使用している人でも、肌に刺激を与えないよう朝の洗顔はぬるま湯だけにします。

夜寝ている間は外気に触れることがなく、落ちにくいホコリや汚れはついていませんし、寝ている間に分泌される皮脂は、ぬるま湯洗顔のみで十分落とすことが可能です。皮脂を過剰に落としすぎない38度以下のぬるま湯で優しく洗いましょう。

外出やメイクをしていなければ、夜もぬるま湯洗顔のみで大丈夫です。

メイクをしてクレンジングが必要なときはジェルやミルクなど肌への負担が少ないクレンジング剤を使用してください。

肌荒れ中は肌をこすり刺激を与えるふき取りタイプのクレンジングは禁物です。洗顔後は、肌から水分が蒸発するのと一緒に、角質層の水分も蒸発していってしまうので時間を置かずに保湿を行います。

化粧水をつけるときには、たたき込んだりコットンを使用したりすると肌へ刺激を与えてしまうため、化粧水をつけた手のひらで優しく顔を包み込むようになじませます。その後、乳液やクリームでしっかりふたをしてあげれば、保湿の完了です。

複数のスキンケアを行う女性のイラスト

さらに、今ある肌荒れの悪化を防ぐため、肌荒れが落ち着くまでは、なるべくメイクをやめます。

メイク用品には、先ほど紹介した肌荒れの原因になる成分が含まれていることも多く、肌に負担がかかります。その上、バリア機能が低下している状態の肌に、刺激の強い成分が含まれたメイク用品を使用すると、さらに悪化する恐れもあるのでメイクは控えましょう。

仕事などでどうしてもメイクをしなければいけない場合は、刺激の少ない敏感肌用のメイク用品を使用するという手もあります。ただし、帰宅した後は速やかに敏感肌用クレンジングなどでメイクを落とし、たっぷり保湿をしてあげてください。

美肌にするための生活を始めよう!見直すべきポイント

肌荒れに悩むことのないよう、生活で見直すべきポイントがいくつかあります。

例えば「食事」です。美肌に効果的な成分が含まれた化粧品はたくさんありますが、体の中から働きかけることも大切なポイントといえます。肌荒れの原因にもなる外食を減らすことはもちろん、美肌に効果のある栄養素を積極的に摂取しましょう。

まずは、人の体をつくるのに欠かせない「たんぱく質」です。

健康な髪の毛や爪、肌をつくるために必要不可欠な栄養素で、肌のハリを保つコラーゲンを作り出す材料にもなります。

たんぱく質は

  • 肉や魚
  • 大豆

などに多く含まれています。

それから「βカロテン」です。

  • かぼちゃ
  • にんじん
  • ほうれん草

などの緑黄色野菜に含まれていて、体内に入るとビタミンAに変換されます。皮膚や粘膜に作用して、肌荒れや肌の老化を防いでくれます。加熱しても壊れにくく、油と一緒に調理すると効率よく吸収されるため、野菜炒めなどにして食べるのがおすすめです。

そして「ビタミンC」も美肌に効果的な栄養素のひとつです。シミ・そばかすに効果的というイメージが強いかもしれませんが、実はビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きや代謝を促進する働きもあります。美肌のために必要なビタミンCの摂取量は1日1,000mgといわれているので意識してみてください。

ビタミンCサプリのイラスト

美肌になるには「睡眠」も欠かせないポイントです。なぜなら、新しい細胞を作り出す肌のターンオーバーは睡眠中に行われるからです。

ターンオーバーには成長ホルモンが関わっていて、成長ホルモンが分泌されるとターンオーバーが始まります。成長ホルモンは、眠り始めてから約3~4時間くらいまでの深い眠りの間にたくさん分泌されるといわれているので、最低でも、ホル3~4時間程度の睡眠は必要です。

寝る前のカフェインやアルコールは眠れなくなるだけなく、浅い眠りになるなど質の良い睡眠の妨げとなるので控えましょう。

そして「ストレス解消」も美肌に大きな効果を期待できます。ストレスは自律神経のバランスを崩し、その結果ホルモンバランスも崩してしまいます。

また、ストレスを感じると、体内ではシミやたるみの原因にもなる活性酸素が大量に発生するため、美しい肌を保てなくなるのです。

好きなことをしたり、適度な運動をしたりして上手にストレスを発散させることを心がけてください。

毎日の積み重ねが美肌にする!スキンケア方法

スキンケアの方法も意識してみてください。

スキンケアの基本となる洗顔は、肌荒れの対処法でも紹介した洗顔方法を毎日実践してみてください。

クレンジング剤はどうせ洗い流してしまうからと、あまり意識しない人も少なくないようですが、肌に直接つけて使用するものなので化粧品と同じように、石油系界面活性剤やアルコールなど肌への刺激になる成分が含まれていないものを使用しましょう。

また、乾燥肌の人や敏感肌の人が刺激の強いオイルクレンジング剤を使用すると、肌に必要な油分まで過剰に流し出てしまい、肌荒れを招く可能性があるので注意します。化粧水は優しく肌になじませるのはもちろん、たっぷりと使うことも大切です。

ただし、肌は1度に大量の水分を吸収できるわけではないので、1度になじませる化粧水は500円玉程度の量を目安に、2~3回に分けてなじませてください。

肌に水分を補充したら、水分の蒸発を防ぐために必ず乳液や保湿クリームでふたをします。

乳液や保湿クリームには、水分のふたの役割をする油分が含まれているので忘れずにつけます。

保湿クリームには、美肌効果が期待できる栄養成分が含まれていることが多いようですが、乳液よりも油分が多く、人によってはべたつきを感じるかもしれません。そのため、乾燥する時期はクリームを使用して、夏は乳液を使用するなど使い分けをしても良いでしょう。

それから、手軽なシートマスクを使用している人がいるかもしれませんが、毎日使用することはおすすめできません。

肌への水分や栄養の補給のために行っているはずのシートマスクですが、角質層に水分が多い状態が続くと、土砂崩れと同じような原理で角質層が崩れやすくなってしまうのです。

角質層がはがれてしまうと、肌はバリア機能を正常に働かせることができなくなり肌荒れを引き起こします。

入浴中のシートマスクは効果がアップするという説もありますが、入浴によって水分が多く含まれ、角質層がもろくなっている状態の肌にシートマスクを乗せるというのは、より肌へ負担をかけていることになるので控えましょう。

肌への栄養補給としてシートマスクをするなら、週に2、3回程度で10分以内にはマスクを外してください。

また、しばらくの間、肌に乗せておくことを考えると、成分もきちんとチェックしなければいけません。肌に良い成分だけをチェックするのではなく、アルコールや石油系界面活性剤が含まれていないかも確かめることが大切です。

肌荒れを防いでくれる!おすすめ化粧品

肌荒れを防ぐための、日常のポイントやスキンケアを実行するなら化粧品も意識したいものではないでしょうか。肌荒れ防止を期待できるおすすめの化粧品は、セラミドが配合されている化粧品です。セラミドは、肌のバリア機能と水分保持という重要な機能をもっています。セラミドは加齢と共に減るといわれているので、化粧品で補ってあげることが大切です。

実は、セラミドにはいくつかの種類があります。

化粧品に配合されることのあるセラミドは主に7つで、

  • 水分保持とバリア機能に優れた「セラミド1」
  • 人の肌に一番多く含まれている「セラミド2」
  • 水分保持とシワ軽減の機能をもつ「セラミド3」
  • 角質のバリア層を作り、その層を保持する機能がある「セラミド4」と「セラミド5」
  • 水分保持のほか、ターンオーバーの促進や、シワ軽減の機能がある「セラミド6」
  • 皮膚にある菌のバランスを整えてくれる「セラミド7」

です。そして、大きく分けると4つの原料があります。

「天然セラミド」は馬などの動物由来のセラミドで、セラミド1~セラミド7まですべてが含まれていて、価格は高めですが肌へ浸透しやすいという特徴があります。成分表示には「セレブロシド」「ビオセラミド」と表記されているのでチェックしてみてください。

人の肌に存在するセラミドと全く同じ構造をしている酵母由来のセラミドはバイオセラミド(ヒト型セラミド)です。天然セラミドのような保水力と浸透力が特徴で「セラミド3」「セラミド6」など、含まれているセラミドがどのタイプなのかわかりやすく表記されています。

米や大豆が原料の「植物性セラミド」もあります。「植物性セラミド」「コメヌカスフィンゴ糖物質」という表記がされていて、植物性セラミドは肌に優しいのが特徴です。

鏡をみて肌の状態に喜ぶ女性

そして、化学的にセラミドに似た物質を合成した安価な「合成セラミド」も存在します。分子構造がセラミドに似ているだけで、他のセラミドとは違うので肌荒れ対策にはおすすめできません。「セチルPGヒドロキシチエルパルミタミド」などと表記されています。

セラミド配合の化粧品はたくさんありますが、原料の違いなどを考慮して選んでみると良いでしょう。

また、セラミドの生成をサポートしてくれる成分が含まれている化粧品もおすすめです。例えば「ライスパワーエキスNO.11」は、厚生労働省が、セラミドを強化して皮膚水分保持の改善が期待できると認めた成分で、多くの化粧品に含まれているのでチェックしてみましょう。

肌荒れが治らない… そういう時は皮膚科を検討

「肌荒れ対策をきちんとしているのに、なかなか治らない」という場合は、皮膚科の受診を検討してみてください。皮膚科で受診をすれば、なかなか治らない肌荒れの原因がわかるので、適切な対処ができます。

例えば、自分では改善できないほど乾燥がひどい場合には保湿剤を処方してもらえます。皮膚の水分がこれ以上失われるのを防ぐ保湿剤や、皮膚の水分を保持する効果のある保湿剤などです。過剰に使用すると逆効果になってしまう可能性があるので、1日の使用量や使用回数をきちんと守って使用しましょう。

アレルギーが原因の肌荒れの場合は、抗アレルギー剤が処方されます。アレルギーの原因となる体内のたんぱく質を抑える効果があり、副作用は少ないのですが、効果が出るまでは個人差があります。人によっては効果が出るまでに1カ月以上かかることもあるので、根気よく続けましょう。

炎症がひどい場合は、抗生剤が処方されます。抗生剤には強い殺菌作用と消炎作用の効果が期待できますが、指示された通りに使用しなければ、耐性菌があらわれて薬が効きにくくなるので注意しましょう。

肌荒れがひどくかゆみを伴うときは、かゆみの原因となるヒスタミンという物質を抑える抗ヒスタミン剤が処方されるでしょう。

肌がかゆいからとかいてしまうと肌荒れは治るどころか悪化してしまいます。それを防ぐためにも抗ヒスタミン剤は有効といわれています。ただし、眠気や倦怠感などの副作用もあるので、車の運転は避けなければいけません。

また、ひどい肌荒れにはステロイドが処方されることもあります。ステロイドは高い効果が見込めますが、副作用もあるので医師や薬剤師の指示を守って使用しましょう。

肌荒れの原因は何がある?【美肌を保つためには】のまとめ

「肌荒れ」と一言でいっても、症状はさまざまです。多くの肌荒れの原因は、肌の乾燥ともいわれているので、保湿が重要なポイントといえます。高い保湿効果や肌荒れ防止に有効なセラミドなどが配合されている化粧品で、毎日正しいスキンケアを心がけましょう。また、肌の外から働きかける化粧品やスキンケアだけでなく、体の中からケアすることも大切です。それには、睡眠をしっかりとり、美肌に効果的な栄養をきちんと摂取することが必要です。万が一、肌荒れが発生してしまった場合は、紹介した対処法を試してみてください。それでも、なかなか改善が見られないときには、皮膚科を受診してみましょう。今回紹介したポイントをおさえて、肌の悩みの種でもある肌荒れを予防・改善し、いつまでも美しい肌を保ってください。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む