美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

ローズヒップオイルのすごい効果とは?【別名「女優オイル」と言われている】 

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

美容オイルの中でも、特に美容目的で使用する人が多いオイルが「ローズヒップオイル」です。特筆すべきは、このオイルの持つ作用です。高級コスメも顔負けのその効果と聞くと気になる方も多いのではないでしょうか?美しいことで有名な女優たちが愛用することから、人気が急上昇。

ローズヒップオイルは、美容の効果が高いオイルのひとつと言われています。効果のあるオイルと聞いてもどのような使い方なのか気になる点もあるのではないでしょうか。おすすめの使い方と合わせ、その作用について解説していきます。

スポンサーリンク

ローズヒップオイルは成分の90%が美容成分!

「ローズヒップ」は、バラ科の植物の実のことで、ハーブティーとしても有名です。

この実から抽出されるのがローズヒップオイル。近年注目される美容オイルの1つです。

ローズヒップオイルは、美容オイルの中でも特に美容効果が高いことで有名です。その効果の高さから、多くの女優が愛用しており「女優オイル」と呼ばれるほど。

ローズヒップオイルの成分

ローズヒップオイルには、肌をキメ細かにし、なめらかに整えるという作用があります。

また、シミやくすみを改善する美白作用もあるとされています。

これらの効果は、ローズヒップオイルに含まれる以下の成分によるものです。

・γ-リノレン酸

γ-リノレン酸には、肌の油分と水分のバランスをコントロールする作用があります。乾燥肌、脂性肌など肌質を選ばずに使用でき、これら肌の悩みを改善する作用が期待できます。

また、肌にハリや潤いを与える働きもあるため、入浴後の保湿用としてもおすすめです。

・トランスレチノイン酸

トランスレチノイン酸には、皮膚の代謝を活性化させ、ターンオーバーを促す作用があります。肌内部に存在していたメラニン色素を表面に押し上げ、排出します。これにより、シミの予防や改善といった効果が期待できます。

鏡をみて肌の状態に喜ぶ女性

さらに、角質をはがす作用もあるため、肌荒れの改善効果も。

・リコピン

強い抗酸化作用を持つ色素で、トマトに含まれることで有名です。抗酸化物質は、活性酸素を除き、肌の老化を防いでくれます。シワやたるみを防ぎ、若々しい肌を保ちます。

・リノール酸

不飽和脂肪酸の一種で、肌のバリア機能を高める作用があります。

ターンオーバーのイラスト

バリア機能がしっかり働く肌は、乾燥や外部の刺激に強く、肌トラブルを起こしにくいため、スキンケアを行う際はバリア機能を改善することを目標に。

スポンサーリンク

ローズヒップオイルの使い方

ローズヒップオイルの効果的な使い方を、いくつかご紹介します。

ナイト美容液として

普段の美容液代わりに、ローズヒップオイルを使用するのがおすすめです。夜間、お肌のゴールデンタイムに合わせて使うことで、ローズヒップオイルの美容効果がより高まることが期待できます。

また、化粧水前に使うのもおすすめ。化粧水がより肌になじみやすくなります。肌に直接オイルを塗ることに抵抗がある場合には、化粧水に混ぜてもよいでしょう。

就寝前に肌に塗る、ナイトセラムとしてもおすすめです。

クレンジングに

普段使っているクレンジング剤の代わりに、ローズヒップオイルを使用します。

使用量の目安は、10円玉大程度。オイルを1度手のひらに取り、メイク全体になじませます。ローズヒップオイルだけを使うのはもったいないな……という場合には、他のキャリアオイルと混ぜるのもおすすめです。

メイクとよくなじませたら、ぬるま湯ですすぎます。

メイク汚れをしっかり落としつつ、スキンケアもできてしまう、一石二鳥の使い方です。

ボディケア用に

お風呂上りに、ひじやかかとなど、乾燥しやすい部分の保湿に使うのもおすすめです。

肌が濡れているうちにローズヒップオイルを手に取り、乾燥しやすい部分になじませます。その後、余分な水分をタオルで吸って完了です。

妊娠線予防にも使えるため、乾燥によるケア全般に。*妊娠中に使用する場合には、医師に相談の上使用してください。

マッサージオイルとして

ローズヒップオイルは、ボディマッサージ時のマッサージオイルとして使用することもできます。

左腕を触る女性のイラスト

オイルでマッサージ時の肌の摩擦を防ぎ、肌へのダメージを軽減しましょう。

ローズヒップオイルを使う時の注意点

ローズヒップオイルを美容目的で使用する場合には、いくつかの注意点があります。

開封したら早めに使いきる

ローズヒップオイルは、美容効果が非常に高く、スキンケアにおすすめのオイルです。しかし、非常に酸化しやすいというデメリットもあります。封を切ったオイルの使用期限の目安は、1~3カ月。

開封したら冷蔵保存し、早めに使いきるようにしましょう。

ローズヒップオイルの寿命を延ばすために、酸化に強いホホバオイルをブレンドするとよいでしょう。

夜間のケアに使う

酸化しやすいオイルは、紫外線を浴びると酸化し、肌トラブルの元になることがあります。オイルが肌の上で酸化してしまうと、シミやシワ、たるみの他、色素沈着(いわゆる油焼け)を起こすことがあるため、ローズヒップオイルは夜のスキンケアに用いるのがおすすめです。

ローズヒップオイルのすごい効果とは?【別名「女優オイル」と言われている】のまとめ

ローズヒップオイルは、女性の目指す美を叶える素晴らしいオイルです。ただし、使い方を誤ると肌トラブルを引き起こすため、正しい使い方をしましょう。おすすめは、ナイトケア。寝ている間のスキンケアに、是非活用してください。使い続けることで、肌質がアップするだけではなく、肌がワントーン明るくなることを実感できるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む