美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

乾燥肌の注意点!改善方法と予防策は?【生活習慣で悪化?】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

乾燥肌は冬などの乾燥する時期に限らず1年中悩まされる可能性があります。乾燥肌の原因は部屋の環境や生活の乱れなどからくることが多く、環境を整えることで改善する効果があります。改善をしなければ角質やフケの原因にもなりますのでしっかりと対策を学んでおきましょう。

乾燥肌の改善方法と予防策は、生活習慣もかかわってくるようです。普段の何気ない習慣が乾燥肌に結びつくことがあります。また、乾燥肌になってしまった場合の対策には、スキンケアも大切ですが、食事など内側からのケアで改善できることがあります。

スポンサーリンク

肌が乾くのはなぜ?乾燥のメカニズムとは?

肌の潤いは、肌の組織の働きや保水している水分量によって維持されています。その潤いを維持するために重要な組織の一部として角質層があります。

角質層の役割は肌の潤いをキープするだけでなく、体を物理的な刺激から守る役割も担っているのです。

角質層が健康な状態だと、柔軟でハリがあり滑らかな肌になります。

健康な角質層には、全体の約30%の水分が含まれています。さらに、その内の2~3%が皮脂、17~18%が天然保湿因子、残りの約80%が角質細胞間脂質に含まれています。

水分バランスが保たれているおかげで、健康で丈夫な肌を維持できるのです。

しわのない肌としわのある肌の女性のイラスト

角質層は皮脂膜や天然保湿因子、角質細胞間脂質の働きによって保湿されていますが、そのどれかが崩れてしまうと水分を保つ機能が弱くなってしまい、乾燥肌の原因になってしまいます。

乾燥肌の原因は皮膚の細胞間脂質や天然保湿因子、皮脂分泌量の低下があります。

これらの低下は

  • 年齢やホルモンバランス
  • 外的要因(気候や環境)
  • 生活環境
  • 病気など

があげられます。

また乾燥肌には種類があり、大まかに4つに分けられます。

1つ目として、一般的な乾燥肌はドライスキンと呼ばれ、原因として考えられているのは睡眠不足や食生活の悪化など生活習慣によるものや、年齢などの影響により角質層の保湿機能が低下してしまったことがあげられます。

2つ目として、アトピー性皮膚炎が原因の乾燥肌があります。アトピー性皮膚炎は、解明されていないことが多くありますが、病気が原因で肌の角質層などが破壊されてしまい、肌本来の保湿機能がなくなってしまい乾燥肌へとなってしまうのです。

3つ目は脂性乾燥肌です。皮脂が多く脂っぽい部分と乾燥している肌がある状態をいいます。原因はストレス性のものやホルモンバランスが崩れてしまうとなりやすく、思春期の若者に多くみられます。

4つ目は加齢による乾燥肌です。年齢が高齢になるごとに、新陳代謝が落ちてきてしまい汗や皮脂の分泌が少なくなってしまったり、角質細胞間脂質が減少してしまいます。必然的に保湿ができる角質層でなくなり乾燥肌になってしまいます。

いずれも、肌の角質層の水分バランスなどが崩れた結果、乾燥肌になるのです。

乾燥肌の原因になる!乱れた生活習慣や悪影響

年齢や病気でもないのに乾燥肌で悩んでいる人もいるでしょう。

乾燥の原因は生活習慣が乱れている場合も考えられます。例えば食生活が偏っていたり、睡眠不足だったりするとホルモンバランスが崩れ、皮脂の分泌量が変わり乾燥肌になる可能性があります。

食生活でいえばポテトチップスやファストフードなど脂っこい食事ばかり食べていると、皮脂が分泌する割合が増えてしまいます。

また、栄養が偏ることで肌が正常な機能をすることができなくなる可能性もあるのです。

睡眠も多くの影響を与えます。

夜に睡眠を取り始めてから3時間の深い睡眠時は成長ホルモンが多く分泌される時間帯です。成長ホルモンが分泌されないと、肌のターンオーバーが行われにくくなり古い肌が角質として残ってしまいます。

肌が新しくならず、古い肌のままでは適切な水分バランスを保てなくなり、乾燥肌になる確率を上げてしまうのです。

そのため夜更かしをせずに、できるかぎり0時までには眠るのが肌のために良いとされています。

入浴方法も間違っていると乾燥肌のリスクを上げてしまいます。熱いお湯が好きな人も多いと思いますが、熱いお湯に長時間浸かると角質層をふやかして細胞間脂質や天然保湿因子を流出させてしまうリスクがあります。

また、体を洗うときにも強く洗うと皮膚を傷つける可能性があります。

石けんなどで洗う回数が多い人は、必要以上に皮脂を落としてしまっている可能性があるので、洗う回数を減らすことをおすすめします。

部屋の環境も乾燥肌のリスクを高めます。冬や夏などはエアコンを使用する回数が増えます。しかしエアコンを使用すると部屋が乾燥してしまいます。空気中の湿度が50%以下の場合、角質層の水分が蒸発しやすくなるといわれているのです。

また、湿度を変えにくいコタツや電気毛布も肌に熱を与えてかゆみを誘発する可能性があり、かゆみによって肌をかいてしまうことで皮膚を傷つけてしまいます。

肌への刺激を弱めるために、着る服や布団の素材にも気を付けることで乾燥肌を予防することができます。日々の生活習慣を見直すことで、乾燥肌は抑制することができるのです。

食事によっても乾燥になる!?避けたい食べ物

食事は肌に大きな影響を与えます。

具体的に肌におすすめできないとされる食べ物は、コーヒー・ファストフード・スナック菓子・冷たい飲み物・アイスクリームなどがあげられます。

コーヒーはカフェインが含まれています。カフェインには体を冷やす働きがあり、代謝が悪くなります。

代謝が悪くなると、汗や皮脂の分泌が抑制されてしまい、保湿成分が十分に分泌されないため保湿が十分に行われなくなると考えられます。これは冷たい飲み物やアイスクリームにも当てはまります。

また、カフェインは利尿作用によって、体内の水分が外へ排出されやすくなります。

体内の水分が少なくなると体内からの保湿が十分に行われなくなるのです。そのため、カフェインが多く含まれる緑茶や紅茶、カフェイン入りの栄養ドリンクなどの摂り過ぎは控えるようにしましょう。

同様にお酒も利尿作用があるため、体内の水分が奪われ乾燥肌になるリスクを高めます。

外食ではファストフードに限らず、脂質や塩分が多い食べ物に偏ってしまう機会が増えてしまいます。そのため外食のときは選ぶメニューにも注意をすることが大切です。

居酒屋の料理

また、アイスクリームは乳脂肪を多く含んでいる製品もあるため、体を冷やすだけでなく脂肪分も多く摂る結果になり、肌にはあまりおすすめできる食べ物とはいえません。

肌の健康を保つためには、ビタミンやミネラルが必要になりますが、肌におすすめできない食べ物は必要な栄養素が少ないのも避けるべき理由に含まれます。ある程度の脂質を摂ることは良いですが、なにごとも過剰に摂取するのは体によくありません.

いずれの食品も完全に断ち切る必要はありませんが、乾燥肌を予防したい人は控えるのをおすすめします。

また、カフェインやアルコールを摂取した場合は水分をしっかりと摂るなど対策を行うことで乾燥肌のリスクを軽減することができるでしょう。

乾燥が悪化する!?間違ったスキンケア方法

乾燥肌を予防するためにスキンケアを行うのは良いですが、間違った方法でスキンケアを行っていると逆に悪化をしてしまう可能性があります。

間違った方法として、肌にダメージを与えてしまうやり方でスキンケアを行うのはおすすめできません。

例えばクレンジングや洗顔、化粧落としを行うときに指で何度もなでまわしたり強くこする方法は肌にダメージを与えている可能性があります。同様に何度も打ち付けるパッティングやクリームの塗り込み、マッサージも肌にダメージを与えており、乾燥肌のリスクを高めているのです。

また、クレンジングや洗顔のしすぎも肌には良くありません。肌をきれいにしようと、たくさん洗いたいと考えるのは良いですが、必要以上に洗顔をすると保湿に必要な皮脂がなくなってしまい保湿ができなくなるのです。

また天然保湿因子や細胞間脂質も流れ出てしまう可能性があります。もし、すでに肌が乾燥肌の場合はより肌の洗いすぎや刺激をしないよう注意をする必要があります。

化粧落としをするときは洗浄力の強いクレンジング剤を使用せず刺激の弱いものを選ぶのも鉄則です。すぐに洗い落とせるものやメイクや汚れとなじみやすいクレンジング剤は皮脂などを一緒に洗い流してしまうリスクが高いのです。

そのため、使うにあたりメリットが大きい「軽く落ちる」や「毛穴汚れや角栓まで落ちる」「濡れた手でも使える」など記載しているクレンジング剤は皮脂膜に負担をかけてしまう可能性があります。

もしクレンジングで皮膚のバリア機能を壊してしまうと、修復が間に合わなければ外的要因である紫外線や摩擦などのダメージの影響を受けてしまい、肌の環境が悪くなってしまいます。

肌のダメージが積み重なると、バリア機能が力を発揮しなくなってしまうため乾燥肌になってしまうでしょう。

肌の状態が悪くなり乾燥肌の可能性がみられる場合は皮膚科で診てもらってケア方法について相談することをおすすめします。

特に乾燥肌の人は、洗顔方法に限らず使用するクリームや保湿剤も肌に合ったものを選ばなければ悪化する可能性もあるので、改善のためにも病院を受診することをおすすめします。

乾燥肌対策に効果的?摂るべき食事の栄養素

肌を守るためにも、バリア機能を働ける環境づくりをサポートする栄養素を食事で補うことが大切です。

必要な栄養素を説明すると、

  • 皮膚や粘膜の健康維持に欠かせないビタミンAやビタミンC
  • 皮膚の健康とターンオーバーを正常化させる栄養素であるビタミンB群
  • 細胞の老化防止作用が期待できるビタミンE

が摂取をおすすめするビタミン類です。

皮膚はアミノ酸で構成されているので、たんぱく質を摂ることも忘れてはいけません。

また、ビタミンAやビタミンEは脂溶性ビタミンのため、脂質も食事では摂取したほうが栄養素が効率よく吸収されて良いでしょう。脂質も滑らかな肌を作るために必要な栄養素です。過剰摂取はいけませんが、適度に摂取するようにしましょう。

これらの栄養素を含む食材はとしていくつか例をあげましょう。

たんぱく質やビタミンA、肌に良いとされるビオチンを摂取できる「卵」は栄養が豊富で肌に良い食べ物です。

また、たんぱく質やビタミンB2、肌の状態を整えてくれるイソフラボンを多く含む「納豆」も効果的と考えられています。

納豆

野菜ではビタミンEやビタミンCも多く含まれる「アボカド」やビタミンCが豊富な「パプリカ」、腸の調子を良くし吸収を助けてくれる役割のある食物繊維を多く含む「モロヘイヤ」も肌に良い食材です。

血流をスムーズにさせる効果があるDHAやEPA、たんぱく質も豊富に含む「イワシ」もおすすめです。

また、健康的な肌を維持するために、新陳代謝を促進させる食べ物を摂取しましょう。

刺激物である唐辛子やニンニク、カレーなどは発汗作用が見込めます。発酵食品であるキムチは唐辛子による刺激で発汗作用が望めるほか、発酵によりビタミンが豊富に含まれているので一石二鳥の食材といえるでしょう。

効果は研究中ですが、海藻類やお米、こんにゃくに含まれる「植物性セラミド」も注目されている栄養素です。植物性セラミドを含む食材も体をきれいにする栄養素が含まれているので、食事に取り入れることをおすすめします。

乾燥肌を改善するために!正しいスキンケア方法

肌のスキンケアは、肌へのダメージを抑えて余分な皮脂を落とさないよう気をつけるようにする必要があります。

例えば、洗顔の頻度を抑えて洗顔フォームや石けん、クレンジングの使用を控えるようにしましょう。

朝に洗顔をしっかり行っていた人は、ぬるま湯で簡単にすすぐ程度にすることで肌へのダメージを抑えることができます。

また、洗顔のときはしっかりとホイップし泡を肌にのせるイメージで洗いましょう。直接指では洗わずに、泡を肌にのせて汚れを落とすことで、肌へ直接的なダメージを与えるリスクを抑えることができます。

化粧品を落とすときに使用するクレンジングは水性のクレンジングジェルやクレンジングミルクなら洗浄力が弱いので肌の弱い人にもおすすめです。

洗浄力が弱いものが肌には負担をかけないので、化粧を薄くしてさらに肌へのダメージを軽減できる状態にしましょう。もし仕事柄、化粧をしなければいけない場合、素早くクレンジング剤で化粧を落とすことが肌へのダメージを軽減できる手法です。時間をかけるほど肌へのダメージは大きくなるので注意が必要です。

洗顔が終わった後は、タオルで優しく水分を拭き取ります。ゴシゴシこすってしまうと肌へダメージを与える可能性があります。

タオルもゴワゴワなものよりも柔らかく肌に刺激が少ない素材が良いでしょう。タオルを使わない方法として、ティッシュペーパーを使用して水分を取り除く方法もあります。肌に優しいティッシュを使用すれば清潔で肌への刺激を極力抑えられます。赤ちゃんに使用できるタイプも販売されているので検討してみてはいかがでしょうか。

肌をリフレッシュした後は、化粧水を手にたっぷりと取り、肌に密着させるように浸透させます。

このとき、叩いたりなじませるように手を動かす必要はありません。肌の上に手をのせるイメージで染み込ませましょう。

保湿をする女性

クリームは皮脂が少ない目元や口元に塗るのがおすすめです。しかし、時間が経つと酸化してしまい肌に負担をかけてしまう面もあるので、肌が弱い人は医師と相談してから使用しましょう。

時間がある人はパックなどを使用して美容成分を肌に吸収させるのも良いでしょう。

乾燥肌を予防するには?効果のある方法は何がある?

乾燥肌の予防には正しい食事や睡眠、スキンケアが必要です。食事はしっかりと栄養バランスを考え、過剰摂取をしないよう心がけることが大切です。

また、食事を抜くことも肌荒れや乾燥肌の原因になる可能性があるので注意しましょう。

睡眠前や起床後は保湿ケアや軽い洗顔を行うことが大切です。化粧を残したまま寝てしまうと、肌への負担が大きくダメージを与えてしまいます。

しっかりと化粧を落として保水や保湿を行うことが大切です。

複数のスキンケアを行う女性のイラスト

保湿に使用するクリームには、低刺激なものやワセリンを使用するのが良いでしょう。特にワセリンはアトピー性皮膚炎の人にも使用できるので、少しベタベタしますが肌のダメージを抑えて使用することができるでしょう。

化粧水をつけるときは、肌の組織に使用されているセラミドを含む化粧水を使用するのがおすすめです。

睡眠は質が良くなるよう、環境を整えることが大切です。夜は蛍光色などの強い光を浴びていると、体は寝る準備ができません。暖色系の照明を使い、体を眠りに入りやすい環境を作りましょう。

また、ヒーリングミュージックや軽いストレッチ、アロマオイルなどでリラックスすることで、質の良い睡眠をとることができ、肌に良い成長ホルモンを分泌することができます。

家にいるときは加湿器を使用して湿度が低い環境をなるべく作らないことで、肌の乾燥を防ぐことができるでしょう。

日ごろから運動をしない人は軽い運動を取り入れ、汗をかいて新陳代謝を活発にすることも大切です。新陳代謝を活性化させることで、肌のターンオーバーを促進させて健康な表皮を作ります。

外に出るときは紫外線対策を行いましょう。夏で暑い日には、長そでのスポーツ用インナーを着ることで汗を直ぐに乾かすことや、インナーの締め付けにより疲労をためにくくすることが期待できます。

紫外線クリームを塗っても良いですが、汗で流れてしまう可能性もあるので、確実に紫外線をシャットアウトしたい人は長そでで涼しい素材の服を選びましょう。

長そでの服には、虫刺されを予防する効果もあります。虫刺されは炎症を起こすので、肌にも良くありません。日ごろの生活の中で肌に気をつかうことで乾燥肌を予防することができるのです。

部屋の加湿で乾燥の改善と予防を!使える加湿テクニック

肌の乾燥を予防するためにも、部屋の加湿は必要不可欠といえるでしょう。部屋の湿度は50~60%程度が良いとされています。乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人は60%位が良いでしょう。

乾燥肌の人はさらに加湿した方が良いのではと思うかもしれませんが、あまり加湿しすぎるとカビやダニの繁殖を促進させることや、窓に水滴がつき水あかの原因となり不潔な環境をつくる原因になってしまいます。

そのため、適度な湿度を保つのが肌には一番良いのです。

加湿器を使用する人は直接顔に当てるタイプの加湿器はおすすめできません。顔に蒸気を当てると蒸気が当たっているときは良いですが肌についた水分が蒸発したときに肌に含まれている水分も蒸発してしまい、逆に乾燥した肌の状態をつくってしまうリスクがあるのです。

加湿器は直接体に当てず、部屋の湿度を一定に保つために使用しましょう。湿度を保つことで、肌が乾燥するリスクを軽減できます。加湿器にはアロマ機能もあるのでリラックスをするためにアロマを混ぜても良いでしょう。

部屋を加湿する方法は加湿器を使用しなくても行えます。一番簡単な方法として洗濯物を部屋干しする方法です。湿度の調整は窓を開けたりすることで行えます。エアコンをつけていれば、乾燥と加湿を同時にできるがメリットでしょう。

部屋に観葉植物を置くのも良いでしょう。植物は葉っぱから水分を蒸発させ、空気中の水分を加湿してくれます。

シンプルにコップや洗面器に水を張っておくだけでも加湿効果が期待できます。近年は水分を吸水しやすい素材を使用した加湿用品が販売されており、コップなどに加湿用品と水を入れておくだけで効率よく部屋を加湿することができるでしょう。

最も手っ取り早く湿度を上げる方法として、霧吹きで部屋に水を散布する方法や、濡れたタオルを部屋で振り回す方法があります。空気中に一気に水分が含まれ、すぐに湿度を上げることができます。

上手にテクニックを使用して、お肌の潤いが逃げにくい環境をつくりましょう。

まとめ

肌の乾燥を防ぐための予防方法は多く全部を把握し実行しようとすると大変でしょう。まずは肌にダメージを与えない方法や肌の潤いを保つことを優先させましょう。洗顔なども、泡で出てくる石けんポンプも販売されているので、肌にやさしい泡を簡単に作ることができます。それ以外にもスポンジや泡立てネットを使用して泡立て、泡を使用すればきめ細やかで肌にやさしい洗顔が実現できるでしょう。良く泡立たせた石けんを使用することで、クレンジング剤や石けんが肌に残る可能性を抑えることができます。

肌の状態が気になる人は、皮膚科に相談にいくこともおすすめできます。また、乾燥肌に悩んでいる人やアトピー性皮膚炎を持っている人は医師へかかるようにしましょう。治療の必要性がなければ、医師は専門的なアドバイスを行ってくれるでしょう。また、保湿剤であるヒルドイドや白色ワセリン、ケラチナミンを処方してくれることもあります。外用薬の他にも、ビタミンB2やビタミンB6のように皮膚や粘膜健康を維持してくれる栄養剤を内服薬として処方してくれることもあるでしょう。アトピー性皮膚炎など病気の場合は、専用のクリームなどを処方してくれるはずです。乾燥肌対策を行いながら、医師に相談することで健康的な肌を維持することができるでしょう。

家事や仕事でも肌に刺激を少なくするよう気を配ることで乾燥肌を抑制することができます。水仕事ならゴム手袋をしたり、刺激が弱い洗剤を使用して肌へのダメージを避けることで乾燥肌を予防することができます。頻繁に水仕事を行わなければいけない場合は、こまめにハンドクリームをぬって保湿を行いましょう。ひび割れができてしまったときは尿素クリームなどの保湿クリームを使用するのが良いでしょう。また夜は手袋を使用して徹底した保湿を行い、肌が正常な状態に回復しやすい環境を作りましょう。対策をしっかりとたてれば潤いのあるきれいな肌を維持することができるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む