美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

光老化が原因でシミやしわが!【効果的な対策法は?】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

光老化が原因になってシミやしわが出てくることがありますが、対策方法にはどのようなものがあるのでしょうか?また光老化対策として日焼け止めやビタミンCなどをどのように使っていけばよいのでしょうか。

Fotolia_63045388_XS-min

光老化の原因は紫外線といわれていますが、時間が経つとシミやしわが出てきて、光老化の恐ろしさを感じることになります。では光老化の餌食にならないための効果的な対策法にはどのような方法があるのでしょうか。シミやしわにならないためには光老化対策が重要です。

光老化とは?

「光老化」と言う言葉を聞いても、聞き馴染みがなく何の意味なのか分からない方が多いと思います。しかし、言葉の意味を分かると納得する方が多いのではないかと思います。

光老化とは、簡単に言うと紫外線によって肌の老化してしまう事です。

Fotolia_63924623_XS-min

しかし、紫外線を浴びたからと言ってすぐ肌へは影響が出にくいです。ここが注意したい所で、光老化とは時間が経ってから肌に影響が表れて来ます。

Fotolia_76229235_XS-min

実際に、長年もの間にわたって紫外線を浴びる環境に居た方の肌を見ると、服に隠れている肌の所には、シワやシミなどが少ないです。それに比べて、紫外線が当たりやすい顔などの肌にはシワなどが現れている事が多いです。

Fotolia_42116115_XS-min

光老化で特徴的なのが、紫外線から肌を守ろうとして肌が厚くなって行きます。しかし一般的な肌の老化は、年齢と共にコラーゲンが減少してしまう為に皮膚が薄くなって行きます。

同じ老化でも、紫外線と長い年月とが合わさった原因になると、肌に現れる症状が大きく異なります。

光老化の原因?

やはり、光老化の原因は紫外線が一番の原因だと言えます。

紫外線は、特にUVAと呼ばれる紫外線は、肌の奥まで影響を与えてしまいます。

Fotolia_63647197_XS-min

その為に紫外線を浴びた肌は、コラーゲンの繊維は小さく切断されるなどの影響があります。

その他にも、紫外線によって肌の細胞を傷つけて免疫力を低下させます。紫外線の他にも、光老化の原因は年齢によって肌に起こる事が原因によって起こる事も関係して来ます。

例えば、肌の土台部分になっている真皮にあるコラーゲンは70%位ですが、年齢と共にコラーゲンが減って行きます。また、ヒアルロン酸は肌の水分を保つ役割がありますが、これもコラーゲンと同じく年齢を重ねる事によって少なくなってしまうものです。

この状態になると、肌に現れやすいのがシワやたるみが増えやすいです。

Fotolia_32881380_XS-min

光老化は、紫外線によって起こる肌のトラブルと年齢を重ねる事によって現れやすくなる、肌のシワやたるみに加えてシミなども一緒に現れてしまいます。

シミの原因にも?

シワやたるみによって顔の表情など、見た目が大きく変わって見えてしまう程に影響が出やすいです。

シワやたるみの他に、光老化はシミの原因にもなります。

Fotolia_80803731_XS-min

光老化の原因は、多くは紫外線を長年の間に渡って肌で受ける事によって起こります。

その紫外線は、シミの原因にもなってしまうのです。

Fotolia_63921817_XS-min

光老化はシミの原因にもなる理由は、肌にあるメラニン細胞を多く働かせてより肌にメラニン色素を多く作られてしまいます。このメラニン色素がシミの原因となります。

しかし、「シミの原因になるメラニン細胞が肌から無くなったら、シミが出来ないので無くす事が良いのではないか?」と思う方も、シミなどのお肌のお手入れを、毎日している方が1度は思う事だと思います。

しかし、メラニン色素をメラニン細胞が作り出す事によって、肌を守っているのです。

Fotolia_22948897_XS-min

もし、メラニン色素が肌から無くなれば紫外線による大きなダメージを受ける事になってしまいます。例えば、少しの紫外線を受けた場合に、肌は水ぶくれや炎症を起こして皮膚ガンなどの重い病気になりやすくなります。

効果的な対策法は?

光老化の対策法はやはり、主な原因となる紫外線対策を行う事が大きいです。

Fotolia_63924626_XS-min

もちろん、日常生活を過ごしていれば紫外線を肌に受けない様な建物の中に長期間にわたって居られる事は、どうしても少ないので、いかに紫外線を肌に受けない様な工夫が必要になります。

紫外線は、1年中紫外線は降り注いでいます。

Fotolia_38768696_S-min

特に春から夏頃までは、紫外線の量はおおいですが、冬の時期も紫外線は降り注いでいますので、冬の時期も紫外線対策を忘れずに行いたい所です。光老化の対策法は、日焼け止めを使うことや日傘を使うなどの紫外線を、肌に受けない様に対策する事ももちろん必要です。

Fotolia_66472633_XS-min

その他にも食べ物から紫外線の対策をする事によって、肌の内側から紫外線などの対策が出来やすいです。例えば、紫外線対策の食べ物として多く食べられている食べ物に多く含まれている栄養はビタミンです。

特に、ビタミンCは様々な場所などよく聞かれるものですので、紫外線対策をあまり知らない方でも知っている方が多いのではないかと思います。

Fotolia_72854091_XS-min

ビタミンCはメラニンをつくられるのを抑える事や、肌のハリをつくる手伝いをします。

日焼け止めは有効?

一般的には、紫外線から肌が日焼けしない為に塗る日焼け止めですが、光老化の場合にも有効な対策です

Fotolia_66472088_XS-min

特にそんな事を注意して行うと、より効果的に光老化には日焼け止めが有効なのか?と言う事ですが、ポイントになる点があります。

光老化には日焼け止めが有効ですが、その日焼け止めを選ぶ時のポイントは日焼け止めに書いてあるSPF30など書いている「SPF」よりも「PA」と言う所を注意して日焼け止めを選んで欲しいです。

「SPF」は、簡単に言うと何もしていない状態に比べて日焼け止めを塗っている状態で、紫紫外線のUV―Bと言われるものを防ぐと言われているものです。

Fotolia_82468117_XS-min

しかし、光老化の原因は紫外線の種類の中でも主な原因として、UV―Aと呼ばれるもので、光老化を防ぐには紫外線のUV―Aと言われているものが肌の深い所までダメージが大きい為に、UV―Aを防ぐことが大きなポイントです。その紫外線のUV―Aを防ぐ目安として、日焼け止めに掛かれている表示はPA+など書かれているものを確認して、使う事が必要になります。

ビタミンCの効果的な摂取方法は?

光老化にはビタミンCが、有効なのではないかと考える方も多いと思います。そして、まず初めに考えられる事は、光老化に有効なビタミンCを肌に塗ることだと思います。

しかし、肌に直接ビタミンCを塗ったと事によって肌に吸収される事ないです。だからこそ、肌に吸収されやすい状態で肌に塗る必要があります。肌に塗るビタミンCとしたら、化粧品などで使われているビタミンC誘導体と言われているものです。

Fotolia_60269313_XS-min

注意したい点は、肌が弱い方はビタミンCによって皮脂の分泌をコントロールする事によって肌が乾燥しやすくなる事や肌が敏感になってしまう事がありますので、使う際には様子を見ながら使う事が大切です。光老化にはビタミンCを、食事から摂る事によって内側からもゆっくりと効果が出やすいので、光老化の対策になると思います。

Fotolia_47691983_XS-min

ビタミンCだけではなく他の栄養も摂る事で、肌への光老化対策になります。例えば、肌のターンオーバーを促すビタミン類や亜鉛とセラミドと言われている栄養などがあります。様々な肌に良い食べ物を食べて、肌の内側からも光老化への対策をしたい所です。

小じわにも効くロスミンローヤル!

光老化によってできてしまう小じわは、

  • 目尻
  • おでこ
  • 眉間

などと色々な場所にできてしまいます。そんな小じわには「医薬品」がおすすめ!

国内唯一、「小じわ」にも効くただ一つの医薬品はコレ↓

バナー原稿imp

光老化が原因でシミやしわが!【効果的な対策法は?】のまとめ

光老化は時間が経ってからでないと影響がわかりませんので、季節に問わず紫外線対策をして、体の内側と外側から対策していくと良いでしょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む