美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

生え際の白髪染めの頻度は?【マスカラタイプが人気!】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

生え際の白髪を目立たなくさせるには、髪型を変える事や白髪染めなどがありますが、どのような方法が良いのでしょうか?染める場合にはダメージが心配なので頻度を考える必要があり、白髪染めをしても、気付くと根元だけ白髪が目立ってきまので、トリートメントやマスカラでカバーする方法が簡単で人気です。

fotolia_123413375_xs-min

生え際の白髪染めをしてもすぐに目立ってしまう事が多く、頻度を重ねたくなりますが、頭皮へのダメージを考えるとやめた方が良いです。本格的な白髪染めの頻度は少なくして、生え際だけ別の方法でカバーする方法が、口コミでも人気があります。

スポンサーリンク

生え際の白髪は目立つ?

白髪を目立たなくさせるために必要としている白髪染めをしても、ある程度すると髪の毛が伸びて生え際の白髪が見えるようになります。

pixta_20211057_m-min

毎日の様に白髪染めができるのなら良いけれども、費用の面やダメージが関係して毎日のようにはできませんよね。そこで知りたいのが、生え際の白髪はそのまま放置でも良いのかそれとも隠す必要があるのかどうかです。

隠す必要があるのかそれともないのかどちらが良いのかというと、それはその人の髪型によって違います。

生え際の白髪は目立つ場合もありますし、全く目立たない場合もあります。生え際の白髪は、黒色から突然白色に変化してしまいますのでそのままでは目立ってしまいます。

Fotolia_91743683_XS-min

髪の毛を分けているとと分け目の部分の生え際が見えてしまいますので目立つ可能性が高まります。しかし分けずに生え際が見えないような髪型にすることによって生え際の白髪が見えず目立たないようにすることができます。

生え際の白髪が気になるようなら、髪型を変えるようにして目立たなくする方法がオススメです。

Fotolia_64710865_XS-min

美容師さんに相談するとアドバイスしてくれます。

生え際の白髪が目立ち始めるのはいつ頃から?

髪の毛は毎日少しずつ伸び続けていますので、白髪染をしたとしても染まっていない部分が徐々に伸びてきてしまいます。ある程度伸びることによって生え際の白髪が目立つようになるので、そうなった時にはまた染めなければいけません。

そこで知りたいのが、染めてからいつ頃から生え際の白髪が目立つようになるのかです。

pixta_22228051_m-min

生え際の白髪は、長ければ長くなるほど目立つようになります。

どのくらいになると目立つようになるのかですが、目立つようになるまで2週間程度になります。1日に髪の毛が伸びるスピードに個人差はありますが、1日で数ミリ伸びるようになっています。

1cmや2cmなどかなり短ければ目立たない可能性があるけれども、それ以上になると目立つ可能性が高まってきます。

2cm以上伸びるためには2週間ほど必要となってきてしまいますので、2週間程度で目立つようになってきます。2週間に1度白髪染めするのは大変ですし負担も辛くなってきますので、本格的に染める以外に他の方法で染めていくことも考えなければいけません。

白髪染めの方法は?

白髪染めは自分で行うことを可能としているけれども、生え際の白髪を染めるのは大変です。生え際も十分に染めるためにも良い染め方を知っておくことがオススメです。

ではどのようにすると生え際も染めることができるようになるのでしょうか。

オススメしたい方法になるのが、生え際は別の方法で染めることです。

pixta_22127860_m-min

全体的に染めるタイプの白髪染めは、生え際を染めるために特化している商品ではありません。その為上手く染まったと思えても実は染まっていなかったということが多く、地肌に白髪染めの液がつかないように染めることも大変です。その為、安全を考えながら十分に染めるためにも、生え際は本格的な白髪染めとは別に行う方法です。

生え際用として販売されている白髪染めがあり、多くの商品が地肌に液がついたとしても悪影響を与えないようにしています。

持続力は低いけれどもその分何回も染められるようになっているため、生え際は別として考えて染めていくのがオススメです。

もっとも簡単な方法は?

生え際の白髪染めは一番染めにくい部分で、自分で染める場合の多くが生え際だけが染まっていないことがあります。さらに髪の毛が伸びてきてしまうことによって生え際だけ白髪になりますので、生え際だけを染めることが必要となってきます。

頻繁に染めなければいけない生え際で、どのようにすると一番カンタンに染まってくれるのかが知りたいところです。

ではどの方法が最も簡単な方法になるのかというと、それはその場しのぎのスプレーなどの生え際染めの商品を使う方法です。

Fotolia_76229235_XS-min

生え際を染めることは本当に難しく、良い方法を実行したとしても確実ではありませんし手間がかかる場合が多いので簡単とは言えません。その場しのぎで染められる白髪染めの商品は、持続性が低いけれども簡単に染められるアイテムの一つです。

すぐに目立つようになりますし、難しい部分の生え際を簡単にとなるとその場しのぎの商品を使うことが一番手っ取り早い方法になります。

毎日のように使う必要がありますが、髪の毛は毎日伸び続けて白い部分がでてきてしまいますので、毎日のように染めても大丈夫なその場しのぎ白髪染めがオススメです。

スポンサーリンク

トリートメントがおすすめ?

白髪染めの方法の一つとしてトリートメントの方法があります。

fotolia_120511456_xs-min

生え際まで確実に染めようと考えているのならトリートメントの方法がオススメの一つです。

なぜトリートメントが生え際染めに良いのかというと、それは頭皮を気にすることなく使えるからです。

fotolia_109128181_xs-min

白髪染めをする際に最も注意しなければいけないのが、染液をできるだけ頭皮につけないようにすることです。染液の中にも頭皮に比較的優しい商品があるけれども、しかし気にすることなく使っても問題なしとしているわけではありません。その為できるだけ頭皮につけないようにして染めなければ行けないですが、そうなると生え際を染めることが難しくなります。

白髪染めを可能としているトリートメントは、天然成分だけで染めようとしているため頭皮に悪影響を与えることが非常に少ないです。

気にすることなく使っていても問題ない商品が多いですので、生え際染めが比較的簡単にできるようになります。

Fotolia_96408748_XS-min

また、毎日使い続けられる商品でもあるため、伸びて目立ってしまう生え際の白髪にも対応を可能としているため、トリートメントがオススメできます。

人気はマスカラタイプ?

生え際の白髪染めの方法として人気方法なのがマスカラタイプです。

fotolia_117236787_xs-min

なぜマスカラタイプが人気あるのかというと、それは簡単で便利そして染めやすいからです。生え際は染めにくく簡単に染められるタイプが人気になりやすいです。

マスカラタイプは、長持ちしない染め方になるけれども非常に簡単な方法の一つです。生え際用として販売されている商品も多く、頭皮についたとしても影響が少ないように作られているため、生え際が染めやすいという特徴も持っています。

pixta_13583976_s-min

また、毎日のように染められるというのも人気になる理由の一つです。

生え際は染めにくいだけでなく、頻繁に染めていかないと目立つようになってしまいます。頻繁にとなると費用の負担を抑えることも必要になってきますし、簡単に染められることも重要になります。

マスカラタイプはどの条件も満たしているアイテムの一つになりますので人気がありオススメできる方法の一つです。

生え際の白髪が上手く染めることができないようでしたらマスカラタイプを試してみてはいかがでしょうか。

頻度は?

生え際の白髪はすぐに伸びてきてしまい目立つようになります。

その為本格的な白髪染めよりも染める頻度が増えてしまうのですが、どのくらいの頻度で染めていけばよいのかが気になるところです。

ではどのくらいで染めていけばよいのかですが、オススメは本格的染めと同様の頻度がオススメです。

生え際はたしかにすぐ目立つようになりますが、本格染めの頻度を多くすることはオススメできません。

Fotolia_77914532_XS-min

染めの方法にもよるのですが、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまう可能性を持っている白髪染めは、頻度を多くすればするほどそれだけ危険性が高まります。白髪がよくなっても今度は頭皮トラブルや薄毛に悩まされてしまう可能性を高めますので、今まで通りの頻度にしておくのがベストとも言えます。

生え際の場合できるだけ頭皮にダメージを与えない方法で隠すようにしていくことが良いです。

マスカラタイプの染めやトリートメントを使った方法など、頭皮ダメージを少なく隠すための方法がありますので、生え際は本格的とは別の方法で対策していくことがオススメです。

口コミでの人気は?

口コミで、生え際の白髪染めは全体の白髪染めとは人気がある方法が違います。

ではどの方法が人気あるかというと、マスカラタイプやトリートメントタイプが口コミで高評価されていて人気があります。

生え際は染めるのが難しいだけでなく、頻繁に対策していかなければいけないので大変です。本格的に染める方法になると十分な対策をすることが難しくなっていますので、カラーリングのように染める方法は人気ではありません。

生え際だけに関しての方法として簡単で頻繁に染めても大丈夫としている方法が人気で、マスカラタイプやトリートメントのタイプが選ばれています。

マスカラタイプなら時間をかけることなくすぐに染められて生え際もしっかりと対応できますし、トリートメントタイプも毎日のように染められるため人気があります。

fotolia_125333325_xs-min

毎日のように染める必要がある生え際だからこそ、簡単で毎日でも大丈夫な商品が選ばれていますしオススメできる方法です。ただ、マスカラタイプもトリートメントタイプも確実に安全に使えるわけではないので、自分にとって安全なのかどうか確かめるようにしてから使用してください。

生え際の白髪染めの頻度は?【マスカラタイプが人気!】のまとめ

白髪染めをしても気付くと生え際だけ白髪が目立ってきてどうしたらよいか考えてしまいますが、毎日でも使えるトリートメントで白髪を目立たなくさせたり、染めにくい生え際も簡単に染められると人気があるマスカラを使うなど、ダメージを与えすに生え際の白髪をカバーする方法が人気です。生え際が気にならないような髪型にするのも気分が変わっておすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む