美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

乳液は世界で使われていない?日本と違うスキンケア方法の国をチェック

Pocket

日本に住んでいると、メイク落とし、洗顔、化粧水や乳液で保湿、というスキンケアをするのが一般的ですが、世界を見てみるとそうではない国も多いようです。

複数のスキンケアを行う女性のイラスト

こちらの記事では、スキンケアの際に乳液を使わないでケアする国や、それらの国はどのような流れでケアを行うのかを調べました。日本の保湿をメインとしたスキンケアは、世界から見るととても丁寧だと言われているようです。

なぜ日本のスキンケア方法と違うのか、という点もまとめているのでチェックしてくださいね。

乳液を使わない国はどこ?

乳液を使わないでスキンケアを行う国は、主にアメリカやヨーロッパ諸国に多いです。

この理由として、日本と違い水が硬水であることが理由として挙げられます。日本の肌に優しい軟水なら、メイク落としや洗顔剤を水で洗い流しても大丈夫ですが、各国の硬水で水洗顔を行うと水の成分と石鹸やメイク落としの成分が混ざり合い、肌を荒れさせる原因となってしまうのです。

そのため、お風呂で毎日髪や体を洗うのも肌や髪を傷める原因となるので、なるべく水を使わずにきれいにする方法で生活されています。

スキンケアもその関係から、日本とは大きく異なる方法を取られています。

乳液を使わずにスキンケアする方法は?

それでは早速、乳液を使わない国のスキンケア方法についてまとめてみました。乳液を使わずにケアする国のスキンケア方法は、日本と比べて極めてシンプルなものが多いです。ドイツとアメリカを取り上げますが、それぞれ乳液を使わずシンプルなケアの中でも、国の文化に特徴があるようです。

ドイツでは、保湿クリームでたっぷり保湿する

ドイツでは、ウォータータイプやミルクタイプのメイク落としをコットンに取って拭き取り、その後こちらも拭き取りタイプの化粧水で日本でいう水洗顔の代わりを行います。

日本では洗顔の後に、ローションや美容液、乳液などでたっぷり保湿をしますが、ドイツでは拭き取り化粧水の後に保湿クリームを塗るだけで終了。かなりシンプルで簡単ですよね。

朝の洗顔ももちろん水は使わず、拭き取り化粧水で行うことがほとんどですよ。工程自体はシンプルですが、日本のように島国でなく大陸続きのヨーロッパでは非常に乾燥しやすいので、保湿はとても重要視されています。しっかりとクリームでケアするのがドイツやフランスの特徴です。

アメリカは保湿よりもターンオーバーを重視

一方、同じように乳液を使わずにスキンケアを行うアメリカでは、保湿することよりも新しい肌に生まれ変わらせる活性化を重視しています。

ターンオーバーのイラスト

スキンケア方法自体は、アメリカも同じように硬水の地域が多いため水洗顔をせずに、「トナー」と呼ばれる拭き取りタイプの化粧水で拭き取り、その後に直接クリームを塗るというパターンが多いです。

しかし、ヨーロッパの国に比べて、アメリカでは肌がトラブルを起こした時に保湿よりも古い肌を剥がして活性化させることに重きを置いていると言われています。そのため、ピーリング剤を使う方が一般的であったり、日本の商品に比べてピーリング成分の配合量の基準が高かったり、商品のラインナップにも国の文化が表れることがわかりますね。

まとめ

こちらの記事では、乳液を使わずにスキンケアをする国についてまとめました。主にアメリカやヨーロッパなど、硬水で水洗顔ができない国に多いということがわかりましたね。もし旅行に行って、海外で乳液を確保しよう、と思っている方は注意が必要なので覚えておいてください。

また、この記事では取り上げませんでしたが、日本と近い韓国などは日本と同じように化粧水や美容液、クリームや乳液を使った重ね付けのスキンケアをするので、旅行に行っても文化の違いに戸惑いにくい特徴があるそうですよ。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む