美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

医療脱毛を安全に受けるには?【肌トラブルが現れる場合も!】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

医療脱毛と聞くと、無条件に安全なイメージが持たれがちです。しかし、個人差はあるものの、医療脱毛にまつわるトラブルがあることも事実として挙げられます。信頼できるクリニックに出会うためには、ひとりの患者としてあらかじめ正しい知識を備えておくことが非常に大切なことだと言えます。

医療脱毛の仕組みについて詳しく述べ、実際に起こり得る肌の炎症や痛みをはじめとするトラブルや、リスク、注意点などについても紹介していきます。医療脱毛を安全に受けるために、また良心的なクリニック選びのために、医療脱毛に関する知識を得ておきましょう。

スポンサーリンク

医療脱毛の仕組みとは

「肌がツルツルになるから」「毎日の自己処理が手間だから」などといった理由だけで医療脱毛を行うと、後々肌トラブルが現れる危険性があります。

トラブルやリスクを回避するためにも、まずは医療脱毛の仕組みについて知っておきましょう。

「毛周期」とは、簡単に述べると「毛の成長サイクル」のことを言います。

毛周期には

  • 「成長期」
  • 「退行期」
  • 「休止期」

と呼ばれる3つの段階があり、この段階に則して体毛は成長していきます。

髪の成長サイクル

まず「成長期」は、読んで字のごとく、体毛が成長している期間を指しています。加えて、毛乳頭にダメージを与えられる期間を言います。毛乳頭は毛球部の先端部分にあり、毛細血管から栄養を取り込んで体毛を成長させています。

次に、「退行期」は体毛の成長が止まって抜けるまでの期間です。

最後に「休止期」は、体毛が抜け落ちて、次の体毛が生えてくるまでの期間のことを言います。

体毛は、これらの成長サイクルを繰り返しています。

ヘアサイクル

医療脱毛は、この体毛の周期に着目した脱毛方法です。医療脱毛はメラニンに反応するレーザーを照射することによって、メラニン色素を多く含んでいる毛乳頭を焼いて破壊して、体毛をなくしていきます。

ただし、レーザーでは成長期の体毛にしかダメージを与えることができないものとされています。換言すれば、退行期や休止期の体毛には効力を発揮しないのが医療脱毛であるとも言えるでしょう。

自己処理による脱毛であれば、自分の好きな時に行うことができます。しかし医療脱毛については、施術を行うことができるタイミングが限られているということを覚えておきましょう。

医療脱毛を受ける際の注意点

医療脱毛を受ける際には、いくつかの注意点を押さえておくことが大切です。

まず、永久脱毛を受けた日の入浴は控えましょう。永久脱毛を行った日というのは、肌も敏感になっています。そのため、肌への刺激は最小限にとどめるように気を付けることがポイントです。例えば、入浴時にタオルでゴシゴシと皮膚をこするのは厳禁です。

さらに、湯船に浸かると血行が良くなってしまうため、脱毛後に入浴することによって肌に炎症や赤みが出てしまうことも考えられます。そうは言っても、清潔を保つことは大切です。

永久脱毛を受けた日は、シャワーでささっと身体を流す程度にとどめておくのが無難であると言えるでしょう。

次に、レーザー治療を受けた後、しばらくは紫外線に当たらないように心がけることがおすすめです。

レーザー治療を行った後の肌は、非常に敏感になっています。そのため、紫外線を防ぐための工夫をすることが求められています。

紫外線対策をしている女性

例えば、

  • 外出時には帽子をかぶる
  • 日傘をさす
  • 低刺激の日焼け止めを塗る

などといったことを実践してみると良いでしょう。

これらの方法は簡単にできる紫外線対策で一定の効果が期待できるため、レーザー治療後の肌を守るのには適していると言えます。

最後に、万能とも思えるレーザー脱毛でも、脱毛できない部分があるということを知っておきましょう。注意点を守って医療脱毛を行い、肌トラブルを防ぎましょう。

医療脱毛なら叶う!永久脱毛のリスクはある?

美容に興味がある女性であれば、一度くらいは永久脱毛について考えたことがあるのではないでしょうか。医療脱毛のリスクについても、正確に知っておきましょう。

まず、レーザーでの脱毛は、毛細血管から栄養を取り込んで体毛を成長させる働きを持つ「毛乳頭」をレーザーを照射して焼くことによって破壊します。

そのため、レーザーの出力が高過ぎてしまうと、火傷や炎症を起こす可能性があります。

また、レーザーの照射後は肌も非常に敏感になっており、紫外線の影響を受けやすくなっています。適切な日焼け予防をしていなければ、脱毛後にシミができてしまうリスクがあります。

さらに、医療脱毛後には「毛嚢炎(もうのうえん)」と呼ばれるブツブツができてしまう場合があります。

レーザーを肌に照射することによって肌のバリア機能が一時的に低下してしまい、毛嚢炎が起こると言われています。見た目は白ニキビのようですが、毛嚢炎とニキビとは異なるとされています。

次に、医療脱毛を行っているにも関わらず、体毛が逆に増えてしまう場合があります。これは、医療脱毛の施術を受けることによって、普段発毛が見られない毛穴が活性化してしまい、体毛が増えてしまうためです。

最後に、体毛そのものが硬くなってしまうことがあります。背中やお腹、うなじ、顔まわりなどの産毛が、医療脱毛でレーザーを照射することによって硬毛化を起こしてしまう可能性があります。

医療脱毛が直接的な原因となって起こる硬毛化は、およそ1割程度の人に見られると言われています。

医療脱毛を受けることによって起こるリスクは、さまざまな種類のものがあります。個人差はありますが、美しい肌を手に入れるためにはリスクについても知っておくと良いでしょう。

医療脱毛に多いトラブル!肌の炎症

医療脱毛に多く見られるトラブルとしては、「肌の炎症」が挙げられます。

レーザー脱毛の機械は、厚生労働省より許可された安全性に優れた機器です。

この機械は、一度施術を行うと二度と体毛が生えてこないという永久脱毛を実現しています。

体毛が濃いことや、毎日のケアなどに悩んでいる女性の間では、医療脱毛は夢のような施術方法であるとも言えるでしょう。しかし、レーザー脱毛の機械はその分出力が強いことが知られており、機械の使い方を間違ってしまうと、火傷・水ぶくれ・赤みなどの症状が現れる場合があります。

腕がかゆい女性

 

医療脱毛を行うことによって、これらの症状が現れた時には適切な治療を受け、早急に対処することが求められます。

医療脱毛については、エステサロンなどで行われている脱毛とは方法も異なり、病院で行われる脱毛のことを言います。

そのため、火傷や水ぶくれなどをはじめとする肌トラブルが生じた際には、その病院で直ちに治療を受けることが可能であり、アフターフォローが適切で素早い点も医療脱毛のメリットであると考えられています。

医師

しかし、万が一治療をめぐってトラブルが発生した場合には、クリニックと個人がやり取りをすること自体が難しい場合があります。そういった状況になった時、消費生活センターなど救済してくれる機関があるということを知っておくだけでも、安心して医療脱毛にのぞむことができるのではないでしょうか。

効果の高さと関係している?痛みにまつわるトラブル

レーザー脱毛を行う時には、「本当に肌がつるつるになるのか?」という見た目の問題に加えて、「強い痛みを伴わないか」「施術中の痛みを我慢することができるか」などということが気になるという人はたくさんいます。

悩む女性のイラスト

脱毛サロンで行われている脱毛と違って、医療クリニックで行われている脱毛は施術時の痛みが強いといった特徴があります。そのため、治療を中断したり途中解約したりするトラブルが多く見られます。

レーザー脱毛は、体毛のメラニン色素に反応することで施術が行われます。強いレーザーを照射することによって、毛母組織や毛乳頭を壊す脱毛方法です。レーザー脱毛は脱毛効果が高いほど、痛みを伴うといったデメリットがあります。

体毛が密集している部位や体毛が濃い部位、また皮膚が薄く痛みを感じやすい部位については、特に強い痛みを感じることがあります。

注目されているVIOはデリケートゾーンであり、痛みを強く感じる部位です。

VIOの他には、うなじや脇などもレーザー脱毛による痛みを感じやすい部位であると心得ておきましょう。

レーザー脱毛による施術は痛みの程度がひどすぎて、それが直接的な原因となって途中で施術を辞めてしまうケースがあります。

このことから思わぬトラブルに発展してしまう場合があるため、施術前に行われるカウンセリングのときに、どんな種類のレーザーを使用するのか、痛みはどの程度なのか詳しく聞いておくと、施術に対する不安が軽減されます。

信頼できるクリニックを選ぼう!途中契約やクーリングオフに関するトラブル

適切な施術を受け、安心して医療脱毛を行うためには、クリニック選びにも気を付けることがポイントです。

信頼できるクリニックで医療脱毛を受けることができれば、医療脱毛そのものへの疑問点や肌ケアなどについても質問しやすく、美しくつるつるな肌を手に入れることに一歩近づきます。

医療クリニックでの医療脱毛については、意外なことと思われるかもしれませんが、美容医療サービスとみなされています。医療行為なので特定商品取引法には当てはまらず、クーリングオフや中途解約などが認められない可能性があります。

エステサロンや脱毛サロンなどではクーリングオフや中途解約ができるため、クリニックでの医療脱毛であっても「クーリングオフができるのではないか」と安直に考えている人は、十分に注意をして契約をしましょう。しかし、中にはクーリングオフや中途解約に承諾してくれるクリニックもあります。

クーリングオフに関するトラブルに巻き込まれないためにも、事前に調べておくことが重要であると言えます。

美容医療サービスにまつわるトラブルの報告は多く、テレビニュースや新聞などで一度くらいは見聞きしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

こういったトラブルを事前に回避するためにも、正確な情報を得たうえで、信頼できるクリニックを選ぶということは非常に大切であると言えます。しつこい勧誘を受けたからと言って、すぐに契約してしまうことのないように気を付けましょう。

知っておきたい!顔脱毛のトラブルとは

女性は毎日メイクをするという人も多く、また顔は身体の中でも注目されやすい部位であるため、脱毛にも特に力が入ります。

顔の脱毛については、カミソリや毛抜きなどを使った自己処理を行っている人もたくさんいますが、医療脱毛でも高い効果を実感することができます。

頬を指で触る女性

しかし、顔脱毛にもトラブルがあります。クリニックでの脱毛は安全性が高いと言われています。しかし、顔は皮膚も薄いため脱毛を行う時には細心の注意を払う必要があります。

医療脱毛で顔に火傷を負ってしまうと、跡が残ってしまうこともあります。顔の産毛をなくして美しい肌になるために医療脱毛を選んだにも関わらず、医療脱毛を受けたことによって火傷の跡が残ってしまうということはとても悲しいことです。

クリニックによる脱毛を受ける時のメリットと言えば、万が一肌トラブルが起こった場合であっても、すぐに適切な治療を行ってもらえるということが挙げられます。しかしながら、肌トラブルの程度によっては、すぐに治療を行ったとしても完全に傷が消えない場合があります。

クリニックによる顔脱毛は、毎日顔の産毛の処理で悩んでいる女性にとっては、夢のような方法です。しかし、安全性が高いと言われている医療脱毛であっても、顔脱毛のトラブルが全く起こらないというわけではありません。

顔脱毛によって起こり得る肌トラブルについて気になることがあるのであれば、施術前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

医療脱毛のトラブルについて【冷静な対処を】のまとめ

医療脱毛については、安全性が高いということが大きなメリットとして挙げられ注目されています。しかし、医療脱毛で脱毛を行ったからと言って、全く肌トラブルが起こらないのかと言ったら、決してそのようなことはありません。肌トラブルが起こる頻度や程度には個人差があります。また、医療脱毛に使用されているマシンは出力が強く、使い方を誤ってしまうと思わぬ肌トラブルを招いてしまうおそれがあります。万能と思われがちな医療脱毛についても、リスクやトラブルが生じる可能性があるということを知っておきましょう。そして、トラブルが発生した時の対処法を心得ておくことは、医療脱毛を安全に受けるためにはとても大切なことです。さまざまなリスクを知ったうえで、医療脱毛を利用して美しい肌を目指しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む