美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

埋没毛の原因と治し方は?【気にならない人は放置!】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

埋没毛になってしまうと場所によっては目立ってしまうので治したいものですが、埋没毛の原因とは何でしょうか?ムダ毛の処理方法などによって埋没毛になってしまうことがありますが、安全な治し方には放置という選択もあります。

Fotolia_83572887_XS-min

埋没毛の原因にはムダ毛の処理方法にあることが多く、毛抜きやカミソリなどを使った自己処理の仕方でなってしまうことがありますが、無理な治し方をしてしまうと皮膚を傷めてしまうこともアあります。埋没毛が気にならない場所であれば放置していくことが良いでしょう。

スポンサーリンク

埋没毛とは?

ムダ毛を自己処理しているという人の中には、埋没毛になってしまい悩んでいる人もいます。

この埋没毛とは、自己処理などをして、何らかの原因によって皮膚の中で毛が成長してしまうという状態のことを指します。この状態になってしまうと、見た目にも肌触りも悪くなり、肌を綺麗な状態にするためのムダ毛処理によって、人に見られたくない状態になってしまいます。

Fotolia_96130570_XS-min

この埋没毛になってしまうと簡単には治らないことから、とてもやっかいな症状と言えます。

無理やり、毛を出そうとすることにより、皮膚を傷つけてしまい、この傷からバイ菌が入り、炎症を引き起こすこともあります。

Fotolia_79811360_XS-min

この埋没毛を防ぐためには、今までしていたムダ毛処理の方法を見直すことが大切です。この症状は自分でムダ毛処理をしなければ、まず起こることのない症状です。

この症状を見つけた時には、今の自分のケア方法を見直すことが大切ですし、もしなったことがない人でも、安全なケア方法をすることが大切です。

埋没毛の原因は?

この埋没毛の症状が出る原因として挙げられるのが、毛抜きやカミソリなどを使った自己処理法です。なぜこの毛抜きやカミソリなどを使うと埋没毛になるのかと疑問に思う人もいるかもしれません。

カミソリを使うと、皮膚を傷つけてしまうことがあります。

Fotolia_83572846_XS-min

力を入れ過ぎれば、毛を剃っているつもりが、皮膚を削っている状態となります。この時に、傷つけられた皮膚の表面にかさぶたができてしまい、このかさぶたが埋没毛の原因となります。かさぶたの下の毛は、皮膚の表面に出ることが出来ず、行き場のない毛は皮膚の中で成長するといったことが起こります。

また、毛抜きを使った場合では、毛が途中で切れてしまい、毛先がとがることにより、皮膚の中に進入しやすくなり、進入した毛はそのまま成長を続けてしまって埋没毛となります。

このように埋没毛は、普段よく行われる自己処理によって作り出してしまうものです。

普段のケア方法を見直すことの大切さがわかっていただけたのではないでしょうか。

治し方は?

埋没毛になってしまった人にとって、どのようにしたら治せるのかが気になるところではないでしょうか。

自分で治したいという人に、おすすめなのが、角質を取り除けるケア用品を使って、肌を柔らかくすることです。

埋没毛ができる皮膚は、角質がたまり毛が表面に出にくくなっていることもあります。角質を取り除けるようなケア用品でケアしていくうちに、皮膚が柔らかくなり、自然と皮膚の表面まで毛が出てくることがあります。

Fotolia_43883559_XS-min

ただ、この方法では時間がかかる方法です。時間がかかるからといって、自分で皮膚を削って毛を取り出すようなことをすれば、炎症の原因ともなります。そのため、すぐに治したいと思い、無理やり治そうとすることは避ける必要があります。この行為により、炎症によって跡が残ってしまうこともあります。

Fotolia_68214376_XS-min

自分でケアするのは不安な人、少しでも早く治したいという場合には、医療機関やエステサロンなどを利用する方法もあります。このような施設を利用することで、短時間での治療も可能ですし、自分で治すよりも安全です。

放置しておくとどうなる?

埋没毛の対処法として、そのまま放置するという方法があります。

そのまま放置をすることで、無理やり毛を取り出すときに起きる炎症などの心配もありません。放置をすることにより、皮膚の中で成長をしている毛は自然と分解されて排出されるとも言われています。

Fotolia_76229235_XS-min

また、皮膚の中で成長期が終わり、毛が抜けた状態の埋没毛は、肌の代謝によって自然と肌の表面に押し出されてくることもあります。

皮膚は常に新しい細胞に生まれ変わっていて、古い細胞はどんどん皮膚の表面に押し出されていきます。この時に、皮膚の中にある毛も一緒に押し出されていき、自然と毛がポロリと取れることもあります。

そのため、時間がかかっても良いという人には、放置をするという選択肢もあるのですが、時には色素沈着や炎症を引き起こすといったリスクはあります。医療機関やエステサロンなどに行く暇がないという人や、埋没毛の治療のためのお金がもったいないという人は、そのまま放置するという選択肢もあります。

スポンサーリンク

皮膚科で治す?

埋没毛はとてもやっかいな症状です。

自分で治すとなると炎症の症状を引き起こす可能性もありますし、そのまま放置をしても色素沈着や炎症の可能性が全くないというわけでもなく、最も安全な治療方法は何かと思う人もいるのではないでしょうか。

この埋没毛を最も安全に治療する方法は、皮膚科などで治す方法です。

まずは、皮膚科などの医療機関の診察を受けることをおすすめします。皮膚の専門家である医師の診察を受けることにより、適切な治療やアドバイスをしてくれます。

Fotolia_47441081_XS-min

最も怖いのが自己判断です。

見た感じ、簡単に取り出せそうだと思い、針などを使って表面の皮膚を取り除き毛を取り出そうとして、結局炎症を起こしてしまったという人もいます。

皮膚科に行けば、正しい処置により安全に埋没毛を改善させることが出来ます。皮膚科に行くのは面倒と感じたり、埋没毛を見られるのが恥ずかしいと感じますが、自分で治すことにはリスクが伴うことから、最も安全な皮膚科で診察を受けることをおすすめします。

脱毛で治す?

埋没毛を治す方法として、医療機関でのレーザー脱毛やエステサロンでの光脱毛を利用するという方法もあります。

参考⇒脱毛サロンのおすすめは?【気になる料金と口コミをチェック!】

レーザー脱毛や光脱毛では、黒色に反応して照射されます。その特性から、皮膚の下にある埋没毛でも施術が可能ですし、医療機関ではまず埋没毛を肌の表面に出してから、レーザーを照射するといった治療をする場合もあります。

Fotolia_84131595_Lhikaridatumou-min

医療脱毛では、永久脱毛といった効果も得られることから、レーザー脱毛をすることにより埋没毛の心配もなくなります。

ただ、このレーザーや光脱毛では、肌の状態によっては施術が受けられない場合もあります。それは、肌の皮膚がすでに色素沈着を起こしている場合です。

Fotolia_66421993_XS-min

レーザーや光は、毛やメラニンなどの黒色に反応して照射されます。色素沈着を起こしている皮膚に、レーザーや光が反応してしまうことがあり、肌にダメージを与える可能性があるためです。

そのため、自分で無理に埋没毛を治そうとして、色素沈着などを起こす前に、まずは皮膚科などの診察を受けることが大切です。

尿素クリームが効果的?

自分でケアする方法では、皮膚を柔らかくする方法が得策です。

Fotolia_22948166_XS-min

無理やり取り出そうとすると炎症の原因にもなることから、少しでも早く皮膚の表面に出てくれるように、皮膚を柔らかくしておくことで早期治療につながることもあります。このケアで有効とされているのが、尿素クリームです。

Fotolia_81539432_XS-min

尿素クリームは、古い角質などを取り除くためによく使われるケア商品です。

この尿素クリームには、保湿成分や角質を取り除く成分も配合されていて、埋没毛には有効なケア用品とされていて、このケア用品でケアしている人も多くいるようです。

ただ、注意が必要なのが頻度です。少しでも早く埋没毛を解消しようと毎日のように使っていると肌を痛める原因にもなります。尿素クリームは、角質を取り除く成分が入っているため、使い過ぎると必要な角質まで取り除くことになり、肌を痛めてしまう可能性があります。

有効なケア用品なのですが、3日に1回くらいのペースで使うことをおすすめします。

治した口コミは?

口コミの中には、埋没毛は毎回放置しているという人がいました。
その人の場合には、

2~3週間程度で、皮膚が生まれ変わり外にでてきています、

とのことでした。

しかし、中には、

「一本だけですが、何年もそのままでしたよ」

といった声もありました。

このように、人によって、放置しても埋没毛の経過は違ってきているようです。

また、皮膚の中で長く伸び続けていた毛が2ヶ月くらいで皮膚を突き破り、外に出てきて、針で引っ掛けるとスーと抜けたという人もいます。このように、人によっては、自然と肌の表面までてくる人もいれば、皮膚の中で成長し続ける人もいますが、放置をする場合には、やはり多くの時間がかかっている人がほとんどのようです。

他には、自分で毛をいつも取り出していた人が、バイ菌が入り毛穴が腫れあがり外科手術をしたという人がいました。この人は、それからすぐにレーザー脱毛をしたとのことでした。

このように、自分で無理やりケアするのはリスクがあり、埋没毛を防ぐには、医療機関で永久脱毛をするのが最も効果的と考えられます。

埋没毛の原因と治し方は?【気にならない人は放置!】のまとめ

見た目は良くなく、一度気になってしまうとどうしても取り出したくなる埋没毛ですが、放置しておくことがもっとも安全で手間のかからない方法ではあります。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む