美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

スポンサードリンク


美容オイルで乾燥肌を上手に改善!【おすすめの使い方】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

最近話題の美容オイル。乾燥肌の改善や、肌トラブルの改善効果があるとされ、トライしている人も多いのではないでしょうか。この美容オイル、スキンケアだけではなくクレンジングにも使えるのですが、使い方を間違うと肌トラブルを悪化させてしまう可能性があるため、注意が必要です。

乾燥肌の方が美容オイルを使う時、どのように使えば効果があるのでしょうか。隠れ乾燥肌という言葉もあるくらいで肌の表面だけ潤っても乾燥肌の改善にはつながらないのです。ここでは、美容オイルを用いた乾燥肌ケアの方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

隠れ乾燥肌にならないように注意

美容オイルは、上手に使えば効果的にスキンケアを行うことができます。しかし、使い方を間違うと逆効果に。

特に、皮脂が足りているのに水分不足の隠れ乾燥肌になり、肌トラブルを進行させることもあるので注意が必要です。

隠れ乾燥肌とは?

肌の水分量が足りないと、皮膚の一番上にある角質が硬くなります。美容オイルを塗ると、角質が柔らかくなるため、肌質がよくなったように見えます。しかし、実は肌の内部が乾燥している場合があるのです。

インナードライのイラスト

こうしたいわゆる「インナードライ」の人が美容オイルだけで保湿を行うと、毛穴詰まりを引き起こし、ニキビなどのトラブルのもとに。

参考⇒インナードライの改善方法は洗顔?【主な原因は乾燥!】
毛穴の詰まり

また、もともと皮脂の分泌が多く、一見乾燥していないように見えるのに、肌内部が乾燥している人も多いので注意が必要です。オイルを使用する場合には、自身の肌質を知った上で適切に使用したいものです。

オイルは肌を守るバリアの代わり

オイルには、保湿効果があるわけではありません。洗顔後にいきなりオイルだけを塗って、保湿したつもりに思わぬ肌トラブルを招くこともあります。それなら、オイルを使用する意味はあるのか?と思いますよね。

オイルをスキンケアに用いる意味は、肌の表面にオイルを塗ることで、外部の刺激から肌を守るということなのです。

肌に刺激が直接伝わると、炎症などの原因となり、肌のターンオーバーがうまくいかなくなります。これにより、十分な保湿成分が作られなくなるため、肌の乾燥が進んでしまうのです。

肌のバリア機能を正常に保つためには、皮脂が必要です。この皮脂の代わりになるのが、美容オイルです。

従って、皮脂が不足している人は、化粧水や美容液を使用した後にオイルを使うのがおすすめです。

オイルは蓋として使用する

肌の水分量が足りない人は、まずは化粧水や美容液などでしっかりと水分を補給します。

化粧水や美容液は、有効成分入りのものがおすすめです。乾燥を感じているのなら、セラミド入りのものを、乾燥しやすい部位を中心に使用します。

美容オイルを使用するなら、その後。オイルを手のひらに1~2滴とり、伸ばしてなじませてから、顔を包み込むイメージで手のひらを肌に押し当て、オイルで肌に蓋をしてあげます。

皮脂の少ない部分にオイルを足す

オイルを肌に乗せた後に、目元や口元など、乾燥しやすい部位にさらに美容オイルを足します。これらの部位は、もともと皮脂が少ないため、オイルによる毛穴づまりの心配もありません。

女性の目元

クレンジングにも美容オイルを

「乾燥肌」というと、周囲の環境の影響で肌が乾燥すると考えがちですが、実は乾燥肌は自身で作ってしまうもの。肌バリアが低下することにより、周囲の乾燥に合わせて肌の水分が逃げやすくなっている状態と考えられます。

乾燥肌の原因の1つが、強い洗浄剤により肌の保湿成分を洗い流してしまうことにあると言われています。特に、毎日使用するクレンジング剤には注意が必要。クレンジング剤に含まれる界面活性剤が、肌への負担となります。

そこで、乾燥肌気味の人にこそおすすめしたいのが、美容オイルを用いたクレンジングです。クレンジング剤の代わりにオイルを用いることで、メイクをオフする際の肌への負担が軽減されます。

<用意するもの>
・美容オイル(オリーブオイル、グレープシードオイル、ホホバオイルなど、好みのものを)
・石けん(洗顔料でも可。石けん成分のみのものがおすすめ)

1)オイルを手のひらに取り、反対側の手の指先につけて、少しずつ肌になじませていきます。

2)オイルを肌になじませたら、指の腹を使いやさしくマッサージするように毛穴になじませます。

3)ティッシュペーパーを顔にかぶせるようにして、手で軽く押え、オイルをオフします。

4)石けんを泡立て、泡で顔を洗い、最後にぬるま湯で洗い流します。

敏感肌の人は、刺激が少ないオイルがおすすめ

肌が弱い人には、主成分が「ワックスエステル」のホホバオイルがおすすめです。ワックスエステルは人の肌になじみやすいのが特徴です。

また、ホホバオイルは、オイルの中では酸化しにくく、比較的変質しにくいと言われています。

ホホバオイルについて⇒ホホバオイルの効果的な使い方は?【頭皮の保湿やニキビにも!】

オイルが肌の上で酸化すると、肌の弱い人は赤みや痒みを生じることもあるため、酸化しにくいものを使用するのがおすすめです。

美容オイルで乾燥肌を上手に改善!【おすすめの使い方】のまとめ

ナチュラルコスメの1つとして人気が高い美容オイル。確かに、化学物質を添加しない天然のオイルは、肌への負担が軽いイメージがあります。しかし、オイル自体に害がなくても、使い方を誤れば肌にとってマイナスの作用をもたらすこともあります。美容オイルの特性をよく知り、正しく使用して健康な肌を目指しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む