美を追求するすべての人に送る美容サイト

menu

美の鉄人

スポンサードリンク


市販品の既に出来てしまったシミに効く化粧品【気になるシミ対策】

★永久保証制度★足のニオイや厚着による汗のにおい対策に! クリアネオ
Pocket

鏡を見るたび、気になるシミ・・・化粧品でケアするにも何を使ったらいいんだろうと思う方も多いのではないでしょうか?シミ対策の化粧品には、様々なものがありますが、成分も良く確認することが重要になってきます。シミ対策、これ以上シミにならないように有効な成分をチェックしてみましょう。

出来てしまったシミに効くと言われる化粧品は、たくさんありますが、シミを薄くする、これ以上シミをできにくくするといったシミを予防するものなど目的も違うと選ぶ化粧品も変わって来ます。ドラッグストアや化粧品メーカー、どんな違いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

【市販品の既に出来てしまったシミに効く化粧品 】

参考URL
https://veramagazine.jp/article/stain-cosmetics

市販品の化粧品で消えるシミについてですが、先ずその前に大きく分けてシミには5つの種類がありましてそれぞれの化粧品でもシミを薄く出来る物とそうでない物に分かれます。

まずはセルフケアで薄くできるシミと言うのは丁寧なスキンケアを行う事で改善が見込まれる物です。

複数のスキンケアを行う女性のイラスト

逆にセルフケアでは薄くできないシミと言うのは美容医療等の治療を行わないと改善が出来ない物になります。ですので市販品が有効となるのは全社のタイプとなる訳なのですが、この場合には化粧品でのケアの他に日頃のUV対策も必要となります。

日傘をさす女性

そしてセルフケアでは消えないシミについては美容医療として皮膚科や専門医に相談をしてみると良いでしょう。

【化粧品で本当にシミは消えるのか】

参考URL
https://veramagazine.jp/article/stain-cosmetics

セルフケアで治ると期待されるシミについて、化粧品でシミをケアしたいと思う場合には美白有効成分が含まれている化粧品を選ぶことが大切になります。

またその他にも二つの事を考えておくと良いでしょう。

まず一つ目は目的に合った美白有効成分を選ぶと言う事です。

そしてシミに効果のある美白有効成分は大きく分けると2つのタイプに効果を発揮する事ができます。それは今後のシミに対してケアを行いたい場合と、既にできてしまったシミを薄くしたい場合です。

ちなみに

  • シミを予防する成分としてはアルブチン、トラネキサム酸がメイン
  • シミを薄くする成分としてはプラセンタエキス

になります。

またシミを予防する事と薄くする両面に関しては

  • ビタミンC誘導体
  • エラグ酸
  • ハイドロキノン

になります。

特にビタミンC誘導体に関してはお勧めの美白有効成分となりましてシミ予防にも作用があるので色々な方向からアプローチをする事ができます。

【資生堂シミ取り化粧品ランキング】

参考URL
https://venusnote.jp/bihaku/hydroquinone-cosme-ranking/

次に資生堂のシミ取り化粧品ランキングをご紹介します。

まず第1位は『Qusomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン)』になります。総合評価は5段階中4.8です。

この商品のアピールポイントは美白効果の高いハイドロキノンが配合されているビーグレンの夜用クリームとなります。そしてハイドロキノンの他にも美白成分とビタミンC誘導体が含まれており、シミが生成するメカニズムをストップしたり濃くなったシミを薄くしたりシミの表面化を阻止したりします。

第2位は『オーガニックホワイトクリーム(HANA ORGANIC)』です。

評価は5段階中4.5になります。商品のポイントは質の高いオーガニックコスメの為に天然のビタミンC誘導体が既にできたシミを還元する為の美白成分の作用を発揮したり甘草をメインとする8種類の和漢植物が炎症がある肌を整えたりシミが出来にくい健康で透明感のある肌へと導いてくれます。

鏡をみて肌の状態に喜ぶ女性

第3位は『プラチナVCミルク(SiBODY)』になります。5段階中評価は4.4です。

またこの商品の特徴は現在出来ているシミやくすみだけでなく、肌の奥に潜んでいるトラブルを事前にケアしてくれるプラチナVCミルクとなっています。そして美白有効成分に加えて発生してしまったシミに対して効果のある新しい安定型ハイドロキノン等が厳選されて配合されています。

参考URL

https://kireininaare.com/hydroquinone/

【ドラックストアで選ぶシミ消し化粧品について】

最後にドラッグストアに行くと数多くのシミ取り化粧品が陳列されていますが、その後場合に必ずシミや日焼けの元となるメラニンの生成を抑えるアルプチンや4MSK.またトラネキサム酸等が配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。

かねがね美白効果の高い化粧品にはメラニンの生成を抑える効果のある成分が含まれている場合が多いので、単純にシミを消すだけでは無くて新しいシミを作りにくくする事で美白肌を作れる様になっています。

またメラニンの生成は美白効果とシミを予防する事が主な対策となりますが、ハイドロキノンやビタミンC(誘導体も含む)が含まれる成分を選ぶと出来てしまっているシミを消すサポートをしてくれます。

継続して使用していると段々とシミが薄くなってきますので意識をしておくと良いでしょう。

市販品の既に出来てしまったシミに効く化粧品【気になるシミ対策】のまとめ

シミは、気付いたら出来ているものですね。美白有効成分が含まれているものは、シミを薄くすることができると言われていますが、シミには肌の奥にかくれているようなものもありますので、予防する成分も必要になってきます。化粧品を選ぶ時は、成分もよくチェックするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

美肌&美ボディ(女性)

白髪染めの口コミランキング!【シャンプータイプが人気?】

» 続きを読む

足が臭い女性の原因は?【即効で対策する方法!】

» 続きを読む

わきの黒ずみの原因と解消法は?【脱毛方法やケアが大事!】

脇が黒ずんでいる女性のイラスト
» 続きを読む

全身脱毛の値段が安い店舗は?【効果的は口コミで!】

» 続きを読む

しみそばかすの違いと原因は?【効果的な対策は食べ物!】

そばかすの女性のイラスト
» 続きを読む