美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

花粉が原因で肌荒れになる?【皮膚炎になることも】

Pocket

花粉が原因で肌荒れになってしまう、または肌荒れが酷くなってしまうことがあります。皮膚炎やニキビなど花粉の付着によってアレルギー反応が出て悪化してしまうことがありますので、特に花粉が飛散する時期にはしっかりと対策をすることをおすすめいたします。

Fotolia_53105319_XS-min

花粉と肌荒れが関係していると以前までは知らなかったのですが、どうやら密接に関係しているようで花粉が原因で肌荒れになっていることが多々あるらしい。花粉症といえば目のかゆみや鼻水、くしゃみなどの症状が一般的ですが、肌荒れも起こりますのでご注意を。

スポンサーリンク

花粉で肌荒れになる?

近年では花粉で肌荒れになる人もいることが知られています。

Fotolia_48887625_XS-min

花粉の症状と言えば、目や鼻、喉だけに限られているようですが、実は花粉は肌にも影響を及ぼします。春頃になるとお肌も荒れたりすることがあります。季節の変わり目はお肌のトラブルも多く、花粉が皮膚につくと皮膚炎にもなることがわかっています。

Fotolia_63745249_XS-min

花粉が目や鼻について症状を引き起こすようにお肌も花粉がつくと症状を起こします。

Fotolia_40182634_XS-min

花粉症の方も花粉症でない方も花粉が原因で肌荒れが起こることがあります。春頃になると肌荒れや肌が乾燥したりするのは花粉が原因かもしれません。アレルギー体質の方や花粉症の方は花粉で肌荒れになる可能性もあるので注意が必要です。

arerugi-min

アトピーや花粉症持ちの方も花粉で肌荒れが起こることもあります。

花粉症ではない方も花粉を浴び続けることで花粉症になることもわかっています。春頃の肌荒れは仕方ないものと思われている方も多いでしょう。花粉で肌荒れになる?と疑問に思われている方も多いでしょう。

花粉症対策をすることで花粉による肌荒れも防ぐことができます。

花粉とニキビの関係は?

花粉とニキビについて知られていることは、花粉が肌につくことでアレルギー反応が起こり、花粉もニキビの原因になることです。

Fotolia_61895436_XS-min

花粉が肌につくと刺激となり体の免疫機能が働きます。

花粉を外部の刺激物としてとらえて除去しようとする体の反応がありますが、体が弱っていたり疲れていたりするとお肌の免疫機能も低下します。

Fotolia_61835712_XS-min

免疫機能が低下したお肌は花粉がつくことによって肌荒れを起こしたり、ニキビができたりすることがあります。花粉がついたことによって、ニキビとして現れることがあります。

春などの季節の変わり目は気温の変化にもよって体調も崩れやすくなります。

sakura-min

体調が優れない時には肌の調子も良くなかったりするので、花粉がつくことで反応することもあります。

春頃には花粉症にならないためにも花粉が原因でニキビを起こさないためにも生活習慣の見直しが必要です。花粉とニキビについて知ることや、睡眠不足に気をつけたり、毎日の食事に気をつけたりすることで花粉でニキビを起こさない予防ができます。

スポンサーリンク

皮膚炎になることも

花粉と皮膚炎について深い関係があります。

Fotolia_61928989_XS-min

花粉と言えば目や鼻、喉だけの症状であることが多いですが、皮膚の症状もある人が増えています。花粉症はアレルギーによって症状が出ることから、アトピーや何らかのアレルギーがある人も花粉によって皮膚がアレルギー反応を起こすことが知られています。

花粉症でない方も花粉が飛ぶ季節になると肌の痒みや肌荒れを起こす方は、花粉によって皮膚炎を起こしていることも考えられます。

花粉と皮膚炎について知識を持つことで皮膚炎の対策もできます。アレルギーやアトピーがある方は、花粉で皮膚炎になりやすいことも念頭において日頃からの花粉対策をすることで花粉による皮膚炎予防ができます。

原因である花粉を調べることもできるので、花粉によって皮膚炎を起こしている方はどの花粉が原因で皮膚炎を起こしているのか調べてもらうこともできます。

人によって原因である花粉や季節も違ってきますが、正しい予防と対策のためにも検査してもらうこともできます。

効果的な対策は?

花粉の肌荒れ対策はしていますか?

誰でも簡単にできる花粉の肌荒れ対策があります。花粉の肌荒れ対策は、日常の花粉対策と同じです。

Fotolia_64146124_XS-min

外出時にはマスク装着やサングラスをかけたり、帽子を被ったりして花粉が皮膚につくのを防ぐことで花粉の肌荒れ対策ができます。外出時の衣服も花粉がつきにくい素材を選ぶことも大事です。ポリエステルやナイロン素材などの衣服はつるつるしているので花粉もつきにくいです。

花粉が入り込みやすいフード付きの衣服や花粉が入る隙間やポケットがある衣服などもなるべく外出着にしない方がいいでしょう。衣服の静電気によって花粉が付きやすいので、柔軟剤で衣服を洗濯することも花粉対策になります。

外から帰ったら洗顔やシャワーをすることで皮膚についた花粉を落とすことができます。

Fotolia_66602427_XS-min

また女性の場合にはメイクせずに外出すると花粉を直接浴びることになります。外出時にはできるだけベースメイクだけでもするようにすることが花粉対策にもなります。

ヒノキ花粉は肌荒れしやすい?

花粉と言ってもさまざまな植物の花粉があり、花粉症を起こす花粉の種類もさまざまです。スギやヒノキなどの代表的な花粉や、イネ科、ブタクサ、ヨモギなど1年中を通してもさまざまな花粉が飛散しています。

suikahun-min

さまざまな花粉の中でもヒノキ花粉は肌荒れしやすい?と考えられています。スギの花粉が原因で花粉症を起こす人はヒノキの花粉にもアレルギーを起こしやすいです。(個人差は当然ありますが)

肌荒れもヒノキによって起こることもあり、花粉対策によって肌荒れを予防できます。

スギ花粉より遅めの飛散時期であるヒノキ花粉ですが、ヒノキ花粉は肌荒れしやすいことでも知られています。スギ花粉もヒノキ花粉も症状が出る人が一般的に多いので、ヒノキ花粉の時期にも肌荒れが起こりやすいです。

スギ花粉の飛散時期が過ぎたからと言って花粉対策をしないでいるとヒノキ花粉による肌荒れを起こすこともあります。

2月から6月までがヒノキの花粉の飛散時期なので早めの対策が必要です。

どんな薬?

花粉の肌荒れにはどんな薬があるのか疑問をお持ちの方も多いでしょう。

kahun-min

一般的には、花粉による肌荒れには抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬が使われます。

Fotolia_61244120_XS-min

花粉の肌荒れにはどんな薬が効果があるのかは、人によってさまざまです。花粉の肌荒れはアレルギー反応であることから、どの花粉にアレルギー反応があるのかを調べたりして、薬が処方されることもあります。

花粉の肌荒れ対策として乾燥を防ぐためにもワセリンなどの油脂性のクリームを塗ってお肌の乾燥を防いだり、ゲルやパックなどでお肌の保湿対策をしたりして肌荒れを防ぐことができます。

Fotolia_40308628_XS-min

肌が乾燥することで花粉症かも?と思われる方も多い花粉による皮膚の症状ですが、肌が荒れてヒリヒリする方も花粉による肌荒れの可能性があります。

花粉による肌の乾燥やかゆみ、赤くなったりする時には医師の診察も必要です。

医師から処方される薬を飲むことで花粉の肌荒れ対策もできます。花粉症皮膚炎と呼ばれる症状には、症状に適した薬があるので使ってみるのもいいでしょう。

花粉が原因で肌荒れになる?【皮膚炎になることも】のまとめ

花粉といえば春先というイメージがありますが、実は花粉の種類によって飛散の時期は違いますので、アレルギー症状が出たらすぐに病院で診察することをおすすめいたします。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む