美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

レジャー時、日焼け止め使用時の注意点【ウォータープルーフは落ちにくい?】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

屋外のレジャーに欠かせないウォータープルーフの日焼け止め。汗をかいたり水の中でも落ちにくいと言われているので、レジャーの際は欠かせないと思っている方も多いのではないでしょうか?落ちにくいと言われているウォータープルーフの日焼け止めは必需品という方も多いと思います。

ウォータープルーフの日焼け止めは、汗をかいた時、洗顔時、どのようにケアしているでしょうか。改めてウォータープルーフの日焼け止めを使用する際の注意点をおさらいしてみましょう。ウォータープルーフの日焼け止めを選ぶ時ののポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

ウォータープルーフの日焼け止め気になることは?

塗り直しは?

ウォータープルーフの日焼け止めだから、塗り直さなくても大丈夫……ということはありません。

どのような日焼け止めも、パッケージに2~3時間おきに塗り直すように指示があります。

これは、日焼け止めの効果の目安となるSPFやPAといった値が、皮脂や汗のない状態で測ったものだからです。

私たちの肌は、常に汗をかき、皮脂を分泌しています。たとえウォータープルーフの日焼け止めであっても、時間が経てばよれてくるもの。

適宜塗り直して、肌にムラなく日焼け止めが塗られている状態をキープしましょう。

しっかり落としてから

ウォータープルーフの日焼け止めは、一般的な日焼け止めに比べ落としにくいのが特徴。それもそのはず、水の中でも落ちてしまわないように作られているため、お風呂で普通に洗ったくらいでは落ちないのです。

落ちないからといってそのままにしておくと、肌荒れの原因になるため、しっかりと落とす必要があります。

普段使いに使う?

ウォータープルーフの日焼け止めには「ジメチコノール」や「シクロメチコン」といった、シリコンが配合されています。シリコンは肌への密着度が高く、落ちにくいのが特徴です。

また、シリコンは肌の乾燥を招き、乾燥肌を増長させてしまう可能性もあります。普段から乾燥肌気味の人は、ウォータープルーフの日焼け止めの使用は必要最低限に留めるべきと言えます。

さらに、落ちにくい日焼け止めは、落とすために肌に負担をかけます。

普段使用する日焼け止めは、落ちにくいものではなく落としやすいものを、塗り直しながら使用するようにしましょう。

右頬にクリームを塗る女性

ウォータープルーフの日焼け止めを選ぶ際にチェックすべきポイント

落としやすさ

一般的に、ウォータープルーフの日焼け止めは落としにくいものが多いのですが、近年では石鹸で落とせるアイテムも多くなっています。落としやすさは、日焼け止めのパッケージの裏にある注意書きに付してあるため、表示をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

クレンジングを使用しなければ落ちないものもあるため、注意が必要です。特に、肌が弱い人は、石鹸で落とせるタイプを選ぶようにしましょう。

石鹸で落ちる日焼け止めについて→日焼け止めは石鹸で落ちる?【安心して使えるおすすめの日焼け止めは?

保湿など、プラスアルファの成分

ウォータープルーフの日焼け止めは、先述した通り、肌の乾燥を招くことがあります。

そのため、保湿成分や美容成分を配合したものを選ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

SPFとPAの値

SPFとPAの値は、それぞれ紫外線B波とA波をどの程度防ぐことができるかの割合を表す数値です。この値が高いものほど肌への刺激が強いことが多いため、日常生活で使用する場合には数値の低いものを選ぶのがベター。

反対に、海や山など、強い日差しを浴びるようなシーンでは、数値が高めのものを選ぶのがおすすめです。水辺のレジャーシーンで使用する、ウォータープルーフの日焼け止めを選ぶ際には、数値が高めのものを選びましょう。

SPFのイラスト

SPFの最高値はSPF50+、PAの最高値は++++です。

ウォータープルーフの日焼け止め使用時の注意点

1)2~3時間おきに塗り直す

SPF値が高いものでも、塗り直しはマストです。

SPF値が高いと、紫外線への警戒心が薄れがち。しかし、紫外線防御機能の高さ=日焼け止めの持ちがよいというわけではありません。日焼け止めは、肌にしっかりと塗られていないと効果を発揮できません。

2)肌に合うかどうかは、パッチテストで

日焼け止めを買ってしまってから、肌に合わないということも多々あります。

特に、肌が弱い人におすすめしたいのがパッチテストです。

ドラッグストアなどで扱われている日焼け止めは、大抵テスターが置いてあります。二の腕の内側に塗って時間を置き、炎症やかぶれが生じないかをチェックしてから購入しましょう。

3)日焼け止めを落とす時の注意書きをチェック

・洗顔料・石鹸で落ちるタイプ

「クレンジング不要」「石鹸でオフ」といった表示があるものは、日焼け止めを単体で使用した場合に、石鹸などで落とすことができるものです。その上にメイクをしている場合は、石鹸だけでは落ちないこともあります。

・クレンジング料が必要なタイプ

「専用クレンジング料不要」「クレンジング料で落ちる」という表示があるものは、普段のメイクオフに用いるクレンジングで落とすことができます。

・専用クレンジング料が必要なタイプ

日焼け止めには、日焼け止めを落とすための専用のクレンジングを用いないと落ちないものがあります。パッケージをよく見て、指定がある場合には専用のクレンジングを使用しましょう。

レジャー時、日焼け止め使用時の注意点【ウォータープルーフは落ちにくい?】のまとめ

水辺のレジャーで使用する日焼け止めは、水に濡れても落ちにくいウォータープルーフのものを使用しましょう。その際は、アイテムをしっかりと選び、なるべく肌に負担をかけないように上手に活用しましょう。日焼け止めの特徴をよく知り、ポイントを抑えて使用することで、美肌維持の役に立ちます。強い日差しを乗り切るために、あなたに合った日焼け止めを選んでくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

imp

脱毛

黒ずみ
美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む